CONTENTS MENU
 

練習場でドライバー連続3発打つということを分析する

ボールをセットして、アドレスをしてドライバーで打ちます。2打目もボールをセットして、アドレスをしてドライバーで打ちます。これを3発連続打ってみると、色々な結果が出てきますから、面白いです。練習場がボールを自動的にティーアップさせてくれるようであれば、素振りをしてアドレスをして打つだけです。

ドライバーを3発打つ・・・というのは私が練習を終える最後にドライバーを3発打つという自分の中での決め事を作っていますので、ドライバーじゃなくてもアイアンでも良いかも知れません。または、フェアウェイウッドでも良いかもしれません。

3発連続というのがポイントです。

3発連続で打つと色々なことに気付きます。3発連続全てがナイスショットになることもありますが、3発全てバラバラの弾道というか、バラバラのショットになることもあります。1発目が右、2発目が左、3発目が真っ直ぐとか・・・ボールをセットして、アドレスをして打つという同じ動作をしているのに、同じショットが出ないというのが不思議です。でも、それがゴルフなんだと思います。

3発連続で打ったら、しばらく休憩するか別の練習をして、また3発連続で打ってみたりすると、また違ったショットが出たりします。

スポンサーリンク
 

 

例えば、私の場合はこんな感じになります。

1回目の3発連続ショット

1発目:ナイスショット
2発目:会心の一撃
3発目:当たり悪くてミスショット

 

2回目の3発連続ショット

1発目:当たり悪くてミスショット
2発目:ナイスショット
3発目:当たり悪くてミスショット

 

ショットの分析

自分で、自分のショットを採点することになりますので、こういったショットは良いとか悪いとか指標をつくっておきます。点数でも良いかもしれません。

  • 当たり悪くてミスショット
    ゴルフ場であればOBにはならないけど、まずまず飛んでくれている感じのショットです。
  • ナイスショット
    というのは振り切れて思い通りに飛んでくれているショット。
  • 会心の一撃
    は方向も飛距離も出ているショットになります。

人それぞれショットの精度というのは違うはずですし、もしかしたら3発連続打って、3発ともナイスショットが打てるという上手な人も居ると思います。私の場合は3発打って、3発連続ミスショットという確率の方が多くなりそうです。というよりも、ミスショットの方が多いです。

ということは自分ではミスショットだと思いながらも、なんとななるゴルフを組み立てられるようにしておかないといけないということになりますし、ゴルフ場ではもっと悪いショットが出やすくなるということになります。

練習場で打てるナイスショットはゴルフ場ではたまにしか打てません。ゴルフ場でたまに出るミスショットがゴルフ場で打てる本当の自分のショットなんだろうと思います。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア