CONTENTS MENU
 

スライス予防 右足を引くという誤解

ドライバーショットの時に、スライスが頻発することを予防するために右足を少し後ろに引いて打つということを聞いたことがあると思います。私も実際にやったことがありますし、今でも時々やります。右足を引くというのも、ちょっとした誤解を招くことがありますので注意が必要です。

ボールを飛ばそうとしてる方向を決めてスクエアに、真っ直ぐに立ちます。そこから、右足を少し後ろに引くのですが、右足を後ろに引いた分だけ、方向も右を向いてしまうということがあります。

右足だけを引いて、肩のラインは真っ直ぐにする・・・なかなか簡単なようで、けっこう難しいです。 右利きの人の場合は、ボールを飛ばしたい方向に真っ直ぐ立っているつもりでも、少しだけ右に向くという傾向があります。

とても基本的な事ですけど、基本的な事だからこそ、見落としやすくて気付かないことだと思います。ティーグランドに立ったら、とりあえずティーマーカーと直角になるように立つのではなく、本当に自分が打ちたい方向を見極めないといけませんね。

スポンサーリンク
 

 

もともと、アドレスをすると必ずと言って良いほど少しだけ右に向いてしまう傾向があります。自分が本当に真っ直ぐ、スクエアなのかを確認しなければいけません。目標を作ると良いです。

どうしてもスライスが出るというひとは、アドレスの向き、スタンスを確認してみると良いかもしれません。それでも、スライスが直らなかったら別の原因かもしれませんね。

ボールの後ろとボールより前に目標物を自分で見つけます。芝生の色が違っている箇所とか、ちょっと変わった草が生えているとか、枯葉とか、落ちている木の枝とか。その目標物を結んで真っ直ぐに立てているかを確認することです。スパッツというやつですね。

スパッツとはレギンスとかじゃなくて、目標物です。

ちなみにスパッツはゴルフだけではなく、ダイビングという水中に潜るスポーツでも使用されます。水中ですから、自分が真っ直ぐ泳いでいられるのか、どうかを確認するために常にスパッツを見つけて、真っ直ぐ泳いでいきます。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 

その他、ナイスショットのヒントを書いた記事がありますので、併せて読んでみてください。

スポンサーリンク
 
関連投稿記事
頭を動かさない軸を意識したショット 【 ヘッドアップしない 】... 中部銀次郎さんはヘッドアップをしないために壁に頭をつけてスイングの練習をしていたと書籍に書いています。頭が動けば壁にぶつかってしまう・・・だからこそヘッドアップをしないスイングの練習になるということです。 ヘッドアップをすると良くないことばかりが起きます。スライスを誘発させたりもします。というの...
身体の捻転 肩を入れる誤解 ゴルフというスポーツは身体を捻転させます。その捻転具合を左の肩がアゴの下に入れるとか、右肩を引っ張るとか、色々な言葉で表現をします。私が以前に陥ったことのある誤解としては、左の肩をアゴに入れるです。 肩はアゴの下に入っているのですが、身体が捻転をしていない状態となっていたのです。つまり、肩だけが...
衰えないゴルフスイングを身につける 【 ゴルフトレーニング 】... 年齢を重ねるごとになんとなくスイングにパワーが無くなってきたなとラウンドをするごとに思います。昔であればアイアンショットでダフったとしても、チカラ任せに振りぬく事も出来たのですが、最近はダフってしまうと、ダフったときの衝撃が身体に伝わり、よろけてしまうこともあります。そして、斜面からのショットではフ...
練習は嘘をつかない 練習は嘘をつかないですね。本当にそう思います。常に頭の中にイメージしている自分のショットを具現化できるように、練習場でボールを打ちながら、自分の身体に覚えさせるようにしていくのですが、何度も繰り返すことで、どのような状況にあったとしても、再現されるようになると実感しています。今まで出来なかったことが...
歩くということを考えてみた 【 ゴルフのためのウォーキング 】... 以前にゴルフのために下半身を強くする 【 ゴルフ トレーニング 】という記事を書きました。 もういちど、歩くということを考えてみました。 いつ頃からでしょうか、歩くということ、ウォーキングをするということが一般的になってきたのは。昔はウォーキングをしていたり、ジョギングをする人は少なかったよう...
SNS シェア