CONTENTS MENU
 

パッティングで入れボギ は 入るけど入れパーが入らない

アプローチが悪いと思えば、アイアンショットが悪くなるし・・・いくつかの問題が修正できれば、パターが入らなくなってしまいますし・・・色々と課題が次から次へと発生してきます。

スポンサーリンク
 

だから、ゴルフは面白いのかもしれません。最近は入れパー(パーパット)が入りません。そのくせ、長い距離の入れボギ(ボギーパット)は入ったりなんかします。

入れパーが入らない / パーパットが入らない

このパットが入ればパー・・・外してしまってもボギーで凌げるという甘い考えがあるからなのか、駄々草なストロークをしてしまっている可能性があります。また、逆にパーパットだからということで、狙いすぎてしまっている場合もあります。例えば、たったの1メートルという距離のパーパットの場合は、カップインしてないのにも関わらずパーを獲った気持ちになっているのかもしれません。

パーパットが入らない理由を考えてみました

  • パーを獲った気持ちになっている
  • ボギーでも良いと諦めている
  • 狙いすぎている
  • 緊張でタッチの強弱が合わない

パーパットだからこそ、緊張してしまって、慎重になり過ぎている傾向があるように感じます。故にアドレスしてからストロークまでの時間が長かったりして、スムーズなストロークがし難くなる原因を自分でつくってしまっているような気がします。

スポンサーリンク
 

入れボギが入る / ボギーパットが入る

パーパットを外した後のボギーパットは殆どが入ります。ボギーパットを外してしまったら、ダブルボギーになってしまうという緊張感と慎重さがあるのかもしれません。パーパットを外しているくせに、パーパットよりも距離があるだろうと思われるようなボギーパットも入ることがあります。

ボギーパットが入る理由を考えてみました

  • ボギーパットなので必死で狙っている
  • パーパットを外したので慎重になっている
  • 丁寧なストロークを心掛けている

ボギーパットは、これを外してしまったらダブルボギーとなってしまうため、パーパットよりも必死になっていることが多いように思います。そして、慎重にストロークをしている場合が多いです。

パッティングでミスをする傾向を掴む

私の場合は、パッティングでミスをする場合といえば、左に引っ掛ける場合とショートしてしまう場合が多いです。左に引っ掛けてしまっている場合には、入れたい気持ちが強くなっており、完全に手でストロークをしてしまっています。ですから、ほんの少しですが、パターのフェースがアウトからはいってイン方向に向いていきます。ですから、ボールも左方向へ転がり出してしまいます。

ショートする場合は、弱気になっている場合が多いですね。どんなストロークをしたら良いのか、強弱のタッチすら判らない時には、ショートしてしまうことが多いです。パッティングでショートする場合は、他のショットにも影響をしてきますから、大変なことになります。

プロゴルファーやゴルフが上手な人は、パーパットを外したりという凡ミスは忘れると言いますが、なかなか忘れることが出来ませんし。モヤモヤした気持ちが残ったりします。

200ヤードでも1打、1メートルも1打、30センチも1打・・・ゴルフは奥が深いです。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
関連投稿記事
高いフェード(スライス)と低いドロー(フック) ある程度、ボールが打てるようになってくるとドローボールを打ちたいとか、フェードを打ちたいとか、少しずつレベルアップを目指しながらボールをコントロールするようなことをも練習していくのですが、真っ直ぐボールを飛ばすというのが基本ですね。 というよりも真っ直ぐ飛ばせるようになることが重要だと思います。...
首が痛い 【 頚椎椎間板ヘルニア? 】 今までほったらかしにしていたのですが、実はゴルフ練習をした後やゴルフラウンド後に首に違和感があるなと思っていました。痛いというか、硬いというか、首を回し難い感じがしていました。ゴルフというスポーツの動きとして、頭は動かさずに肩や身体だけを回転させたりしますので首に負担が掛かるんだろうなと思っていて、...
飛距離計測GPSはゴルファーの精神安定剤 ゴルフラウンドで飛距離計測ができるGPSを使うことが悪いとは思っていません。コンペや競技で使用することが禁止されていれば、使わなければ良いだけですから。私もGPS計測器を使ってラウンドをすることはあります。 それは、競技前の練習ラウンドで、ティーショットで打ったボールがどれくらい飛んでいるのか、...
飛距離は天性のモノなのだろうか ドライバーで飛ばす人を見ていると必ずしも身長が高いわけではありません。また、筋骨隆々というわけでもありません。身長が低い人でも飛ばす人は居ます。身長が高くても飛ばないという人も居ます。 私は今までに何本もドライバーを買い替えて、色々とトレーニングをしたり、ゴルフレッスンの先生の指導のもとスイングを...
飛距離でスコアを作るのが今の時代のゴルフ? 飛距離でスコアを作るというのが今の時代のゴルフなんだと思います。とにかく飛ばす。ティーショット、ドライバーでは飛距離を出して、出来る限り飛ばして目的のカップにボールを近づけておくというのが今の時代のゴルフ・・・そんな気がします。 ボールを最初から飛ばして、グリーンまでの距離を縮めておけば、いつかは...
SNS シェア