CONTENTS MENU
 

ゴルフ の 言霊

言霊をご存知の人は多いかと思います。発する言葉には不思議なパワーがあると言われています。それが言霊です。言霊・・・字の通り霊的なパワーがあるとされています。人が声として発した言葉には、パワーがあり色々と影響を与えるらしいとのことです。霊的なパワーがあるのかどうかは判りませんが、言葉には不思議なチカラがあるということは感じています。良い言葉をクチにすれば良いことが起きる、悪い言葉をクチにすれば悪いことが起きると言われています。

私は霊的なパワーなどありませんので、自分が身近に感じられることを言霊と置き換えて考える事くらいしか出来ません。それでも、良い言葉をクチにすれば良いことが起きるというのは・・・なんとなく判ります。悪い事をクチにすれば悪いことが起きるというのもなんとなく判ります。ただ、体感したことがない、実感が無いだけなのかもしれません。

でも、相手に良い言葉を掛けたり、または良い言葉を掛けられたりすると、とても気持ちが良いですし、不思議と気力が沸いてくるように感じます。それも、言霊のひとつなのかもしれません。

 

ゴルフでの言霊

ゴルフをしていて本当に言霊を感じられるのかは判りません。ですが、良い言葉を相手に掛けあうことは出来ます。例えば、同伴者の人がナイスショットをしたとしたら、「ナイスショット!」と声を掛けてあげることは言霊なのではと思います。

パターも距離の長いパットを入れることが出来たら「ナイスパット!」と声を掛けてあげる。たった、それだけのこと。たった、それだけのことなのだけど、なかなか声を発する事が出来なかったりします。それは、きっと声を掛けてあげる事が恥ずかしいという気持ちがあったり、少しだけ悔しいという想いもあるからです。

言葉を発することなく、黙々とゴルフをされる人も居ます。別に強制をする気はありませんが、黙々とゴルフをしていると同伴者が居るにも関わらず、何故か自分の内側に気持ちが入っていくような気がします。ですので、少しでも前向きな言葉を発する事で気持ちも変わってくるかもしれません。

嫌な事があったときに、誰にも受け入れて貰えなかったりすると、「ちょっと愚痴聞いてよ」となるはずです。誰かに聞いてもらえれば、気持ちもスッキリします。愚痴を聞く側としては、負のパワーを持った言葉を受け止めなければいけないので、疲れるのかもしれませんね。

ゴルフで愚痴は禁物です。

ミスショットをしても良い言葉をクチにするように心掛けたいですね。何故なら、良い言葉をクチにすれば良いことが起きるからです。それが、言霊。

 

ゴルフ場でのあいさつ

ゴルフ場に付いていつも気持ちよくあいさつをしてくれます。「おはようございます!」 そして、受付に行っても 「おはようございます!」 とあいさつをしてくれます。気持ちが良いですね。

何かの書籍で呼んだのですが、「いってらっしゃい」という言葉はとてもパワーがあるとのことです。その昔、出かけるというのは旅立つということで、インフラ整備がされていない昔は命が危険に晒されるほどの旅路だったとか。旅の無事を祈って、無事に帰ることを祈って、「いってらっしゃい」と発した言葉は旅立つ人のことを想った祈りの言葉だったのかもしれませんね。

ゴルフ場では、カートで出発をするとき「いってらっしゃい」と言ってもらえます。こちらも、「いってきますー!」と返事をしていますが、それこそが言霊だったのかなと思い起こしています。知らずうちに使っている言葉でも、そういったパワーのある言葉があるとは知りませんでした。

ゴルフだけではなく、自分の職場でも「いってらっしゃい」という言葉をしっかりと掛けてあげようと思いました。いえ、今まで声をかけていなかったという訳では無いですよ。もちろん、声掛けをしています。ただ、今まで通りではなく、心を込めて、今まで以上に思い遣りを込めて、言葉を発してあげようと思いました。

 

言葉にチカラがあるのならば

来月は忘れてはいけない出来事の4年となりますね。2011年3月11日に起きた、東北大震災から4年となります。4年経って何が変わったのか・・・復興できるのか? 復興してもらわないと困ります。

ちなみに、その当時は私の友人も仙台に仕事で出かけていたということもあり、そのまま帰らぬ人となりました。お涙ちょうだいの話しをするつもりは全くありませんが、4年も経つからこそ 深い意味で言霊が大切な役割を担ってくるのではないかと思っています。

日本という国がこれからもっと発展して住みやすい国になるためにも、経済が活性化するためにも、良い言葉を発するように心掛けないといけませんね。前向きで、ポジティブで、先は明るい、未来は明るい、今よりも幸せな生活が待っているはず・・・そんな言葉を発していきたいですね。

言葉にチカラがあるのならば、皆が良い言葉を発することが出来れば、すばらしい世の中が作れると思います。ゴルフから話しが飛躍をしましたが、ゴルファーなりに色々と考えているのです。

日々、精進!
頑張ります!

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
関連投稿記事
首が痛い 【 頚椎椎間板ヘルニア? 】 今までほったらかしにしていたのですが、実はゴルフ練習をした後やゴルフラウンド後に首に違和感があるなと思っていました。痛いというか、硬いというか、首を回し難い感じがしていました。ゴルフというスポーツの動きとして、頭は動かさずに肩や身体だけを回転させたりしますので首に負担が掛かるんだろうなと思っていて、...
飛距離計測GPSはゴルファーの精神安定剤 ゴルフラウンドで飛距離計測ができるGPSを使うことが悪いとは思っていません。コンペや競技で使用することが禁止されていれば、使わなければ良いだけですから。私もGPS計測器を使ってラウンドをすることはあります。 それは、競技前の練習ラウンドで、ティーショットで打ったボールがどれくらい飛んでいるのか、...
飛距離でスコアを作るのが今の時代のゴルフ? 飛距離でスコアを作るというのが今の時代のゴルフなんだと思います。とにかく飛ばす。ティーショット、ドライバーでは飛距離を出して、出来る限り飛ばして目的のカップにボールを近づけておくというのが今の時代のゴルフ・・・そんな気がします。 ボールを最初から飛ばして、グリーンまでの距離を縮めておけば、いつかは...
飛距離アップする方法はいくつかに分類される ゴルフというスポーツの中で飛距離アップをさせる方法というのはいくつかの課題に分類されると思います。というのもホームコースの先輩達と飛距離アップに関して色々なディスカッションをていると様々な意見を聞くことが出来ますので、とても勉強になります。ディスカッションと言っても、コーヒーを飲みながらの談話なので...
飛ぶ人は年齢や老化に関わらず飛ぶ 先日のラウンドで、たまたま、組み合わせになった人が64歳というベテランの人でした。アプローチとパターが、とても上手な人でした。しかも、飛ぶ人です。64歳とは思えないほど、飛ばしてきます。 私と同じくらい飛びます。いえ、私よりも飛んでいました。年齢が64歳だから飛ばないと思っていたわけではありませ...
SNS シェア