CONTENTS MENU
 

3オン1パットでもパーという深い意味

中部銀次郎さんが中村寅吉さんから頂いたというアドバイスは、2オン2パットも4、3オン1パットも4、4オン0パットも4。どれも、全てパーであり4打でカップインさせている。どういうショットで、どんなパットでスコアをまとめたか関係ない・・・という言葉であると「もっと深く、もっと楽しく」に書かれています。

スポンサーリンク
 

私も昔はレギュレーション通りにゴルフをしなければいけないと思い込んでいた時期がありました。レギュレーション通りにゴルフをしようとすると、セカンドショットでは直接グリーンを狙おうとしてしまいますし、それほど正確に遠くへボールを飛ばすことが出来ないにも関わらず飛ばそうとしてしまいますし、グリーンを狙ってしまいます。

その結果、自分が意図していないところにボールがいってしまい、とても難しいライにボールが置かれてしまうこともありますし、難しいアプローチが残ってしまうことがあります。ほんの少しショートして手前のバンカーに入れたとか、飛びすぎて奥のバンカーに捉まったとか、奥の深いラフに捉まったとか・・・果敢に挑んだ結果がこれか・・・と落胆してしまうこともあります。

レギュレーション通りのゴルフをしようと考えるのは甘いのかもしれません。
色々と反省点をまとめてみました。

グリーンを狙うショットは高いボールを打つ?

ボールがグリーンに落ちたと思っても、転がってしまいグリーン奥へ行ってしまうこともあります。グリーンを狙う時のアイアンショットは自然とボールを高くあげようとしている場合があります。それは、きっとボールにスピンが掛からなくて、ボールが転がってしまうから、高いボールを打っておこうという考えがあるのだと思います。ですが、高いボールを打とうとすることで、すくい打ちになってしまったり、余計なスライスが掛かってしまったり、ダフってしまったりすることがあります。グリーンを狙うアイアンショットは高いボールの方が良い・・・というのはグリーン上でボールを止めたいからということなのですが、結局はボールを止められるような技量は持ち合わせていません。ですから、グリーンにボールが乗ったとしても、どれくらい転がるのかを見極めておく必要があります。もしかしたら、ボールが止まらずに転がってしまって、グリーンをこぼれてしまうかもしれないということを想定しておかなけばいけませんね。

狙ったショットが打ててない

冷静に考えてみると・・・グリーン周りにバンカーがいくつか配置されていたとしても、そのバンカーよりもグリーンの方が大きい場合が殆どです。広いグリーンと小さいバンカー・・・だけどバンカーにボールを落としてしまうということにもなります。

最近のラウンドで気付いたことは、やはり狙ったショットが出来ていないということ。そして、狙って打っても外してしまうと非常に厳しい状況に陥る可能性が高いということですね。狙ったショットができなくて、グリーンを外してしまうと、自分が意図してないところにボールが行ってしまうことがあります。意図してないところにボールが行ってしまった時というのは、不安がありますし、次にどのような技術が要求されるのか判りません。これがスコアを崩してしまう原因になっていることが多いように感じます。

ならば、最初からグリーンを狙わずに、グリーン手前とかグリーン横に意図的にボールを運んでおいた方が、次のアプローチとパットのイメージが作れますから、スコアメイクしやすいかもしれません。

スポンサーリンク
 

自分が意図したところにボールを運ぶ

意図してないところにボールが行く ということと 意図したところにボールを運ぶ というのは全く意味がちがいます。意図してボールを運べた方が次のショット、アプローチ、パターのイメージが脳内で作られますから、3打目のアプローチでグリーンに乗せることになっていても精神的には安定しているので、ナイスアプローチとナイスパットがしやすいと思います。

それは、自分の技術が有るからとかではなくて、自分が意図したところにボールを運べたという安心感があるからでしょうね。それがマネジメントというものに繋がってくるのだろうと思います。


最近はグリーンを狙ったショットの精度をもっと高めていきたいと考えています。その前にアプローチとパットの巧みさも必要になってきます。グリーンにボールが乗ったときの、独特な乾いた感じの着弾音は気持ちが良いですね。その音が聞きたいがためではありませんが、もうすこしレギュレーション通りのゴルフが出来れば、1打、2打くらいはスコアを縮められるのではないかと考えています。が、その反面リスクもありますから・・・

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
関連投稿記事
髪の毛1本を引っ張ってもらっているようなイメージでアドレス... 中部銀次郎さんはアドレスをとても大切にしていました。それは、中部銀次郎さんの書籍 「 中部銀次郎の第一打 (ゴルフダイジェスト文庫) 」 の中からも読み取ることができます。ゴルフはアドレスに始まり、アドレスで終わるのだから、ショットをする前のアドレス、つまり姿勢がとても大事だということを伝えようとし...
飛距離を決定するのはシャフトの長さだけ 中部銀次郎さんのゴルフクラブ観というものが垣間見れる文節があります。その内容は・・・飛距離を決定する唯一の条件といえば、シャフトの長さではないのか。いろいろなクラブを試してみて、それぞれの素材の反発係数はスイートスポットで打っている限りは殆ど差が無いように思える・・・という文節があります。 シャ...
頭を動かさない軸を意識したショット 【 ヘッドアップしない 】... 中部銀次郎さんはヘッドアップをしないために壁に頭をつけてスイングの練習をしていたと書籍に書いています。頭が動けば壁にぶつかってしまう・・・だからこそヘッドアップをしないスイングの練習になるということです。 ヘッドアップをすると良くないことばかりが起きます。スライスを誘発させたりもします。というの...
青木功と中弁銀次郎の出会い 青木功さんと中部銀次郎さんが初めて出会ったときのことが書籍に記載されていました。書籍とういよりは漫画なんですけどね。短編で読みやすいです。青木功さんが研修生としてアルバイトをしているゴルフ場に中部家 家族がラウンドに来たということが、初めての出会いだったようですね。 研修生だった青木功さんは、キ...
迷うゴルフは危険 中部銀次郎さんの書籍 ゴルフの真髄に書かれている内容で興味深い文節がありました。同伴者が問題は13番ホールだ・・・というところから始まります。 距離はバックから417ヤード、フロントから385ヤード。ティーグラウンドからゆるい打ち下ろしとなっており、200ヤードから270ヤードが平らになっている...
SNS シェア