ゴルフテックシックスパッドで体幹強化
CONTENTS MENU
 

グリップ・握り方が緩むような感じがする

先日のラウンドで気になったことはグリップが緩む感じがするということです。握り方が悪いのか、チカラが抜けてしまっているのか・・・トップスイングを作って先輩ゴルファーに見てもらうとピッコロになっているようでした。ピッコロになるということは、小指と薬指のプレッシャーが弱いということですね。

スポンサーリンク
 

ピッコロというのは小指のチカラが弱いか、しっかりと握れていなくて、グリップエンドと小指の間に隙間が出来てしまうという、とても厄介な症状のことです。笛のピッコロを握っているように隙間が出来ているという意味の様です。

もともと、私は手が大きくて、指がとても長いものですから、クラブ側のグリップに指が巻き付いていても、指が余ってしまう感じがします。グリップの径を大きくしなければいけないのかもしれません。

グリップが緩んでしまって、気になってしまったので、グローブを脱いで素手でラウンドをしていました。少々、手が痛いですがしっかりとしたプレッシャーがつくれます。もしかしたらグローブのサイズが合っていないのかもしれません。いやいや、グローブの所為ではありませんね。きっと、小指のチカラが抜けてしまっているのだろうと思います。

グリップが緩むと短い距離のショットやアプローチでは顕著にその悪影響が見えてきます。インパクトの瞬間に打ち負けていたり、アプローチではインパクトの瞬間にフェースが大きく開いてしまうこともあります。アプローチのときにグリップが緩んでいると、とんでもないことになります。ダフったりしますし、思いも寄らぬダフリが発生することもあります。

ゴルフクラブの握り方としては、強く握るのではなく、適度の力加減が必要となります。スイングではゴルフクラブに遠心力が働き、それを支えられる程度の力加減で良いはずです。グリップが緩むことが気になると必要以上に強く握ろうとしてしまい、さらに悪いことになります。

スポンサーリンク
 

以前にもグリップが揺るんでしまって悩んだことがありますから、これは完全に自分の癖でしょうね。

インターロッキングとか、オーバーラッピングとか、そういった握り方のことではなくて、完全にチカラが抜けてしまっている状態にあるようです。というよりも、握り方を緩めることでスイングのリズムを作っているのかもしれませんね。握り方を緩めてスイングのリズムを作るなんて変わってると思われるかもしれませんが、そういった人も居るみたいですね。トップスイングを作ったときにグリップのプレッシャーを緩めることで、チカラが抜けて柔らかい感じがするから、振りやすくなるということだと思います。

もしかしたら、グリップが悪いというのもあるけど、アドレスでのクラブの位置がおかしいのかもしれません。極端なハンドファーストになっていたり、逆にハンドレイトになっていたりして、手首に角度がついてしまっているのかもしれません。極端だけど、それでもアドレスをしようとしているから、握り方がおかしくなっているのかもしれません。ということは、ボールの位置もおかしいかもしれませんね。

再度、アドレスとグリップを要チェックです。

以前にもゴルフレッスンの先生に教えてもらったことがあるのですが、握っている指同士の間隔をあけない。指同士を詰めるとプレッシャーが強くなるとのこと。あとは、人差し指と親指でつくられるV次を締めるとプレッシャーが強くなるとのこと。

古典的な握り方の練習のなかにカバンなどを左手の小指と薬指で持つというのがありましたが、実際のところ良い効果があるのかもしれませんね。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
SNS シェア