飛ぶスプーンを発見 【 egg spoon 】

最近、ドライバーが不調だからなのかティーショットで確実に飛ばせるクラブを潜在的に探しております。だからなのか、他の人がティーショットで使っているクラブが気になって仕方がありません。

ということで、とあるゴルフ倶楽部のオープンコンペがありましたので参加をしてきました。組み合わせになった人が興味深いクラブを使っていました。ヘッド クラウン部分が凹んでいるクラブです。見たことないクラブだなと思い、ラウンドを終えた後に勇気をだしてどこのクラブを使っているのかを聞いたところ、PRGR の egg spoon(エッグ スプーン)とのこと。

ドライバーで220ヤード前後飛ぶけど、egg spoon の方がヘッド小さくて取り回しが良くて、打ちやすくて、曲がらないという理由から、ティーショットは egg spoon を使っているとのこと。

やっぱりティーショットの大切さを知っている人は、クラブ選択もシビアに考えているだなんと勉強になりましたね。

しかも、その人はegg spoon (エッグ スプーン)に、1番と書かれたヘッドカバーを装着していました。あたかも、傍から見るとドライバーのような雰囲気を出しながらキャディバッグにいれてありました。そして、もう1本スプーンが入っていましたが、そちらのスプーンは3番と記載されたヘッドカバーを装着していました。

egg spoon に 1番と書かれたヘッドカバーを付けているのは、自分としてはドライバー並に飛ぶからドライバーと同じ扱いをしているから、1番というヘッドカバーを付けているとのこと。そして、ドライバーを抜いているのを悟られたくないからという理由もあるとか。

ティーショットを全てスプーンで打って、良いスコアが出たとしても、後から誰かにティーショットをスプーンで打ったからスコアが良かったんじゃないのかと言われることはないし、言う人も居ないし、ゴルフは上がってなんぼですから、結果が出せれば良いと思いますよと言われました。

なるほど。
仰るとおりだと思います。

なんか、私の背中を押してくれるような言葉でした。

皆さん、色々と考えているんだなと思いました。

 

egg spoon ( 2013 )

独特なヘッド形状ですね。しかし、フェースは厚みがあるのでティーショットでは打ちやすそうな感じがします。 egg spoon ( 2013 )は様々な媒体やメディアでも取り上げられたことがあるようですが、私は今更ながら興味を持ってしまいました。

しかもシャフトは短めの42.5インチとなっているようです。シャフトが短いとヘッドを重くしてバランスを取っていることが多いので、バランスはD1.5、D2となっています。なかなか打ちやすそうな感じがしますね。

PRGRはシャフトのフレックス表記が独特です。M-43(フレックスS相当)、M-40(フレックスSR相当)、M-37(フレックスR相当)、M-35(フレックスR2相当)となっています。

フェースの厚さはキャロウェイのXHOT DEEP を彷彿させますね。

 


しかし、すごい形状のヘッドですね。見た目は大切だと思いますが。慣れるまでに時間がかかりそうな気がします。

 

中古は数が少ないかも

egg spoon ( 2013 ) は中古でも数が少ないようです。色々と調べて購入してみようかと思います。

プロギア egg SPOON(2013) 【 GDO中古ショップ 】

プロギア egg SPOON(2013) 【 楽天中古ショップ 】

 

自分に合うスプーンを探していこうと思います。

ドライバーが調子悪いので、何か良いドライバーの替りになるようなスプーンは無いかなと探してはいますが、結局のところドライバーが悪いのではなくて、自分のスイングが悪いだけなんだとは思いますが・・・。

 

  スポンサー広告
 

 

その他、スプーンに関する記事、ドライバーに関する記事などがありますので、併せて読んでみてください。