GDO運営のゴルフスクール GOLFTEC
CONTENTS MENU
 

ドライバーショット は スタンスを狭くする と ナイスショットしやすい?

ドライバーショットはスタンスを狭くするとナイスショットしやすくなるようです。これは私の場合だけかもしれませんが、今までよりもスタンスを狭くすると、なかなか良い結果が得られます。

スポンサーリンク
 

スタンスを狭くすると回転しやすい

スタンスを狭くすることで、身体が回転しやすくなります。身体が回転しやすいというか、股関節の間で骨盤が回転しやすくなります。つまり股関節が動かしやすいということになります。また、スタンスを狭くするとスイング軸を感じやすいです。ドライバーでスライスが頻発するときなどはスタンスを狭くして練習することもあったりします。

スタンスが広い場合は、下半身の踏ん張りが利いており、安定感はありますが、身体が回転し難くなります。ですから、スタンスが広い場合は、無理して身体を回転しようとしてしまい、スイング軸がブレてしまうことが多いように感じます。というよりも、私の場合はスタンスが広すぎるようなので、狭くした方が良いというアドバイスを頂きました。

スタンスが広いとインパクトまでの瞬間、ビジネスゾーンが広くなる

今回、レッスンの先生に新しいことを教えてもらいました。スタンスが広い場合はビジネスゾーン(インパクトゾーン)も広くなってしまという考え方です。インパクトゾーン、ビジネスゾーン・・・どちらの言葉が適切なのか判断し難いところなのですが・・・ゴルフクラブが下りてきて、ボールにインパクトして、フォロースルーに移行するまでと聞きました。

ドライバーショットの場合、スタンスを広くして、ボールの位置を左足踵線上に置いておくと、スタンスの幅の通りドライバーヘッドを真っ直ぐ振りぬいて、フォロースルーをしなければなりません。ですから、ドライバーヘッドを真っ直ぐに振りぬく距離が長くなってしまいます。もともと、フォロースルーを作ることが難しかったりもするのですが、スタンスを広げることで余計に難しくなってしまうとのこと。柔軟性があり体幹が強ければ、飛ばすこともできるし、フォロースルーをつくることができます。

スポンサーリンク
 

スタンスが広いとビジネスゾーンが広くなってしまう・・・というか、ビジネスゾーンが長く考えてしまうようになってしまうようです。そして、インパクトからフォロースルーを作り難くなるとのこと。それは、私の身体の固さもあったり、スタンスが広いとクラブを飛球方向へ出し難くなります。

スタンスが狭いとインパクトまでの瞬間、ビジネスゾーンが狭くなる

スタンスが狭いとビジネスゾーンが狭くなる。狭くなるけど、クラブを真っ直ぐ飛球線に向けることで、フォロースルーがしっかりと作れるので、強いインパクトになり、方向性も良くなるとのことです。

スポンサーリンク
 

スタンスを狭くするというのは、ドライバーショットで言うところの 低く長く出す という動作がしやすいということなのだろうと思います。これは、あくまでも考え方であり、私の場合はスタンスを狭くした方が、フォロースルーがしやすいというか、クラブヘッドを飛球線方向に向けて振り抜きやすいスイングだということでしょうね。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア