直感と瞬間のゴルフ

ゴルフは直感が大切です。

ボールが置かれているライを見て、ボールの状態、芝生の状態を瞬時に確認して、風の向きを確認して、距離を計算して、頭の中で弾道をイメージしながら、番手を選ばなければいけません。ゴルフというスポーツは本当に瞬間的に多くのことを感じ取って、多くのことを考えて素早く決断をしなくてはいけません。瞬間といってもゴルフというスポーツの特性上、何かとタイミングを合わせてとっさに動作をするという瞬間ではありません。

直感と瞬間がゴルフには必要です。

ショットする前に悩んでいるのか、考えに考えて、何度も素振りをして、アドレスをしなおして・・・ということを、やっていて良いショットが出たことがありません。そういった経験がある人は多いのではないでしょうか。私も同じです。

ショットする前に何度も素振りをしたり、アドレスをしなおすということはショットに自信が無いだけなのかもしれません。その、自信の無さが、これから起こる悪い出来事を引き寄せてしまっているのかもしれません。勢いは大事だと言いますが、打つぞ!と勢いがついているときにショットをする方が良いのだろうと思います。ボールを確認したら、直感的に感じたことに素直に動作に移すことが大事なのかもしれないと実感しています。

直感は、アドレスに入るとき、またはティーショットでもボールをセットしているときに、なんとなくですが頭の中で色々なことを考えたイメージが反映されるようにも思います。ドライバー調子が悪いからな~とか、考えているときは大体が良いドライバーショットが出来ないことが多いです。

ドライバー調子悪いからなと悪い直感が働いているということです。そもそも、直感とは感覚で瞬時に自分が受け取った情報だからです。ドライバー調子悪いと思ったり、感じたということは、悪い直感・・・つまり悪い予感を受け取っているということです。

ただ、私はプロゴルファーでもないので、悪い事が起きるかもしれないというのを直感していても、アドレスを仕切り直したり、もう一度距離を確認したりすることがありません。そういった、「自分の雑」なゴルフが上達を阻んでいるのかもと反省をしています。

もうすこし、自分の直感に素直になるべきなのかもしれません。

私が、ショットする前に考えているのは方向とクラブを真っ直ぐに抜いて真っ直ぐ戻るということだけです。私のようなレベルのゴルファーの考えがヒントになるのかは判りません。方向はとても大切です。真っ直ぐに立っているつもりで、すこし右に向いていることが多いです。故に、ボールが少し右に飛び出す傾向があります。アドレスをしたときに少し左を狙う感じでショットする方向を決定します。

ゴルフクラブを真っ直ぐに抜くというのは、ラウンド中に気が緩んでくると手でクラブを上げようとしてしまいます。肩で上げるようにして、テイクバックで自分の腰あたりまではフェイスが開かないようにということを考えています。(実際はフェイスが開きます)そして、右肘を閉めるというか閉じるようにしています。左腕と右腕を比べると、右腕の方が強いので、右腕の自由を奪うという感じにしています。

・・・というような動作が瞬時に出来るようにならないといけません。

良い直感が働くときに、仕切りなおすと、アドレスがちょっと違うなということに気付くこともあります。何故、気付くのかは自分でも未だに理由がみつかりません。ただ、直感が良いという時は何をしても良いショットが出ることが多いです。良い直感が働くときは、自分の感じたことに正直で素直になっているときなのかもしれません。

自分の気持ちに正直に、そして素直に。

直感と瞬間。

ゴルフというスポーツは時間が掛かるスポーツだと言われますが、本当は刹那のなかで行うスポーツなのかもしれませんね。

日々、精進
がんばります

  スポンサー広告