AT&Tバイロン・ネルソン選手権 の ジョーダン・スピース

PGATOURのYouTubeチャンネルにジョーダン・スピースのスイング分析動画が投稿されていましたのでシェアします。スローモーションの動画となっています。左肘の曲げ方が特徴的ですね。スイングの始動は、クラブフェースを真っ直ぐに引いているのは参考になりますね。ジョーダン・スピースのスイングは不思議な感じがしますね。

スポンサー広告

 

Jordan Spieth’s slo-mo swing is analyzed at AT&T Byron Nelson

 

Jordan Spieth grinds out par on No. 1 at AT&T Byron Nelson

木の後ろからのセカンドショット・・・トラブルショットですね。なんとかグリーン脇までボールを運んで、絶妙なアプローチでカップインするかもというところまで寄せてきます。そしてパー。この辺りはジョーダン・スピースの真骨頂かもしれませんね。

AT&Tバイロン・ネルソン選手権 は結果的には18位タイでしたね。良いところまでいったのですが・・・残念です。今年2016年は、ヒュンダイトーナメントofチャンピオンズ で優勝をしたのみで、ちょっと本調子じゃない雰囲気が続いています。

 

ジョーダン・スピース の T-MBアイアン

ジョーダン・スピースがT-MBアイアンを導入したとの事で話題になってました。シャフトは Graphite Design Tour AD-DI 105 とのこと。 ウェイトがヒール側とトゥ側に配置されているモデルで、中空となっているようです。アイアンというよりは、ユーティリティーに分類されるのでしょうか・・・以前はTitleist 712U の 3番を使用していました。

昔、石川遼プロ仕様モデルとして YONEX ZERO IRON という、ドライビングアイアンというのがありましたが・・・彷彿とさせる 似た様な雰囲気がありますね。T-MBアイアンも海外では、driving iron ドライビングアイアンと紹介されていました。

T-MBアイアン#3 / ロフト20°/ ライ角60° / 長さ39インチ

 

ジョーダン・スピースの今後はどのようになるのか、楽しみですね。
頑張ってほしいです。

 

スポンサー広告
 

 

その他、関連記事