飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックシックスパッド | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ブライソン・デシャンボー優勝 ジョンディアクラシック

ジョンディアクラシックでブライソン・デシャンボーが優勝しました。個性的なゴルファーですから、何もかもが既成概念から外れてる感じがします。でも、それが彼の魅力です。

ブライソン・デシャンボーのセッティング

使用しているクラブはコブラでまとめられています。パターのシャフトはカーボンだったはずです。

ドライバー
Cobra King LTD Pro Black (8.5 degrees)
Shaft: Project X HZRDUS T1100
Length: 45 inches, gripped

3番ウッド
Cobra King LTD Fairway 3/4 (12 degrees)
Shaft: Project X HZRDUS Black 85X
Length: 44 inches, gripped

ドライビングアイアン
Cobra King 3 Utility (18 degrees)
Shaft: Project X HZRDUS Black 85X
Length: 39.5 inches, gripped

アイアン
Cobra Forged One Length Irons (4-PW)
Shafts: Nippon N.S. Pro Modus3 Tour 130X (all 6-iron shafts)
Length: 37.5 inches, gripped

ウェッジ
Cobra King Versatile Grind (50, 55 and 60 degrees)
Shafts: Nippon N.S. Pro Modus3 Tour 130X
Length: 37.5 inches, gripped

パター
S.I.K. C-Series
Length: 39 inches

元ソース:Bryson DeChambeau’s Winning WITB / golfwrx.com

ボールはブリジストンを使っています。塩水にボールを浮かべて、ボールの品質をテストするとかしないとか・・・それでブリジストンのボールに決めたらしいですね。

関連記事:ボール契約の決め手は塩水検査 デシャンボー「BSの品質管理が一番」

ブライソン・デシャンボーのスイング

モー・ノーマンとベン・ホーガンを融合したようなスイングです。ワンプレーンで、アップライトで、コンパクトです。ドライバーのグリップも太そうですね。手首をあまり使わない(使えない)ようにしているのでしょうか。

ドライバーショット

ワンプレーンで、アドレスしたところに、戻ってくるということを簡素化すると、このようなスイングになるのでしょうか。不思議なスイングです。

アイアンショット

超アップライトとなっています。逆に打ち難そうな感じがしますけどね。

ブライソン・デシャンボーの飛距離、ヘッドスピードなど

  • DRIVING DISTANCE : 299.1
  • CLUB HEAD SPEED : 117.92mph
  • SMASH FACTOR : 1.478

メートル毎秒に換算して、ミート率を計算すると以下の通りとなります。

  • ドライビングディスタンス:299.1ヤード
  • ヘッドスピード:52.71m/s
  • ボールスピード:77.90538m/s
  • ミート率:1.478

デシャンボーの今後の活躍が楽しみですね。

関連記事

デシャンボーが逆転で初優勝 「全英」の切符得る

スポンサーリンク
 
SNS シェア
2017/9/16 1:38