CONTENTS MENU
 

とても上手なゴルファーでも色々と悩みがある

ホームコースで組み合わせになった同伴者が、とても上手な人でした。ラウンドをしながら、なんかこの人は凄いなというのは、展開されるゴルフで判ってきますよね。ホームコースの先輩とも何か凄い人だなという会話をしていました。

スポンサーリンク
 

飛ぶし、寄るし、入れるし・・・真面目な雰囲気で礼儀正しい。

ゴルフが上手だからこそ悩みが多いんだろうなと思いました。というのも、その人はドライバーを1度だけ使いましたがチョロをしていましたからね。スプーンとかでも私のドライバーをオーバードライブしてくるような人なのにドライバーになると打てない・・・というのはメンタル的な不安とかがあるんでしょうね。チョロをしたっきり1度もドライバーを手にすることはありませんでしたね。

しかも、長尺パターを使っていましたね。

18ホール スルーだったのでラウンド後に食事をするというスタイルでした。ドライバーのことやパターのことに関して色々と話をいたいなと思ったのですが、ラウンド中は余分な会話や質問は良くないので、ラウンドが終ったあとにレストランでゆっくりと・・・と考えていました。といっても、ご本人さんが気持ちよく話をしてくれるのかどうかは判りませんけどね。

とても上手な人は、とある県のオープンゴルフ競技に出場をしたりなんかしているみたいですね。オープン競技で優勝をしたら賞金が貰えるし、2位、3位でも賞金が貰えることもある。ならば、この難しいライからのショットは出来る限りグリーンに近づけられるように打った方が良いスコアになる確率も高くなるし、入賞する確率も高くなるから・・・ということで、かなり難しいライからも出来る限りボールをグリーンに近づけようというショットをしていました。グリーンに近づけるショットというか、出来る限りグリーンに近づけられる知恵と工夫を取り入れていました。

同じゴルファーでも目指しているものが違うというか、情熱というか、熱意というか、諦めない気持ちというか、温度差を感じましたね。

泥臭いゴルフでも真面目にやっていくと言っていました。

泥臭いゴルフ?

他のスポーツでは泥臭い試合という言葉を耳にすることもあります・・・その泥臭さには、目を見張るようなミラクルショットやミラクルパットが無くても、地道に自分のゴルフをして、粘り強くスコアメイクをしていくという意味なんだろうなと思いました。

ちなみにドライバーの方は苦手意識が芽生えてしまって打てないとのこと。オープン競技に出場するような人でも、そういったスランプに陥ることはあるんだなと思いました。そして、長尺パターを使っていましたが、自分のストロークの調子に合わせてシャフトをカットして短くしていくんですって。そんなの初めて聞きました。シャフトを短くしてバランスを調整しながら中尺まで戻していくとのこと。そういう方法もあるんですね。

オープン競技に出場をするというゴルファーでも色々と悩みがあるんだなと思いました。いや、上達をするほど悩みというのは重く深くなってくるのかもしれませんね。

色々と勉強になりました

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア