ゴルフテックシックスパッドで体幹強化
CONTENTS MENU
 

グリーンに近づける と グリーンを狙う と ピンを狙う

ゴルフというスポーツはボールを飛ばすわけですが、飛距離を競うわけではありません・・・というのは判り切ったことで、何度も話題にあがってくるお話です。ただ、飛ばせた方が有利だと感じる事は多々あります。私は飛距離が出るタイプのゴルファーではありません。ドライバーは200ヤード飛べば良しとしています。ですが、飛距離アップを諦めているわけではありません。

スポンサーリンク
 

暖かくなって何度かラウンドをしていますが、そこで気付いたことがあります。それは、フェアウェイからのショットは大きく3つに分けて考えると良いかもしれないということに気付きました。この違いを把握して、自分の気持ちをコントロールすると、まずまずなショットが打てるという自己分析です。

 

グリーンに近づける

グリーンまで 〜200ヤード以上の時にはグリーンに近づけるという気持ちで打っています。アバウトな気持ちで、とりあえずグリーンに近づけられればという感じです。

フェアウェイからのショットでグリーンに近づけるというのは、PAR5 ロングホール でのセカンドショットの場合が多いです。セカンドショットでグリーンを狙うことが出来る場合もありますが、殆どがグリーンに近づけるショットとなります。ですから、何かを狙って打つという訳ではなく、フェアウェイにボールが残ってくれていれば良いなという軽い気持ちで打ったりします。それが、ナイスショットになる事が多いように感じます。

距離の長いPAR4ミドルホールではウッドでグリーンに届くかどうか判らない時にも、とりあえずグリーンに近づけておくか・・・という気持ちで打つことがあります。それが、けっこう良い所にボールを運べていたりもします。とりあえず・・・というアバウトな気持ちが良いのだろうと思います。

スポンサーリンク
 

 

グリーンを狙う

グリーンまで 〜150ヤード前後は上達するための、ひとつの壁のような感じがしますね。150ヤード前後の距離で果敢にグリーンを狙っていくことが出来ると、レベルアップが出来ると感じていた時期がありました。レベルアップというか、パーオンする回数が増えてくるので、それがスコアに好影響を及ぼします。

グリーンを狙うショットというのは緊張しますし、挑戦意欲が沸いてきますね。グリーン手前にバンカーなどが配置されていたりすると、緊張感もあって楽しめます。あくまでも狙うのはグリーンであり、ピンは狙いません。直径10センチちょっとのカップよりもグリーン全体の方が広いので、グリーンを狙うという気持ちです。とりあえずグリーンに乗せておけばなんとなるというアバウトな感じです。中部銀次郎さんが言うところの、ピンが右に切ってあっても、左にあっても、グリーンの真ん中を狙えという意味がやっと分かってきました。グリーンの真ん中を狙っておけば、ボールが右に曲がっても、左に曲がっても、グリーンに残っていることがあるし、グリーンの真ん中を捉えれば、けっこう2パット圏内だったりもします。

 

スポンサーリンク
 

ピンを狙う

グリーンまで 〜100ヤード前後は果敢にピンを狙うことができる距離感です。ウェッジやショートアイアンでしっかりと打っていくことができます。ピンを狙うショットは、PAR5 ロングホールの3打目だったり、PAR4ミドルホールの3打目、または2打目だったりすることがあり、出来る限り1パット圏内にボールを付けたいと考えてしまいます。グリーンに近づけると考える〜200ヤード以上の距離よりも、グリーンを狙うという〜150ヤード前後の距離よりも、最も距離が短くて攻めやすいのがピンを狙うことが出来る100ヤード前後です。ピンまで100ヤードという距離のショット精度を高めることは最もスコアメイクへの近道かもしれませんね。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア