ゴルフテックシックスパッドで体幹強化
CONTENTS MENU
 

チャーリー・ホフマンというゴルファー

2017年 マスターズ初日からホフマンが好調です。いきなり、ホフマンが上がってくるとは思いませんでした。初日からスコア65、7アンダーです。飛ぶ選手ではないのですが、今回はパターが好調のようです。

スポンサーリンク
 

チャーリー・ホフマンといえば、金髪の長い髪の毛がトレードマークでしたが、最近は短髪にしているようです。まるでサーファーかミュージシャンの様な髪型をしていました。そんな、ホフマンも気が付けば既に40歳となりました。色々な意味でターニングポイントを迎える年齢です。そのタイミングでマスターズ首位というのは素晴らしいと思います。

ちなみに、緑色も彼の個性をあらわしています。グローブ、帽子、サングラスなどには、必ずといってよいほど緑色が入ってます。ゴルフ・パフォーマンスは決して派手ではありません。どちらかというと地味な印象があるゴルファーです。めちゃくちゃ飛ぶわけではありませんし、アイアンの精度が特別に優れているという感じではありません。オーソドックスなスタイルのゴルファーです。

Titleistさん(@titleist)がシェアした投稿

スポンサーリンク
 

チャーリー・ホフマン プロフィール

  • 1976年12月27日 生まれ
  • アメリカ出身
  • 使用クラブ:タイトリスト

 

ドライビング・パフォーマンス

  • DRIVING DISTANCE:293.5
  • CLUB HEAD SPEED:116.89mph
  • SMASHFACTOR:1.476

マイル表記となっていますので、メートル毎秒に変換し、ヘッドスピードとミート率からボール初速を計算しますと、以下の通りとなります。

  • ドライビングディスタンス:293.5ヤード
  • ヘッドスピード:52.25m/s
  • ミート率:1.476
  • ボール初速:77.121m/s

 

既に40歳となったチャーリー・ホフマン。最近の若手選手の勢いに圧されてしまっている感じはします。ですが、ある程度の年齢に差し掛かった大人のゆとり、落ち着いた雰囲気、今までの経験を活かして、今以上に良いゴルフを展開してほしいです。

関連ニュース記事
ホフマンが「65」で4打差トップ 池田が日本勢最高26位、松山、谷原54位

スポンサーリンク
 
SNS シェア