如実知見なゴルフ

ゴルファーとして、如実知見であることは、とても大切なことだと感じています。それは、物事を先入観なしで見るということです。ゴルフクラブも進化してきて、色々と惑わされることもありますし、アマチュアゴルファーならではの「神話」にとりつかれないためにも必要な考え方です。

 

如実知見(にょじつちけん)

如実知見とは、仏教用語のひとつです。

意味は、物事をありのままに、事実を事実として、物事の真相を正しく見極める という意味があります。

先入観を持つなという意味も含まれますし、そのモノの気持ちになって考えるという捉え方も出来ます。私たち人間は、どうしても噂話や迷信などに惑わされてしまうことがあります。それは、真相を解明せずに勝手に自分が思い込んでしまう原因にもなります。

事実を捻じ曲げることなく、自分で真相を解明するということは大切です。

仏教用語のなかに正見という言葉があります。文字の通りの意味があり、正しい見解、正しい考え、正しい行いを意味しています。

自分の目で見る、自分の目で見て知る、それこそが如実。結果は如実にあらわれるという言葉を聞いた事があるかもしれません。まさしく、事実と真相が明らかになるときに使う言葉ですね。

私は愛知県在住です。愛知県の豊田市には世界的に有名な自動車メーカーがあります。その自動車メーカーの考えも現場を見ろです。現場とは自動車を製造している工場のことです。現場で何が起きているのかを実際に足を運び、わざわざ自分の目で確認をして何が起きているのかを知るということが工場長、及び上長の役割だとも言われています。きっと社長自身もそのようにされているのだろうと思います。

現場で起きていることを見て、知る、そして改善をする、または更に効率の良い方法を見出すということを繰り返しているからこそ、世界的に有名な自動車メーカーになれたのだと思います。

 

如実知見のゴルフ

如実知見という言葉をゴルフに置き換えて考えてみると、色々なことに惑わされていた自分を思い出します。そのなかのひとつとして、アマチュアゴルファーとしての最強とも言える神話があります。

どのような神話かと言いますと、シャフトのフレックスはS、ロフトは9.5 または 8.5。つまり、ドライバーのことです。シャフトのフレックスがS、ロフトが9.5か8.5であれば飛ぶという神話がありました。

誰もが同じようなスペックのドライバーを振り回していましたし、私も神話を信じて振り回すこともできないようなドライバーを使っていた時期がありました。

未熟でした。

フレックスはS、ロフトは9.5 または 8.5 というスペックのドライバーが飛ぶということを信じていた自分が居ました。結局はシャフトの撓りを感じることも出来ないし、重くて振り回すどころか、自分がドライバーに振り回されるような状態でした。

まさしく、如実知見。

本当に自分に合ったドライバーなのか、自分のスイングに合うのか、自分のヘッドスピードで扱えるのか、そのような確認を全くしていませんでした。フレックスはS、ロフトは9.5 または 8.5 の ドライバーが扱えると思っていた理由としては、自分のゴルフ技術、身体能力を過大評価していたのだろうと思います。つまり、正しい見解が出来ていなかったということです。現実を見つめて、現実を消化することが出来ない自分が居たのです。

ドライバーだけではありませんよね。そういった似たような神話、迷信はゴルフというスポーツのなかにはたくさんあります。そういった神話や迷信を鵜呑みにしまって、がさしてしまったのか、今までのスイングを変えてしまったとか・・・まさしく、自分の上達を邪魔しているのかもしれませんね。だから、ゴルフクラブは試打をすることが望ましいのだろうと、いまさらながら実感しています。

結果は如実にあらわれる 本当にそうだと思います。良くも、悪くも、結果は如実にあらわれます。良い結果をあらわすためには、如実知見の気持ち、考えを持ち、実践することが大切ですね。

 

中部銀次郎さんの書籍「ゴルフ わかったと思うな」にも「先入観を持つな」ということが書かれています。先入観を持つなを言い換えると、如実知見です。自分の勝手な思い込みでゴルフをするなと言っているのだと思います。

もしかしたら、80が切れない、90が切れない、100が切れないというのは、自分の勝手な思い込みで、自分を抑制してしまっているのかもしれませんね。切れないのではなくて、切らないゴルフをしているだけなのかもしれません。

そういったところも考え、見つめ直すことも、如実知見であり、正しい見解、正しい考え、正しい行い が出来ているのかを、再度確認することが大切なのかもしれません。結果は如実にあらわれます。良い結果が如実にあらわれますように・・・

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア

 

よく読まれている投稿記事
関連投稿記事
グリップの確認 何度でも 以前より、自分のグリップを注意深く確認をするようにしています。 練習場でもグリップが適切な形になっているのか確認しています。 どうも、以前からグリップがしっくりこない感じがします。指の中でクラブが動くような感じが...
今年はキャロウェイが目立つ1年になるかも?... もうすぐ全米プロゴルフ選手権が開催されます。昨年の優勝者はジェイソン・デイでした。今年のメジャーな大会で優勝している選手を調べてみると、キャロウェイを使用している選手が優勝しています。 マスターズはダニー・ウィ...
夏と冬の飛距離差を比べると 真夏ゴルフは暑いですが楽しいですね。同じコースでラウンドをしていると夏と冬の自分の飛距離差を感じますね。やはり、夏の方が飛距離が出ているように感じます。 冬に比べて、ドライバーもアイアンも10ヤードから15ヤー...
ゴルフは自分を洞察し観察してもらうスポーツ... ゴルフというスポーツは他の人がゴルフをしているところ見るのも楽しいし、自分がゴルフをするの楽しいです。見て楽しい、プレイして楽しいというスポーツです。テレビ画面に映るプロのショットやパッティングスタイルを見ていてヒントを...
1人でゴルフに行くという楽しさと気軽さ... 1人でゴルフに行くという気楽さは何とも言えない気持ちよさがありますね。もちろん、ゴルフ仲間、友人知人ともゴルフへ行くのですが、どうしてもゴルフに対する真剣さというものが稀薄になってしまうように感じてしまいます。友人たちと...
スポンサーリンク
 
ライザップゴルフでレベルアップ
ライザップゴルフで飛距離アップとスコアアップ