CONTENTS MENU
 

個性的なゴルファー ブライソン・デシャンボー

とても個性的なゴルフをするブライソン・デシャンボー。もともと、注目度を高めたのが全ての番手の長さが同じ(37.5インチ)アイアンでした。スイングも独特でシンプルです。

スポンサーリンク
 
 

デシャンボーのサイドサドルパッティング

デシャンボーの場合、その個性はパターにあらわれています。それは、サイドサドルパッティングです。カップに対して身体を正面に合わせてストロークをします。美しいアドレスをしていても、教科書通りのストロークでもカップインできなければ意味がありません。彼にとって、カップインできるというストロークがサイドサドルパッティングだったんでしょうね。

カップに対して正面から構えることができるので、狙いやすそうですね。私も試したことがあるのですが、慣れるには時間を要します。

スポンサーリンク
 

デシャンボーのパター

デシャンボーのパターには、カーボンシャフトが装着されているようです。ちなみに、Matrix製のシャフトとのこと。パターにカーボンシャフトを装着したイメージとしては、打感がソフトになりそうな感じがしますね。

反面、ロングパットで強いストロークが必要なときは、カーボンシャフトの特性でもある、大きなトルク、撓りの影響により左や右にミスしてしまいそうなイメージもあります。

スポンサーリンク  

デシャンボーのスイング

デシャンボーのスイングは、これまた独特です。肩、腕、クラブまでが一直線になっており、プレーンが1つ。トップスイングは、どことなくベン・ホーガンのコンパクトなトップに似ているようにも感じます。モー・ノーマンのスイングとベン・ホーガンと融合させたようなスイング? ブライソン・デシャンボー と モー・ノーマン の スイングという記事でも、デシャンボーのスイングを紹介していますので、読んでみて下さい。


▲デシャンボーのINSTAGRAMより

上の動画のスイングも不思議な感じがしますよね。アドレス時から、既に手元が身体から離れているような感じです。トップスイングは、とてもコンパクトです。スイング全体は、とてもシンプルで、再現性が高そうです。

ブライソン・デシャンボーは1993年生まれです。若干、23歳にして自分のゴルフをしやすい、道具選び、スイングづくりを真剣に追求しているというのは、素晴らしいことです。誰かに何かを言われなくても、本能的に今のスタイルになったのかもしれません。だとしたら、それは才能でしょうね。今まで、ゴルフスイングはこうであると言われてきたものが覆されたような気がしました。新しい考え、新しい理論というものが生まれて、ゴルフというスポーツは進化していくんでしょうね。

スポンサーリンク
 

ジョーダン・スピースもカップを見ずにパッティングをします。これも、独特です。

独特で個性的でも結果が良ければOK。良い結果を導き出すための、自分のゴルフというのを知っているんでしょうね。そして、自分のゴルフをするためのセッティング、打ち方を追求した結果なのだろうと思います。最近の若い選手から、多くの学ぶ点があるように感じます。自分が今まで習ってきたゴルフとは、異なる点が多いから、そのように思うのかもしれません。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア