CONTENTS MENU
 

2017年半分過ぎましたが、今年の飛ぶドライバーは?

2017年も6月となりました。既に、2017年半分が過ぎようとしているというところで、今年話題となった飛ぶドライバーは? というのを考えてみました。

スポンサーリンク
 

2017年のドライバーはボール初速アップ

2017年のドライバーの特徴としては、ボール初速アップを狙っているドライバーが多いです。低重心+低スピンは既に当たりまえとなりつつあり、打点がズレても強い反発が得られるかというのを追求しているように感じます。重心深度を深くして、スイートエリアを拡大やソールがに溝を設けて弾きを強くしているモデルもあります。当たりが悪くても、強い弾きと低スピンで飛ばせるというのがポイントとなっているように感じます。最近の低スピンなドライバーは、フライヤーみたいなこと?という記事も併せて読んでみてください。

2017年飛ぶ人気ドライバー

地クラブとかマニアックなクラブは別として、一般的なドライバーに焦点を当ててみました。

キャロウェイ GBB EPIC スター ドライバー


※写真はGDOギアカタログより

今年、大きな話題となったドライバーは、キャロウェイのGBB EPIC じゃないでしょうか。

とりあえず試打人からの感想は、飛ぶ! 弾き感ある! というのが第一声です。実際に打たせてもらったのですが、独特な打音と打感で弾き感は強いです。ただ、弾き感が強いだけではなく、適度の捉まりが良いので、スライスを軽減させることが出来ます。私のアウトサイドインの軌道でも、スライスが少な目でしたから、それだけで直進性が高まります。曲り幅が少なくなるということは直進性が高まりますから、飛距離アップができると感じました。

ただ、キャロウェイは昔から言われていることなのですが、合う合わないというのがハッキリと出ると言われています。もともと個性的で革新的なゴルフクラブを産み出していますので、クセが強いドライバーかもしれません。ですが、芯で打てたときの飛びは凄いです。地クラブ意外で、これほど弾くドライバーは初めてかもしれません。

EPICアイアンも登場しますから、ますます話題性が高まってきていますね。

純正装着シャフト:Speeder Evolution for GBB
シャフトスペック

ジェイルブレイクテクノロジー

ヘッド内部、フェース面側に2本の柱を取り付けて、ヘッドの無駄なたわみを抑えています。これにより、力強い反発が得られるようになっています。市販されているドライバーのなか(地クラブ以外で)でも、とても良くボールを強く弾くドライバーです。

 

ペリメーター・ウェイティング

ソール側にスライド移動式のウェイトが取り付けられており、トゥ側、ヒール側に移動させることで、弾道を調整することができます。ウェイトを移動させることで、重心を変更できるという仕組みです。

スポンサーリンク
 

テーラーメイド M2 ドライバー 2017年モデル


※写真はGDOギアカタログより

やはり人気がありますね。ローリー・マキロイがテーラーメイドの移籍したということもあり、さらに人気が高まってきています。飛ぶドライバーというよりは、有効打点が広いというのがテーラーメイドの特徴ではないでしょうか。

多少、打点がズレてもスイートエリア近くで打ったときに近い強い反発が得られますので、結果的には当たりが悪くても飛ぶ!と感じるのだろうと思います。ですから、平均飛距離アップはできるはずです。

構えやすいというのもテーラーメイドの特徴ですね。
そして、価格が安いので購入しやすがあるというのもテーラーメイドのイメージですね。

白黒のツートンカラーが登場した時は派手だなと思ったのですが、もう慣れてしまいましたね。白黒のツートンカラーは、視覚的に構えやすいと思います。最近のドライバーヘッドは大きいので、ヘッドクラウン部分がグラデーションになっていると、右肩が下がって構えてしまったりといことがあったのですが、白黒のツートンカラーは、フェース面側だけが白、クラウン部分から後方は黒となっており、フェース面側の白だけがはっきりと視覚に入ってきますので、錯覚したアドレスを防ぐ事ができると思います。これだけでもナイスショットの確率は増えると思います。

2016年モデルのM2ドライバーもそうだったのですが、決してお世辞にも捉まりが良いと言えるドライバーではありませんので、真っ直ぐ打てても自然と右に少し逃がしている感じがします。叩きに行ける人は左を気にせずに思い切り振れると思います。

純正装着シャフト:TM1-217
シャフトスペック

スポンサーリンク  

PRGR RS 2017 ドライバー


※写真はGDOギアカタログより

2016年去年モデルも弾き感が強かったですね。ルールギリギリの反発を訴求していましたが、本当にルール越えとなってしまったドライバーも含まれていたとか。言い方を替えれば、本当に反発力の高いドライバーが作れるということでしょうね。今年のRSドライバーは、まだ打ってません。

去年のモデルは打ったことがありますが、とにかく弾きます。弾きすぎる程ですね。ボール初速が速くなるのが実感できます。ただ、弾き過ぎるというのも好き嫌い別れるところがあり、フェース面にボールが乗っている感じがしなければ嫌だという人も居ますので、弾くドライバーが絶対に良いとは言い切れません。ただ、当たり損ないでも強い反発で飛ばすには、PRGR RS 2017ドライバーは向いてます。

純正シャフト:RSオリジナルカーボン
シャフトスペック

RS ドライバーの特徴

  • 広い高初速エリア・ドローで最大飛距離
  • 極限肉薄化されたヘッド
  • クラウン・ソールを薄肉化
  • 重心深度が深めとなっており、寛容性があり、捉まる
  • トゥ側が肉薄化されており、重心がヒール寄りとなっているため、捉まりやすい

 

テーラーメイド グローレ F2 ドライバー


※写真はGDOギアカタログより

構えやすくなったことばかりがレビューにあがってきますが、はっきりいって飛びます。シャフトの長さが46インチとなっており、長尺ドライバーに分類されます。ヘッドスピードが1ポイントくらいは速くなります。これは、実際に試打してみると判るのですが、ヘッドスピードが速くなったかもと自分で実感できる程です。シャフトが長ければ遠心力(慣性)も強くなりますので、自分の手で合わせにいくことができないというか、ゴルフクラブが走ってくれますので、軌道が安定するような感じがしました。極端なアウトサイドイン軌道にはなり難い感じです。

ただ、シャフトが長いと打点がズレることが多いです。トゥ側にヒットしたり、ヒール側にヒットしたり・・・打点がズレてもスピードポケット(ソール側の溝)により、強い反発が得られる工夫が施されています。

私はアウトサイドイン軌道なので、ヒール側にヒットすることが多いのですが、かなりの反発があります。長尺ドライバーは、やっぱり飛びますね。長尺ドライバーの怖いところは、一般的な45インチ前後のドライバーを使えなくなってしまうというところでしょうか。長いシャフトに慣れてしまうと、45インチ前後のドライバーが軽く感じてしまいますし、振っても遠心力(慣性)を感じ難くなってしまいます。

純正シャフト:GL6600
シャフトスペック

 

アキラ ADR ドライバー

とにかく安定して飛ばすことだけを追求したドライバーと言えます。特徴としては、重心深度が深くて、重心距離が短くて、高い反発という3つです。重心深度を深くすることで、スイートエリアを拡大させつつ、高い慣性モーメントで直進性アップします。重心距離が短いので捉まりが良くなり、スライスを減らすことができます。アキラプロダクツのLカップフェースを採用することで、反発力が高まっています。

純正シャフト:New Motore Speederテクノロジー ADR-Driver専用設計
シャフトスペック

 

EZONE XPG ドライバー

ヘッドスピード43m/sで290ヤード飛ぶというドライバーということで、話題性抜群のドライバーです。こちらのドライバーの詳細は、別投稿記事で紹介しておりますので、併せて読んでみてください。

ヘッドスピード43m/sで290ヤード飛ぶというドライバー

新品は在庫が少なくなっています。中古もあります。Aランクの中古は、ほぼ新品同様ですし、リーズナブルに購入ができます。

 

スポンサーリンク
 

ホットリストジャパン

2004年から実施されているゴルフギアのレーティング企画です。それなりにコストをかけて、話題のゴルフクラブを調査して、そのゴルフクラブの志向などを調査しています。これにより、どのようなタイプのゴルファーに向いているのかということや、そのゴルフクラブの傾向などを知ることができます。

 

その他、関連記事

ドライバー 売れ筋人気ランキング

スポンサーリンク
 
SNS シェア