ゴルフ は ゴロフ だから 転がして寄せる

ゴルフ は ゴロフ という 青木功さんの言葉があります。

ゴルフは基本的に転がす。
ゴロさせるのが肝要という意味が込められた言葉です。

ボールを上げるのも良いけど、低く出して転がすことも大切であり、転がす方が楽な場合もあるといことを伝えたかったのだと思います。

ゴルフではボールを上げるのが良いというイメージがあります。たしかにボールを上げなければいけない状況もあるし、ボールを上げられればボールを止めやすいです。ということで、何故かグリーン周りでは闇雲にボールを上げようとしていた時期がありました。とりあえずウェッジを使っていましたね。

自分のゴルフを思い起こしてみると、たしかに昔はグリーン周りではライの状況なども関係なくとりあえずウェッジを使おうとしていました。ザックりしまくりのホームラン連発です。

最近は少し賢くなってきて転がすゴルフを取り入れています。グリーン周りでは9番アイアンで転がしたり、ときにはユーティリティーで転がしたりとボールの置かれている状況を確認して出来る限り転がすゴルフをするようにしています。最初から転がすことを目的としているので、転がり具合と距離感を間違えなければ、なかなかカップに寄ってくれるので、助かりますね。

アプローチはカップまでの距離、グリーンエッジまでの距離、グリーンの状態、受けているのかカップ向こうはくだっているのか、などなど色々な事を考えます。ゴルフは手前から攻めるのが良いということで、出来る限り転がしてアプローチするということを考えてというのが理想的ですが、現場ではそんな細かな状況分析などは殆ど出来ないです。う~ん・・・と考えている時間もありません。ですので、とりあえず安全な寄せ方をするのですが、ボールを転がして寄せるのが安全で簡単ですね。

ゴルフ は ゴロフ ですからね。

寄せ方というのを私的にまとめてみました。

 

ウェッジで寄せるゴルフ

ウェッジで寄せるゴルフ

ウェッジでふんわりとボールを上げて寄せるのは、けっこう難しいです。アプローチはウェッジを使うという概念が根付いていますが、確かにアプローチをするためにウェッジを使うのですが、ウェッジというクラブは高度な技術を持っていなければ使い切れないクラブです。ウェッジが使える状況なのかチェックしないとザックりやってしまうので、要注意です。意外とグリーン周りやグリーン花道というのは芝生が薄くなっているところがあり、土が見えるところもあります。そういったところでウェッジを使える技量が自分にあるのか無いのかということですね。私は自信ありませんね(泣)

 

転がして寄せるゴルフ

転がして寄せるゴルフ

ピッチングウェッジなどで転がすことを考えて寄せる。最近のピッチングウェッジはソールが厚いので滑りやすくて、狙ったとおりのショットを打ちやすいです。芝生が薄くてもショット出来ます。ボールを上げようという考えないので、肩が水平に回転しやすいからなのか、慣れると簡単です。ザックリすることが少ないですし、大きなミスを防げます。

 

アイアンで転がすゴルフ

アイアンで転がすゴルフ

9番アイアン、8番アイアンで転がすという方法。手打ちになろうともとりあえず転がってくれます。ショットの強弱による転がる距離の違いを覚えておくと、強い武器になります。

 

パターで転がすゴルフ

パターで転がすゴルフ

パターで思い切って転がすという方法もありますね。見た目的にはアプローチ苦手という雰囲気が顕著にあらわれており、恥ずかしいと思うようなアプローチ方法かもしれません。けっこう私はパターで転がす方法を取り入れています。寄せられればなんとかなる可能性が高まりますからね。パターであればタッチが合えばかなり寄せられます。

 

転がすボールのイメージ

転がすボールのイメージは、トントン とか トントンツー とか トントコトンツー とか 自分の頭の中でボールの跳ね方と転がり方をイメージしています。

心の中でというか頭の中でというか、他の人に聞こえないような小声でも良いのですが、トントコツー とかイメージしておけば、アプローチの打ち急ぎを防げますし、具体的なボールの転がりをイメージできると思います。

トン!!ツー!!! というイメージですと、思い切りトップしてホームランしてしまいます。

トントンツーのイメージ
自分が打とうとしているボールのイメージをするだけではなく、言葉に出さなくても トン トン ツー かな とか擬音というか効果音でイメージすると、具現化しやすいと感じています。

日々、精進
がんばります

 

スポンサーリンク
 
SNS シェア

 

よく読まれている投稿記事
関連投稿記事
頭を動かさない軸を意識したショット 【 ヘッドアップしない 】... 中部銀次郎さんはヘッドアップをしないために壁に頭をつけてスイングの練習をしていたと書籍に書いています。頭が動けば壁にぶつかってしまう・・・だからこそヘッドアップをしないスイングの練習になるということです。 ヘッ...
ショートホールが難しいと感じるとき... ショートホールが難しいと感じるときというのは、ショートホールでスコアがまとまらないときであり、実はアイアンの調子が悪い時だったりもします。 距離の長いPAR3であれば、難しそうだなと感じることもありますが、ウッドで...
スコアを少なくとどめる練習 中部銀次郎さんの書籍 わかったと思うな 99ページあたりに書いてある内容なのですが、胸がドキっとすることが書かれていました。これは練習の仕方からゴルフに対する姿勢に関することが書かれており、ゴルファーとしての可能性という...
ボールを打つだけでは上達しない 歩けばゴルフは上達する... やっぱり、歩くということはゴルフの上達を手助けしてくれるようです。 たった、歩くだけでゴルフが上達するなんて、そんな魔法のような方法があるのだろうかと思ってしまいますが、歩くことはゴルフの上達を手助けしてくれるよう...
ゴルフ練習場での練習成果を考える 気候も暖かくなり、体を動かしやすくもなり、コソコソと練習をしています。ゴルフ練習場での成果というのは、なかなか見えてこないなと感じながら、何か新しい練習方法は無いかと模索していたりもします。そもそも、ゴルフ練習場というの...
スポンサーリンク