ゴルフテックシックスパッドで体幹強化
CONTENTS MENU
 

ゴルフをしている時間

ゴルフって何故だか時間がかかると思ってしまっている自分が居ます。朝早くから昼過ぎまで拘束されることもありますからね。1ラウンド4時間くらいですか? 5時間くらいですか・・・それくらいの時間を要します。ですが、本当にゴルフをしている時間は、とても少ないと思います。

スポンサーリンク
 

ゴルフショットをしている時間といえば、数秒です。ボールセットしてアドレス決めて・・・というルーティンから全てを入れても1分も掛からないです。スコアが90だったら、90打×1分=90分 つまり 1時間30分程度です。(大雑把な計算です)

では、その他の時間は何をしているのか?

同伴者のショットを待っていたり、次のホールへ移動したり、セカンド地点へ移動したりという時間だと思います。そういった、本当にゴルフをしていない時間に、自分の心がどのように変化しているのか、そして平静な心を保つことが出来るのかというのが重要です。次のホールではバーディ獲らないと・・・考えていたりもしますよね。もちろん何も考えずにパー獲れたらいいかな~ ボギーでもOKというリラックスした考えで次のホールに移動することもあります。どちらの思考が自分が落ちつくのかということが重要ですし、どちらでも良いはずです。間違いはないはずです。

イライラしながら待っていると、待ちチョロという洗礼を受けてしまうこともあります。

待ちチョロというのも、よく出来た言葉だなと思います。待っているとイライラしてきて、チカラが入ってしまうのか、ショットをするときに身体が動いてしまうのか、良いショットをすることよりもイライラしてしまったことばかりを考えてしまうのでしょうね。トップしてチョロというのは、たまにありますね。たまにある・・・あっては、いけないんですけどね。

90打×1分=90分 つまり 1時間30分 以外の時間に何をしているのか、何をするのか、何を考えているのか、何を思っているのかによってゴルフラウンドは良くもなるし、悪くもなるのだろうと思います。

本当にゴルフをしている時間は短いので、移動している時間や待ち時間を上手に自分のなかで吸収をしていかないと、思い通りのゴルフが出来なくなってしまいます。

スポンサーリンク
 
SNS シェア