飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックシックスパッド | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ヘンリク・ステンソンの使用クラブセッティング

2016年 全英オープンで優勝したヘンリク・ステンソンのクラブセッティング

全英オープンで優勝したヘンリク・ステンソンのクラブセッティングが紹介されていましたのでシェアします。ティーショットではスプーンを多用することが多い選手ですが、今回は距離の長いPAR4のホールがありましたので、ドライバーを使う場面も何度かありましたね。ヘンリク・ステンソンの使用クラブを見ると面白いことが判ってきます。

スポンサーリンク
 

ヘンリク・ステンソンの使用クラブセッティング

ヘンリク・ステンソンの使用クラブは以下の通りとなっています。
Winner’s bag: Henrik Stenson, The Open Championship

ドライバーはキャロウェイXR16とのことで、新しいモデルのドライバーですね。3番ウッド(スプーン)は、Callaway Diablo Octane Tour(キャロウェイ ディアブロ オクテイン ツアー)を使用しています。この3番ウッド(スプーン)は古いですね。2010年12月頃に発売されたクラブです。

ちなみに、アイアンはCallaway Legacy Black(キャロウェイゴルフ レガシーブラック)を使用していますが、これも最新モデルではありません。アイアンのキャビティ部分からすると、2011年のレガシーブラックだろうと思われます。

古いクラブが良いという訳ではないと思いますが、自分が使いやすいクラブを探していたら、このようなセッティングとなってしまったという感じなのかもしれませんね。ドライバーだけが最新モデルというのは・・・もしかしたらドライバーの使用頻度は少ないから、どれでも良いかな・・・という気持ちなのかもしれません。

ヘンリク・ステンソンの飛距離やヘッドスピードなど

PGATOURサイトよりデータをばっすい
以下となります

  • DRIVING DISTANCE : 292.0
  • CLUB HEAD SPEED : 118.93mph
  • SMASH FACTOR : 1.485

 

マイルをメートル毎秒に変換して、ミート率とヘッドスピードからボールスピードを算出すると以下の通りとなります。

  • ドライビングディスタンス : 292ヤード
  • ヘッドスピード : 53.16m/s
  • ミート率 : 1.485
  • ボールスピード : 78.94m/s

ヘンリク・ステンソンの場合は、ティーショットを3番ウッド(スプーン)で打つことが多いですから、STATSのドライビングディスタンスは殆どが3番ウッド(スプーン)でのショット・データだろうと思います。STATSを見ると、めちゃくちゃスゴイという感じではありませんが、ショットの精度がとても高いのだろうと思います。飛ぶし、曲がらないし、想い描いたところにボールを運んでくるというのがヘンリク・ステンソンの強みなのかもしれませんね。

PR
ヘンリク・ステンソンが使っている3番ウッド(スプーン)
Callaway ディアブロ オクテイン ツアー フェアウェイウッド

 

スポンサーリンク
 

 

ヘンリク・ステンソンのセッティング ウィンダム選手権 2017年

ウィンダム選手権で、ヘンリク・ステンソンが優勝しました。ショットの精度がとても高いですね。ヘンリク・ステンソンといえば、オリンピック出場、ミケルソンとの一騎打ちの全英オープンが思い出されます。そして、ヘンリク・ステンソンといえば、スプーンです。優勝時のクラブセッティングが紹介されていましたので、シェアします。

ヘンリク・ステンソンのセッティング

ヘンリク・ステンソンのセッティングにはドライバーが入っていません。3番ウッドからのセッティングとなっています。もともと、ヘンリク・ステンソンは、ドライバーを使わないことで有名ですし、それが彼の特徴でもあります。

  • 3-wood: Callaway Diablo Octane Tour (Grafalloy Blue X shaft), 13 Degrees
  • 5-wood: Callaway XR 16 Pro (Grafalloy shaft), 18 degrees
  • Irons: Callaway Legacy Black (3-PW; Nippon Pro Modus3 120X shafts)
  • Wedges: Callaway Mack Daddy Forged (50 and 56 degrees; Nippon Pro Modus3 120X shafts),
    Callaway Mack Daddy PM Grind (60 degrees; Nippon Pro Modus3 120X shaft)
  • Putter: Odyssey White Hot XG #7H
  • Ball: Titleist Pro V1

What Stenson used to win at Wyndham

Callaway Diablo Octane Tour(キャロウェイ ディアブロ・オクテイン・ツアー)


※GDOギアカタログより

 
ヘンリク・ステンソンが使っているスプーンは、キャロウェイの古いモデルです。ディアブロ・オクテイン・ツアーです。以前は、GBB EPIC のフェアウェイウッドを使っている写真を見かけたのですが、使い慣れたディアブロ・オクテイン・ツアーに戻したのでしょうか。この人も、あまりクラブを変更しませんね。というよりも、大きく変更したのを見たことがありません。

ちなみにロフト角が13度となっていますので、最近の3番ウッドよりもロフト角が立っていますので、ドライバー並に飛ばせる可能性は高いですね。シャフトは、グラファロイ・ブルーです。

キャロウェイ ディアブロ・オクテイン・ツアーは、既に中古市場ですら、あまり見かけなくなりました。売られていても、数千円ほどで購入ができます。

XR 16 フェアウェイウッド


※GDOギアカタログより

 
ステンソンが使っているクラブの中でも、割と新しいクラブですね。低重心で、とても弾きの強いウッドです。

LEGACYアイアン ブラック アイアン


※GDOギアカタログより

 
これも古いクラブです。2011年のモデルです。グース少な目で、日本人向けに作られたアイアンです。つまり、日本マーケット用のアイアンです。バウンス多目のアイアンで、重心距離などの重心配置のバランスが非常に良いとのことで、人気を集めたアイアンでした。

ヘンリク・ステンソンのセッティングから思うことは、自分のゴルフができるセッティングを、自分なりに模索し続けた結果このようなセッティングになったということを感じます。ドライバーが入ってないとか、何かを使わなければいけないとか、何かが入ってないとか、そういったことは関係無くて、自分のゴルフがしやすいセッティングを追求し続けた結果なのだろうと思います。実際に優勝して、それなりの結果をだしていますから。

関連記事

ステンソンが今季初勝利 42位の石川遼は入れ替え戦へ

スポンサーリンク
 
SNS シェア
2017/9/16 1:38