CONTENTS MENU
 

ヘンリク・ステンソンの使用クラブセッティング

全英オープンで優勝したヘンリク・ステンソンのクラブセッティングが紹介されていましたのでシェアします。ティーショットではスプーンを多用することが多い選手ですが、今回は距離の長いPAR4のホールがありましたので、ドライバーを使う場面も何度かありましたね。ヘンリク・ステンソンの使用クラブを見ると面白いことが判ってきます。

スポンサーリンク
 

 

ヘンリク・ステンソンの使用クラブセッティング

ヘンリク・ステンソンの使用クラブは以下の通りとなっています。
Winner’s bag: Henrik Stenson, The Open Championship

  • Driver: Callaway XR 16 (Oban Tour Kiyoshi 60X shaft), 9 Degrees
  • 3-wood: Callaway Diablo Octane Tour (Grafalloy Blue X shaft), 13 Degrees
  • Irons: Callaway Legacy Black (2-PW; Nippon Pro Modus3 120X shafts)
  • Wedges: Callaway MD3 Milled (52, 58 degrees; Nippon Pro Modus3 120X shafts)
  • Putter: Odyssey White Hot XG #7H
  • Ball: Titleist Pro V1x

 
ドライバーはキャロウェイXR16とのことで、新しいモデルのドライバーですね。3番ウッド(スプーン)は、Callaway Diablo Octane Tour(キャロウェイ ディアブロ オクテイン ツアー)を使用しています。この3番ウッド(スプーン)は古いですね。2010年12月頃に発売されたクラブです。

ちなみに、アイアンはCallaway Legacy Black(キャロウェイゴルフ レガシーブラック)を使用していますが、これも最新モデルではありません。アイアンのキャビティ部分からすると、2011年のレガシーブラックだろうと思われます。

スポンサーリンク
 

古いクラブが良いという訳ではないと思いますが、自分が使いやすいクラブを探していたら、このようなセッティングとなってしまったという感じなのかもしれませんね。ドライバーだけが最新モデルというのは・・・もしかしたらドライバーの使用頻度は少ないから、どれでも良いかな・・・という気持ちなのかもしれません。

ヘンリク・ステンソンの飛距離やヘッドスピードなど

PGATOURサイトよりデータをばっすい
以下となります

  • DRIVING DISTANCE : 292.0
  • CLUB HEAD SPEED : 118.93mph
  • SMASH FACTOR : 1.485

 

マイルをメートル毎秒に変換して、ミート率とヘッドスピードからボールスピードを算出すると以下の通りとなります。

  • ドライビングディスタンス : 292ヤード
  • ヘッドスピード : 53.16m/s
  • ミート率 : 1.485
  • ボールスピード : 78.94m/s

ヘンリク・ステンソンの場合は、ティーショットを3番ウッド(スプーン)で打つことが多いですから、STATSのドライビングディスタンスは殆どが3番ウッド(スプーン)でのショット・データだろうと思います。STATSを見ると、めちゃくちゃスゴイという感じではありませんが、ショットの精度がとても高いのだろうと思います。飛ぶし、曲がらないし、想い描いたところにボールを運んでくるというのがヘンリク・ステンソンの強みなのかもしれませんね。

スポンサーリンク
 

PR
ヘンリク・ステンソンが使っている3番ウッド(スプーン)
Callaway ディアブロ オクテイン ツアー フェアウェイウッド

スポンサーリンク
 
SNS シェア