CONTENTS MENU
 

アイアンのダフリや左の引っ掛け修正など

またアイアンがおかしくなってしまいました。ボールをきれいに拾い上げるようなショットが打てません。ティーショットが良くても、芝生の上から打つアイアンショットが悪かったら意味がありません。グリーンを狙うこともできませんし、狙ったところにボールを運ぶこともできません。

最近、頻発しているのはアイアンでのダフリ、左の引っ掛け です。

アイアンが打てるようになったかな・・・と思ったらアプローチが悪くなり・・・アプローチが良くなったと思ったら、またアイアンがおかしくなってしまいました。

スリークォーターショットとか、アイアンでライン出しのショットとか、小生意気なことをやっていたのがいけなかったのかもしれませんね。

原因は自分でも判っているのです。

原因は簡単で手打ちになっているだけです。
右手が勝手に反応して、クラブを押すような動作をしてしまうのです。

原因が判っていても、なかなか修正できないのがゴルフかもしれませんね。

これから冬ゴルフとなり、枯れ芝でのゴルフとなりますから、アイアンでしっかりとボールを捉えられなければ、ゴルフになりません。ですから、徹底的に修正をしてみようと思ったのですが、ゴルフ技術とういよりも、自分自身の身体的な構造というか、筋力的な問題の方が多いように感じました。

スポンサーリンク
 

 

アイアンのダフリや左の引っ掛けの原因

原因は手打ちです。クラブが下りてくるときに、右手(右腕)がクラブを押すような感覚があります。クラブを押すというか、右手(右腕)で操作をしようとしている感じです。

もう少し原因を追究していくと、左手よりも右手の方が強いというのが色々と悪さをしています。

ゴルフスイングは右打ちの場合は、左手主導となるのですが、右手(右腕)が強いので、左手を追い越さんばかりの勢いでゴルフクラブを押してしまいます。ゴルフクラブを押すというのは、ダウン時に右手でゴルフクラブを下ろしてこようとする動作です。

左への引っ掛けの原因
右手(右腕)であろうと、手でクラブを下ろそうとしていることに違いはありません。そして、ゴルフクラブは外側から入ってきます。そのまま、ナイスヒットをすればボールは左方向へ飛び出していきます。これは、ナイスヒットではなく、とんでもないミスショットです。

ダフリの原因
そして、手でクラブを下ろしてくる勢いが強ければ、手首は真っ直ぐに戻ろうとしますから、早くコックが解けてしまって、ダフってしまうということです。

 

自分の握力を知る

私は右利きです。右利きですから右手の方が握力が強いです。そして、右利きですから右手の方が器用で、細かな動作もしやすいですし、俊敏に動いてくれます。

そういえば、河川敷ゴルフ場の手引きカートを引っ張る時も、右腕(右手)で引っ張っていた記憶がありますね。無意識のうちに勝手に動作してくれるのが右手ということになりますね。これは、人間が動作をするうえでは大切なことなのだろうとは思いますが、ゴルフというスポーツにとっては大きなハードルとなりそうです。

 

スポンサーリンク
 

 

自分の筋力を知る

トレーニングジムや市営、県営のトレーニングジムなどに行くと、片隅に体重計、血圧計などが設置されていることがあります。そのなかに、体重体組成計が設置されていることもあります。体重体組成計で自分の筋力を知る事ができます。それも、左半身、右半身の筋肉の付き方なども知る事ができます。

私の場合は、右利きだからなのか、やはり右半身の方が筋肉が多いです。そして、右半身の方が重いようです。ということは、真っ直ぐ立っているつもりでも、少しだけ右に傾いているのだろうと思います。

ということから、右半身が重いということはインパクト時に右肩が下がる傾向が強くなる可能性があります。となると、それがダフル要素となってしまいます。

 

グリップの見直し

右打ちで利き腕じゃない左手を主導とした打ち方でゴルフをしてきましたから、出来る限り左手主導にしなければいけません。ということから、ジム・フューリックのダブルオーバーラッピングを真似してみようかと思っています。練習場でやってみると、左手だけでゴルフクラブを持っているような感覚になり、とても不安はありますが、右手の邪魔が入らないので、クラブが加速してくれそうな感じがします。

 

左腕1本でゴルフクラブを持って素振り

左腕1本でゴルフクラブを持って素振りをしてみると、気付くことがあります。速く振ることができません。そして、右手を添えていないことからくる不安定さというものを感じます。両手でグリップしてクラブを持って振っているときは、いかに右手を使っているのかということが判ります。

捻転していても、腕(手)でクラブを下ろすというか、ボールにヒットさせようとしているから、ダフってしまうのだろうと思います。併せて、クラブはアウトサイドから入ってきますから、左へ飛び出してしまうわけですが・・・。

しばらくは、左腕1本でゴルフクラブを持って素振りをして、左腕主導を意識できるように練習してみようと思います。


 

アイアンのダフリや左の引っ掛けを修正するといってもなかなか難しいです。原因が判っていても、どのようにするのか・・・いっそうのこと右手主導で打つようなことを考えた方が早いのかもしれません。

日々、精進
がんばります

 

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
SNS シェア