飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックシックスパッド | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

手打ちとは何か説明できますか?

手打ちとは何か? どのような動作になっているのか説明できますか? と、レッスンの先生に質問をされました。手打ちって、手でクラブを持ちあげて、手で打つこと・・・これくらいしか説明ができませんでした。手打ちのことを言葉で説明ができないということは、自分が手を使って打っている動作を理解してないから。理解できないということは、無意識に手打ちをしてしまうことがあるということです。

スポンサーリンク
 

手打ちというのは、もっと深い意味がありました。

手打ちはヘッドスピード=腕の振りの速さ

レッスンの先生曰く、手打ちをしているゴルファーの意識としては、手(腕)を振る速さが、ヘッドスピードだと勘違いしている傾向にあり、手(腕)を速く振ることばかり気にしている人が多いとのこと。そして、手(腕)の移動距離が遠くなるから、実は逆にスピードが遅くなるとのこと。

たしかに、そうかもしれません。

私も、速く振ろうと思った時には、手(腕)を速く振った方が良いと思っていますし、実際に手(腕)を振り回しています。手打ちを治せれば、誰でもヘッドスピードを速くすることができるようです。

 

手打ちでヘッドスピードが遅くなる理由

手でクラブを持ちあげて、手で振り下ろしてくることも手打ちです。ですが、ダウンスイングで手(腕)を先行させてしまうから、ゴルフクラブが加速できないから、ヘッドスピードが遅くなる・・・これくらいしか説明ができませんでした。

ゴルフスイングでは、手元を身体の近くに置いておくとか、手元が身体の近くを通る様にと言われることがあります。手打ちの場合は、手元が身体から離れていきます。私の悪いクセなのですが、ラウンドしていくにつれて、だんだんと手元が身体から離れていくような打ち方になっていきます。そうなると、身体と腕とのシンクロができずに、バラバラなスイングとなってしまうことがあり、それはアプローチなどに顕著に現れます。

手打ちをしているスイングと手打ちじゃないスイングの大きな違いは、手元が描く円弧とクラブヘッドが描く円弧の差の大きさです。

スポンサーリンク
 

手打ちをしているスイング

 
手元が描く円弧とクラブヘッドが描く円弧の差が小さくなる。だから、ヘッドスピードが遅くなる。手でクラブを振っているので、手元が身体から離れてしまって、大きな円弧を描くように、手元が遠回りをしているから、遅くなる。

手打ちじゃないスイング

 
手元が描く円弧とクラブヘッドが描く円弧の差が大きい。だから、ヘッドスピードが速くなる。手元が身体の近くを通るので、手元が描く円弧が小さくなり、クラブヘッドが描く円弧との差をつくることができるので、クラブヘッドを加速させることができる。

スポンサーリンク
 

この2つの違いを理解して、手元が描く円弧を小さくして、クラブヘッドが描く円弧との差を大きくすることで、クラブを加速させて、ヘッドスピードが速くなるとのこと。このスイングをするには、私の場合ですが、両脇を締めて二の腕の部分(上腕)と肩だけでクラブを持ちあげているイメージを持ち、ダウンスイングでは、グリップエンドが自分の腰の近くに落としてくるイメージを持つと良いと教わりました。

もちろん、コックの使い方なども必要になってきますが、現段階ではコックのお話は後回しとなっています。一度にたくさんのことにトライすると頭の中かパンクしてしますので、その辺りをレッスンの先生が情報量の調整してくれているのだろうと思います。

理論的には、そうなんだろうとは思うのですが、やってみると難しいです。
難しいというか、けっこうパワーが必要です。

日々、精進
がんばります

似た様なことを考えているサイトがありましたのでリンクを張っておきます。イラスト図解入りなので、判りやすいです。
誰も言わなかった「手打ち」の正体とは? – スコアアップにつながるゴルフ理論 | Honda GOLF | Honda

関連記事

スポンサーリンク
 
SNS シェア
2017/9/16 1:38