CONTENTS MENU
 

自分に必要なゴルフクラブの本数確認

最近、スコアは悪くないのだけど納得できないショットが続いたりすることがあります。ナイスショットだと自分では思っていないのに、スコアが良いと言うことがあります。

スポンサーリンク
 

逆に、ナイスショットだと自分では思っているのに、そのナイスショットがスコアに反映されないようなラウンドとなることもあります。

今現在は、ナイスショットじゃないのにスコアがまとまるラウンドと、ナイスショットなのにスコアがまとまらないラウンドを交互に繰り返しており、自分のなかでは、どうも不完全燃焼のような感じになってしまっています。

何がいけないのかを考えてみると・・・グリーンを狙ったショットが大きかったり、小さかったりすることが多かった。カップまで30ヤード程度のアプローチも5ヤード程大きかったりすることがありました。狙っているのが30ヤードに対して5ヤード大きいと言うのは、致命的なミスです。クラブ選択が間違っていたか、残りの距離を見誤ったのかどちらかです。

自分のスイングを直さなければいけないのは承知しているし、スイングは調整中。

なので、キャディバッグの中に入れているクラブを再度、確認しようと考えました。理由としては、カップまで30ヤード程度のアプローチも5ヤード程大きかったりするというミスがあったからです。ウェッジを追加して、短い距離を打ち分けられると良いかもしれないと考えたからです。

今現在のセッティング

  • Driver ドライバー 1本
  • Wood 5番 1本
  • UT 4番UT 1本
  • Iron 5番~9番アイアン 5本
  • PW 1本
  • SW 1本
  • PUT パター 1本
  • 合計11本

今現在のセッティングは11本となっていますので、14本が限界なので、既にゴルフクラブは3本少ないということになります。ここから本数を減らすのは・・・あまり考えられないですね。今現在のセッティングで周りの人たちからはクラブの本数が少ないですね~と言われたりすることもあります。本数が勝負じゃないんですけどね。あと、ゴルフクラブは14本使うという考えが染み付いてしまっているのかもしれないですね。

スポンサーリンク
 

カップまで30ヤード程度のアプローチも5ヤードもオーバーしたりするということを考えると、ゴルフクラブの本数を減らすのではなくて、増やした方が良いのかもしれないと考えています。とくにウェッジをもう1本入れようかと考えています。

中部銀次郎さんの書籍、悠々にして急げ にはスコアアップに見栄は不要と書かれており、クラブの本数を減らすといかに良いということが書かれています。

1部ばっすい

14本のクラブをバッグに入れてもスコアはまとまらない
クラブの本数を減らしたらスコアがまとまった

ウッドに関することの文節ばっすい

スプーン、バッフィ、7番ウッド、9番ウッドでの距離の打ち分けなんて難しくて無理。ショットが最盛期だった中部銀次郎でも無理

※書籍が古く、ゴルフクラブはパーシモンの時代でしたから、現代で言うところのフェアウェイウッドをフェアウェイ・クラブと呼んでいます。

というような事も書かれています。

そして、併せてゴルフクラブの本数を減らして良いスコアが出ても、それを続けない人が多いとも書かれています。ゴルフクラブの本数を減らして良いスコアが出たら、もとのセッティングに戻してしまうということでしょうね。ですから、スコアも元に戻ってしまうということですね。

この辺りの文節を読んでいたら、ひとまずはゴルフクラブ11本のままでいこうと決心しました。

スポンサーリンク
 

ゴルフクラブの本数を減らして良いスコアが出ても、ゴルフクラブの本数が少ないというのは、ビギナーか下手くそかもしれないと思われるのが嫌だからなのかもしれませんね。その気持ちはよく判ります。でも・・・それこそ、スコアアップに見栄は不要ということば当て嵌まりますね。

少なからず誰しも見栄があるのあと思います。

もちろん私も見栄があります。
見栄えは大切ですからね。

私がゴルクラブの本数が11本なのですが、なんともビギナー的な扱いをされることもありますからね。ビギナーでも良いんですけどね。ゴルフクラブの本数14本、14本より少ないということに関しては何かしら勘違いをされているような印象を受けます。

最近、中部銀次郎さんの悠々として急げ を読み返しています。
なるほどと思うような考えが書かれているので勉強になります。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア