ゴルフ と 根性

ゴルフをするうえで根性は必要なのでしょうか?

根性と言うと、やりたくない事を我慢するとか、辛いことを我慢するというような意味があるように感じます。ですが、本当の意味での根性は、もっと深い意味があります。

 


 

根性の意味

根性という言葉は仏教用語です。 日本という国が不思議だなと思うのは、もともと仏教用語だった言葉が、その言葉の本当の意味が薄れながらも現代でも当たり前のように使っているということです。

根性の意味は、文字通り 根のある性 それは、人が生まれ持った質のことを意味しています。人としての道徳、美しい行い、倫理が備わっているかどうかということです。

だから、モラルが無い人とか、人の気持ちを理解できないような人、道徳心を持っていなくて美しい行いが出来ていない人が居たら、性根が腐っているという言葉で呼ばれたりします。根は「素質」とか「才能」の意味があり、生まれ持った質とか才を意味しています。

根性と似た意味を持った言葉で機根というのがあります。機根の「機」は、「機縁」の意味があり「きっかけ」とか、「縁」を意味しています。何かの縁で、何かの機縁で、美しい心を持つことができるような学びができるかもしれないということです。

 


 

ゴルファーと根性

私は根性入れて練習をしている、根性入れて特訓をしているという人も居るかもしれませんが、練習や特訓に根性は必要ありません。辛いことを我慢してするような練習、特訓は必要ないからです。

ちなみに根性を英語にすると Guts(ガッツ)になります。とても微妙な意味合いになってしまいますね。英語での意味と根性という言葉の日本での意味が少しずれているように思います。

ここでいう根性はゴルファーとしての本当の意味で質のことです。

ゴルファーとしての本当の質とは・・・スコアを誤魔化さないとか、マナー、ルールは尊守するとか、そういったことに繋がるのだと思います。でも、そういったことは、本当に当たり前の事ですからね。出来ていて、当たり前のことです。

ちなみに、尊守(そんしゅ) と 遵守(じゅんしゅ)でも意味が違ってきます。スポーツなどでは、公平な競い合いが求められますので、宣誓するときにも、「フェアプレーの精神を尊守して・・・」と言います。そうなんです。精神なんですよね。

海外のメジャーな大会だと、同じ組でラウンドをするプレイヤーが握手をして、フェアなプレイをするということを誓約して、そしてティーショットをしていくというところがテレビの映像で流れていたりしますよね。そういうのって、見ていて気持ち良いですよね。気持ち良いというか、カッコイイというか、美しさがありますよね。ゴルフというスポーツに魅せられて、そして切磋琢磨してきた技術を披露して戦うのですから、正々堂々と自分のゴルフをするぞという気持ちが伝わってきます。

ゴルファーとしての美しい心、精神を持つことが大切だということです。

ゴルフのマナーやルールよりも、ゴルファーである前に、人であるから、人としての「質」が、とても大切です。

どこかで盗んできたドライバーを使っているというゴルファーが同じ組に居たらどう思いますか? それも、自慢げに「このドライバーさー 持って来ちゃってさー スゲー飛ぶんだけど」なんて言っていたら・・・性根腐ってるな~と思うだろうし、その場で注意喚起をしますよね。

海外で輝くような活躍をしているプロゴルファーが、副賞として提供された自動車を試合が開催されたゴルフ場から自宅まで無免許運転をしたと聞いたらどう思うでしょうか? (過去のことを蒸し返すようで申し訳ないですが)

罰を与えるとか、処罰するとか、謝罪しろとかじゃなくて、そういった行いをするということが、既に心の問題であるということですし、そういった過ちをする人が表彰台に上がったときに周りの人がどう思うか? ということを考えて欲しいと思います。

人は誰でも過ちをおかします。過ちをおかした後に、どうするかです。名誉挽回、ここが正念場 という言葉を使うと思います。ラウンド中の解説でも使われます。「彼にとっては正念場のサンデーバックナイン」とか、ゴルフ中継のナレーターの人が解説していたりもします。

根性とは、少し意味が違いますが、正念場の正念も正しい念 つまり、雑念を振り払う、邪念に乱れない心を意味しています。

正念場のサンデーバックナイン・・・雑念を振り払って、心乱れずに、勝利を勝ち取るために、美しい心でゴルフをする、素直な気持ちで今までの努力を表現しろということなんだと思います。だから、ゴルフに限らずスポーツは勝っても、負けても美しいのだと思いますし、健闘した 健やかに 闘った と称えられるのです。本当に正念場の意味を知っていてナレーターの人が解説をしているかどうかは判りません。

人は見ています。

必ず、どこかで行いを見ています。

悪い行いをすれば、誰も見ていなくても判ってしまいます。

本当の根性でゴルフをしていきたいですね。

日々、精進
がんばります。

SNS シェア

 

よく読まれている投稿記事
関連投稿記事
畑岡奈紗 優勝 日本女子オープンゴルフ選手権競技... 日本女子オープンゴルフ選手権競技ですが、アマチュアの畑岡奈紗さんが優勝しました。これには、驚きましたね。世界的に見ると若い世代の人たちが活躍しつつありますから、日本という国からも若くても才能のある人がもっと世界へ飛び立て...
一意専心のゴルフ 自分のゴルフをするという言葉はよく聞きます。 でも、本当に自分のゴルフが出来ているのかどうかは自分自身のことながら、怪しいものです。やはり競技やコンペなどに参加をすると、同じ組でラウンドをする人たちのショットが気に...
ゴルフ と 禅 ZEN ゴルフだけではなく、様々なスポーツのトレーニングのひとつにも取り入れられている禅 ZEN。ビジネスシーンでも禅の精神、禅の考え方が役に立つと言われており、既に実践をしている人も多いはずです。 海外では禅のことを Z...
有為転変 の ゴルフ 定期的に同じゴルフ場へ行くのですが、いつも同じことが出来ないでいます。ゴルフは本当に有為転変(ういてんぺん)だなと思います。 何故ならば、いつも同じことが出来ないからです。 いつも、違ったことをしてしまうからです...
第46回  中部オープンゴルフ選手権 既に終わってしまったことなのですが・・・先月、8月に第46回 中部オープンゴルフ選手権 が開催されました。中部地方で開催される大会ですし、今回は「 地元に愛される大会へという気持ちが込めて・・・ 」 ということから、多く...
スポンサーリンク