ゴルフテックシックスパッドで体幹強化
CONTENTS MENU
 

アダムスコットというゴルファー

アダム・スコット
1980年7月16日生まれ
オーストラリア出身
アダムスコット facebookページ

アダム・スコットといえば、容姿端麗、紳士的でイケメン、ナイスガイという言葉がぴったりな選手ですね。そして、とてもスタイリッシュというかセンスが良いというか、ユニクロのウェアもアダム・スコットが着用をすることで、ウェアの素晴らしさが引き出されます。

スポンサーリンク
 

ユニクロは日本のブランドです。ある程度の年齢に差し掛かった人であれば、1990年代のユニクロのことをご存知の人も多いかと思います。私もユニクロというブランドが日本で店舗展開を始めつつある時代のことを覚えています。安いだけ・・・というイメージがありました。ですが、今現在は世界的な有名ブランドとなりました。ユニクロと契約をしているプロゴルファーは世界でアダム・スコットのみです。選ばれた人と言えますね。ゴルフ技術だけではなく、スタイリッシュな容姿を含めて選ばれたのだろうと思います。

アダム・スコットとユニクロの関係の凄いところというか、軌跡というか・・・アダム・スコットとユニクロが契約をしたのが4月1日(正式には4月8日 or 9日)と言われています。アダム・スコットがマスターズで優勝をしたのが4月14日です。あっという間に、アダム・スコットとユニクロは世界が知る有名な選手とブランドになりました。アダム・スコットが優勝をするのを知っていたかのような・・・・

ユニクロ プレスリリース プロゴルファー アダム・スコット選手と「グローバル ブランド アンバサダー」契約を締結【 uniqlo.com ばっすい 】

2013年マスターズ アダム・スコット選手優勝!【 uniqlo.com ばっすい 】

なにか持ってますよね・・・凡人には無い何かを持ってますよ。

ユニクロというブランド(企業)もアダム・スコットという選手も、どちらも世界的に有名であり認められていますからね。 何か持っているんだろうなと思います。

 

2014年 日本オープンゴルフ選手権競技に、来日して出場をしたときにも大勢のギャラリーを引き連れてラウンドをしていたのをテレビの画面で見ていました。藤田寛之選手と同じ組でしたね。アダム・スコットは歩いているだけで、カッコ良かったです。

アダム・スコットの大きな功績としては、PGAツアーに参戦するオーストラリア選手の中でマスターズに優勝をした選手であるということですね。オーストラリアという国では、アダム・スコットの影響からかゴルフ熱が高まっているようです。もちろん、アダム・スコットの人気も高まっています。それは、私たちが住む日本という国では松山英樹選手が海外で活躍をしているのを見て、心躍るような感情が沸いてきます。オーストラリアの人たちもアダム・スコットの活躍を見て、ゴルフというスポーツに注目をしはじめているようです。

 

 

アダムスコットのfacebookページ

様々なメディアで取り上げられる雰囲気とは、また違った雰囲気のアダム・スコットを窺い知ることが出来ます。いろいろな写真が投稿されているので見応えあります。

アダム・スコットのfacebookページに投稿されている写真アルバムです

 

クラブとかスイングとか

ゴルフクラブやスイングに関しては、とても研究熱心というか、常に進化をしているというか、常に新しいことを取り入れている選手であることが窺えます。

 

ドライバー
ドライバーに関しては、45インチ以下 44.75インチという短めのシャフトのドライバーを使っているようです。ドライバーでのティーショットは、ヘッドをあまりソールさせないというか、宙に浮かせてアドレスをしているのも特長的です。ヘッドを宙に浮かせることで、スイングはアドレスをしたところに、そのまま戻ってくるという考えでスイングをしているのだろうと思います。とてもシンプルです。

 

アイアン
アイアンショットは、芝生をあまり取らない、ボールをクリーンにヒットさせるスイングを身に付けており、とても精確なショットを放ちます。芝生をあまり取らないショットは、とても参考になります。

 

パター
パターの方はと言いますと、2015年 今シーズンからは通常の長さのパターを使うようです。今までは長尺パターを使っていましたが、パターのグリップエンドを身体に接着させるアンカーすることが2016年1月から禁止となるようなので、それを踏まえてパターを変えたようです。

 

2015年のシーズンも始まりました。

さてさて、どのようなシーズンになるのでしょうか、とても楽しみですね

スポンサーリンク
 
SNS シェア