フィル・ミケルソンのこれでもパー

中部銀次郎さんの書籍を呼んでいると スコアを形成するには内容は関係無いというようなところを感じます。例えば、3オン、1パットでもパーとなります。ティーショットをチョロして、セカンドショットで距離を縮めて、3打目のアプロー…

続きを読む →