GDO運営のゴルフスクール GOLFTEC
CONTENTS MENU
 

ドライバーショットでボールが上がらない時は内股スイング

ゴルフレッスンでドライバーで全然ボールが上がりませんでした。ボールが上がらないと闇雲に打ってしまうんですよね。しかも、無理に上げようとして、おかしなすくい打ちになってしまいます。

スポンサーリンク
 

右足だけを内股にします。内股といっても、爪先を少し内側に向けるだけです。そして、テークバックをすると自然と右足に体重が乗ります。体重が乗るというか、負荷が掛かるというか、チカラが入ります。右足のチカラが抜けないように、ダウンスイングをすると、自然とボールが上がるようになりました。ただ、これは私の骨格が影響しているようですから、万人向けでは無いかもしれませんね。

右足内股スイング

ゴルフレッスンの先生に教えてもらったのが、内股スタンスです。私のスイングを見て、先生が、股関節が柔らかくなってるので体重が流れてるんじゃないですかとのこと。

 
どうやら、テークバックでスウェーしてしまって、体重が逃げてしまっていたようです。ということは、右足の膝は動きまくっていて、捻転により発生する負荷を抑えられていなかったということになります。

私は男のくせに、くせにっていうのは語弊があるかもしれませんが、とんび座り(正座して両足を外側に出す座り方)ができますので、どうやら関節が柔らかいのか、体重を逃がしてしまう傾向があるようです。ある意味、踏ん張りが利かなくなっているとも言えますね。今までは、こんなことは無かったのですが・・・。

右足だけを内股っぽく爪先を内側に入れると、スタンスは自然とクローズ・スタンスっぽくなります。ですから、ボールを捉まえようとする人には向いているかもしれません。右足だけを少しだけ、爪先を内側を向くようにして、内股っぽいアドレスにすることで、右足にチカラが入りますので、自然とクラブが走ってくれますので、遠心力によりクラブと引っ張り合う感覚が判ります。

両足をガニ股のように開いてアドレスをするというのは知ってますが、内股というのは初めてでした。まずまず、良い感じなので、しばらく内股スタンスで練習をしてみようと思います。何かひとつできると、何かひとつ出来なくなっているという、この不思議な連鎖を止めなければいけませんね。

ゴルフは、とりあえずやってみないと判りません。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
SNS シェア