CONTENTS MENU
 

雲水の考え方

ゴルフにも雲水の考え方が通用します。
既に似たようなことを取り入れていたスポーツ選手、アスリートも居ます。
ゴルフというスポーツにも雲水の考え、行動の仕方を取り入れることが出来るはずです。

 

雲水とは

禅の修行僧のことです。

雲水とは師を求めて各地を巡り、雲の様に、水の様に各地を流れてひとつの場所に留まることなく修行をする僧の意味があります。

もうひとつは、師のもとで禅の修業に励んでいる修行僧のことです。朝早く決まった時間に起床して、掃除をし、朝の坐禅を済ませて、いつも決まった時間に食事を摂ります。日々、同じ行動をして、同じ時間に食事をすることで、自分自身の変化に気付くことが出来るようになり、自分の内側の感度が高まると言われており、それも修行であるとされています。

 

雲水と似た行動

例えば、朝食はいつもカレーライスを食べるという野球選手が居ました。最近は、朝食でカレーライスを食べていないようですが。肉しか食べないというサッカー選手もいました。

カレーライスが良いとか、肉が良いとか、そういうわけではなく、同じ時間に同じ食べ物を食べるということが自分自身の体調を管理することに良いからです。シーズンが始まれば減量をしなければならないこともありますから。

いつも同じ時間に起床して、同じ時間に同じ食事を摂ることで、自分の体調に変化があれば直ぐに気付いて、修正をすることが出来るからだと言っていました。同じリズムで行動をすることで、自分の感度を高めているということです。

また、同じ行動をすることで、常に体調を維持することが出来ます。

 

ゴルフに取り入れる

ゴルフというスポーツで同じ行動をする・・・といえばルーティンですよね。ティーショットの時のルーティン、セカンドショットの時のルーティン。人それぞれ、異なります。または、ルーティンなんて考えていないという人も居るかもしれません。

朝食にカレーライスだけを食べていた野球選手もパフォーマンスルーティンが有名でしたよね。バットを右手で振り上げて、左手で右腕の裾を捲くりながら、打つぞ~! という気持ちが伝わってきます。気持ちを入れるという意味もあるかもしれませんが、常に同じ動作をして、習慣化することで、どんなに小さなミスもしないといための行動でもあります。

いきなり食生活を変えることは難しいかもしれません。

ゴルフもルーティンがあります。

自分が打ちやすいルーティン、ミスしにくい確認方法、良いショットが打てる素振りなどを見つけると良いですね。

日々、精進
がんばります

 

スポンサーリンク
 

 

スポンサーリンク
 
関連投稿記事
首が痛い 【 頚椎椎間板ヘルニア? 】 今までほったらかしにしていたのですが、実はゴルフ練習をした後やゴルフラウンド後に首に違和感があるなと思っていました。痛いというか、硬いというか、首を回し難い感じがしていました。ゴルフというスポーツの動きとして、頭は動かさずに肩や身体だけを回転させたりしますので首に負担が掛かるんだろうなと思っていて、...
飛距離計測GPSはゴルファーの精神安定剤 ゴルフラウンドで飛距離計測ができるGPSを使うことが悪いとは思っていません。コンペや競技で使用することが禁止されていれば、使わなければ良いだけですから。私もGPS計測器を使ってラウンドをすることはあります。 それは、競技前の練習ラウンドで、ティーショットで打ったボールがどれくらい飛んでいるのか、...
飛距離でスコアを作るのが今の時代のゴルフ? 飛距離でスコアを作るというのが今の時代のゴルフなんだと思います。とにかく飛ばす。ティーショット、ドライバーでは飛距離を出して、出来る限り飛ばして目的のカップにボールを近づけておくというのが今の時代のゴルフ・・・そんな気がします。 ボールを最初から飛ばして、グリーンまでの距離を縮めておけば、いつかは...
飛距離アップする方法はいくつかに分類される ゴルフというスポーツの中で飛距離アップをさせる方法というのはいくつかの課題に分類されると思います。というのもホームコースの先輩達と飛距離アップに関して色々なディスカッションをていると様々な意見を聞くことが出来ますので、とても勉強になります。ディスカッションと言っても、コーヒーを飲みながらの談話なので...
飛ぶ人は年齢や老化に関わらず飛ぶ 先日のラウンドで、たまたま、組み合わせになった人が64歳というベテランの人でした。アプローチとパターが、とても上手な人でした。しかも、飛ぶ人です。64歳とは思えないほど、飛ばしてきます。 私と同じくらい飛びます。いえ、私よりも飛んでいました。年齢が64歳だから飛ばないと思っていたわけではありませ...
SNS シェア