飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックシックスパッド | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ブルックス・ケプカのヘッドスピード・飛距離・ミート率

ブルックス・ケプカのヘッドスピード・飛距離・ミート率をシェアをさせていただきます。飛ばせる選手とのことで、ドライビングパフォーマンスには、とても興味がありますね。

スポンサーリンク
 

ブルックス・ケプカのヘッドスピード・飛距離・ミート率

  • DRIVING DISTANCE:307.6
  • CLUB HEAD SPEED:124.40
  • SMASH FACTOR:1.451

ヘッドスピードがマイル表記なので、メートル毎秒に変換します。
ヘッドスピードとミート率が判れば、ボールスピードを計算できます。

55.61m/s × 1.451 = 80.69011m/s

まとめると以下の通り

当たり前のことですが、ドライビングディスタンスなどは平均です。
ボールスピードが80m/s超えとなっています。以前は、ボールスピード80m/s超えの選手のSTATSを見て驚いたこと記憶がありましたが、最近は80m/s超えも当たり前となりつつあり、近年ドライビングパフォーマンスは著しく向上していると言えますね。

  • ドライビングディスタンス平均:307.6ヤード
  • ヘッドスピード平均:55.61 m/s
  • ミート率平均:1.451
  • ボールスピード平均:80.69 m/s
スポンサーリンク
 

OFF THE TEE / DRIVING DISTANCE RANK

PGATOURには、ドライビングディスタンスのランキングがあります。上位5名をばっすいしました。1位は、やっぱりダスティンジョンソンでした。5位にケプカが入ってきております。2017年6月20日現在。

  • 1位:Dustin Johnson : 312.1ヤード
  • 2位:Luke List : 311.4ヤード
  • 3位:Brandon Hagy : 310.0ヤード
  • 4位:Andrew Loupe : 309.6ヤード
  • 5位:Brooks Koepka : 307.6ヤード

DRIVING DISTANCE / pgatour.com

スポンサーリンク
 

ブルック・ケプカのこれから・・・

以前は、タイトリストだった記憶があります。その後にナイキ。そしていまは、テーラーメイドと契約をしているのかどうかわかりませんが、テーラーメイド M2 ドライバー 2016年モデルを使用しています。アイアンはミズノです。さてさて、ゴルフ用具契約はどうなるのか? 全米オープン優勝ですから、どこかのメーカーが動くかもしれませんね。既にロレックスと契約をしていたりと、一流企業からのサポートは受けていたようです。

関連記事

スポンサーリンク
 
SNS シェア
2017/9/16 1:38