CONTENTS MENU
 

スライス予防 右足を引くという誤解

ドライバーショットの時に、スライスが頻発することを予防するために右足を少し後ろに引いて打つということを聞いたことがあると思います。私も実際にやったことがありますし、今でも時々やります。右足を引くというのも、ちょっとした誤解を招くことがありますので注意が必要です。

ボールを飛ばそうとしてる方向を決めてスクエアに、真っ直ぐに立ちます。そこから、右足を少し後ろに引くのですが、右足を後ろに引いた分だけ、方向も右を向いてしまうということがあります。

右足だけを引いて、肩のラインは真っ直ぐにする・・・なかなか簡単なようで、けっこう難しいです。 右利きの人の場合は、ボールを飛ばしたい方向に真っ直ぐ立っているつもりでも、少しだけ右に向くという傾向があります。

とても基本的な事ですけど、基本的な事だからこそ、見落としやすくて気付かないことだと思います。ティーグランドに立ったら、とりあえずティーマーカーと直角になるように立つのではなく、本当に自分が打ちたい方向を見極めないといけませんね。

スポンサーリンク
 

 

もともと、アドレスをすると必ずと言って良いほど少しだけ右に向いてしまう傾向があります。自分が本当に真っ直ぐ、スクエアなのかを確認しなければいけません。目標を作ると良いです。

どうしてもスライスが出るというひとは、アドレスの向き、スタンスを確認してみると良いかもしれません。それでも、スライスが直らなかったら別の原因かもしれませんね。

ボールの後ろとボールより前に目標物を自分で見つけます。芝生の色が違っている箇所とか、ちょっと変わった草が生えているとか、枯葉とか、落ちている木の枝とか。その目標物を結んで真っ直ぐに立てているかを確認することです。スパッツというやつですね。

スパッツとはレギンスとかじゃなくて、目標物です。

ちなみにスパッツはゴルフだけではなく、ダイビングという水中に潜るスポーツでも使用されます。水中ですから、自分が真っ直ぐ泳いでいられるのか、どうかを確認するために常にスパッツを見つけて、真っ直ぐ泳いでいきます。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
SNS シェア