スライス予防 右足を引くという誤解

ドライバーショットの時に、スライスが頻発することを予防するために右足を少し後ろに引いて打つということを聞いたことがあると思います。私も実際にやったことがありますし、今でも時々やります。右足を引くというのも、ちょっとした誤解を招くことがありますので注意が必要です。

ボールを飛ばそうとしてる方向を決めてスクエアに、真っ直ぐに立ちます。そこから、右足を少し後ろに引くのですが、右足を後ろに引いた分だけ、方向も右を向いてしまうということがあります。

右足だけを引いて、肩のラインは真っ直ぐにする・・・なかなか簡単なようで、けっこう難しいです。 右利きの人の場合は、ボールを飛ばしたい方向に真っ直ぐ立っているつもりでも、少しだけ右に向くという傾向があります。

とても基本的な事ですけど、基本的な事だからこそ、見落としやすくて気付かないことだと思います。ティーグランドに立ったら、とりあえずティーマーカーと直角になるように立つのではなく、本当に自分が打ちたい方向を見極めないといけませんね。

スポンサーリンク
 

 

もともと、アドレスをすると必ずと言って良いほど少しだけ右に向いてしまう傾向があります。自分が本当に真っ直ぐ、スクエアなのかを確認しなければいけません。目標を作ると良いです。

どうしてもスライスが出るというひとは、アドレスの向き、スタンスを確認してみると良いかもしれません。それでも、スライスが直らなかったら別の原因かもしれませんね。

ボールの後ろとボールより前に目標物を自分で見つけます。芝生の色が違っている箇所とか、ちょっと変わった草が生えているとか、枯葉とか、落ちている木の枝とか。その目標物を結んで真っ直ぐに立てているかを確認することです。スパッツというやつですね。

スパッツとはレギンスとかじゃなくて、目標物です。

ちなみにスパッツはゴルフだけではなく、ダイビングという水中に潜るスポーツでも使用されます。水中ですから、自分が真っ直ぐ泳いでいられるのか、どうかを確認するために常にスパッツを見つけて、真っ直ぐ泳いでいきます。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 

その他、ナイスショットのヒントを書いた記事がありますので、併せて読んでみてください。

SNS シェア

 

よく読まれている投稿記事
関連投稿記事
ゴルフ と 視力 【 ゴルフトレーニング 】... ゴルフというスポーツと視力の関係、必要な視力などを探ってみました。自分自身の視力が落ちてきたなと感じるようにもなってきましたので、ゴルフと視力の関連性などを探ってみましたのでシェアをしていきます。 ゴルフという...
強い体幹と下半身が生み出すパワー 【 ゴルフトレーニング 】... ゴルフスイングという動作は、身体を捻転するという動作を行います。それは、体幹と下半身の強さが必要となります。 体幹を強くすると、腹筋が強くなります。体幹を強くするには腹筋が強くないといけません。腹筋が強くなれば...
ストレッチを続けて捻転が深くなった 【 老化防止 】... ストレッチ強化を続けてそれほど時間は経過していないのですが、既に身体の柔らかさを感じています。もうすぐ春ですからね。しっかりとストレッチをして身体をつくっておこうと考えています。 そして、ストレッチに関しても短...
ゴルフに必要な脚力・下半身 と 打つスピード... 中部銀次郎さんの書籍に、またまた興味深いことが書かれていました。打つスピードと脚力とのバランスのお話しなのですが、色々とヒントが詰まっているように感じます。アイアンでダフってしまうことがある場合や思うようにスイングのスピ...
ゴルフスイングは股関節で腰の回転がつくられる... ゴルフスイングでは腰の回転をすると言われますが、人間の身体構造上としては腰だけを回転するということは出来ません。必ず股関節の動きが必要となり、股関節が動くからこそ腰を回転させることが出来ます。 股関節ということ...
スポンサーリンク
 
ライザップゴルフでレベルアップ
ライザップゴルフで飛距離アップとスコアアップ