ゴルフテックシックスパッドで体幹強化
CONTENTS MENU
 

アップライトなドライバー と フラットなドライバー 【 ライ角 】

アップライトなドライバーとフラットなドライバーはどらいが良いのかというお話をゴルフ仲間たちとしておりました。アップライトなのかフラットなのかというのは、ゴルフクラブのライ角のことになります。

スポンサーリンク
 

ドライバーを持って、アドレスをしたときにシャフトが立ち上がっている、縦に立っている感じがするドライバーもあるし、シャフトが寝ている印象を受けるドライバーもあります。

ドライバーのライ角

ドライバーを購入した時点でライ角は決まってしまうというか、そのドライバーのライ角を後から変更することは出来ませんので、ドライバー選びも慎重にしなければいけませんね。といっても、最近は弾道調整機能が装着されているドライバーでは、ライ角も変更することが出来るらしいとのことで、とても便利になりましたし、あまりライ角は重要視されていないようにも感じます。

アップライトが良いのか、フラットな方が良いのかは人それぞれです。

ドライバーが苦手でいつも調子が悪いというゴルフ仲間は、しょっちゅうドライバーを替えていたりするので、ドライバーというクラブの特質に詳しいです。ヘッドの体積、シャフトのこと、ライ角のことなど本当に色々な情報を持っています。色々なドライバーを使えば、詳しくなるのでしょうね。

アップライト と フラット どちらが良い?

アップライトなドライバー と フラットなドライバー、どちらが良いのだろうかと考えると、私にとってはどちらのドライバーも自然とフラットになってしまいます。身長がそれほど高くなくて、シャフトが長ければ、自然とシャフトの角度はフラットになってしまいますから。手元は身体の近くに置いておきたいので、極端に身体から手元を離すということをしなければ、シャフトが前方に伸びる感じとなり、自然とクラブヘッドのトゥ側が浮くような状態になります。そして、自然と身体とボールとの距離が遠くなります。無理にアップライトな振り方をしようとすれば、必ずクラブヘッドが地面と接してしまいます。

ドライバーをフラットなイメージで打つと、フックしやすくなると書かれている書籍もありますし、逆にスライスが出やすくなると書かれている書籍もあります。これは、きっと説明が言葉足らずになっているからでしょうね。ドライバーをフラットに振ると横振りになりますから、自然とフックしやすいという考えがあること。もうひとつのスライスが出やすくなるというのは、フラットに振っているためにヘッドが戻ってこない、ヘッドが遅れてくるから、そして身体が開きやすいという理由が挙げられます。

スポンサーリンク
 

アップライトなドライバーの場合は、シャフトが縦に立ち上がっている感じですので、身体とボールとの距離が近くなりますし、一般的にはボールを捉まえやすいと言われています。それは、クラブフェース面を左に返しやすいからです。ですが、ボールの位置が悪かったりなんかすると、テンプラになりやすいし、擦り玉が出やすいようにも感じます。この辺りはボールの位置とアドレスを調整していけばなんとかなるでしょうね。アップライトのドライバーの場合は、上げたクラブを落下させて前方へ放り投げるというイメージを持ちやすい気がします。

少し前のドライバーになるのですが、ブリヂストン ツアーステージ X-DRIVE GR というドライバーがありましたが、あのドライバーのライ角は強烈でしたね。とてもアップライトでした。ライ角 62.5度でしたからね。試打をしたことがありましたが、とても打ち易かった記憶があります。

ドライバーもアイアンも同じ様にスイングが出来るようなライ角

アップライトが良いのか、フラットが良いのかというよりもドライバーもアイアンも同じ様にスイングが出来るようなライ角が良いのだろうと思います。アイアンは無理なアップライトを避けて、払いうちをするようにしていますので、どちらかというとフラットな打ち方になっていると思います。といっても完全なフラットとは言い難いですけどね。シャフトは寝かせていて、フラットな感じになっているけど、腕は縦に上げてくるというようなスイングになっているのかもしれないです。

ライの悪い爪先上がりの斜面での場合は、ボールが身体に近くなりますし、打ち方としてもゴルフクラブがフラットな感じになります。逆に爪先下がりはボールが身体から遠くなり、少しアップライトな姿勢となります。というように、ショットするときのライのことを考えると、ドライバーをはじめとしたゴルフクラブのライ角の大切さが判ってきますね。

スポンサーリンク
 

最近はゴルフクラブも種類豊富となってきていますから、自分に合ったドライバーを見つけるというのは本当に大変ですね。

アップライトな打ち方といえば、ブライソン・デシャンボーです。個性的なゴルファー ブライソン・デシャンボーという記事では、デシャンボーのアップライトなドライバーショット動画が見られます。ソールしない、アップライトで、コンパクトなスイングです。参考になるかもしれません。

また、アップライトか、フラットかを追求していくと、爪先上がりと爪先下がりのショットに近い感覚になってきます。つま先上がりでスライスを治す?という記事も、アップライト・フラットのどちらが良いのかの参考になるかと思います。

日々、精進
がんばります

関連記事

スポンサーリンク
 
SNS シェア