ゴルフテックシックスパッドで体幹強化
CONTENTS MENU
 

2017年のドライバーのトレンドは短尺?

毎年、新しいモデルのドライバーが発表され、新しい素材、新しい仕組みを取り入れています。低重心、低スピンは当たり前になりました。そして、新しい仕組みがトレンドになることもあります。ですが、2017年シーズンは少し違う感じがします。

スポンサーリンク
 

これは、私の勝手な想像なのですが、短尺ドライバーが流行るのではないだろうかと考えています。2017年に入ってからシャフトを短くしたドライバーを使っていた選手が目立ったように感じまし。といっても、今のところはジミー・ウォーカーとリッキー・ファウラーだけですが。キャロウェイのパトリック・リードが以前より短尺ドライバーを使っていましたね。

ジミー・ウォーカーとリッキー・ファウラーの使用ドライバーを調べてみました。
2017年半分過ぎましたが、今年の飛ぶドライバーは?

ジミー・ウォーカー

ジミー・ウォーカーは、2017年SBSトーナメントofチャンピオンズに出場したときには、42インチのドライバーを使っていました。42インチといえば5番ウッドと同じくらいの長さとなりますから、短くて振り易いでしょうね。ドライバーが42インチなので、3番ウッドの方も短くセッティングをして、41.5インチにしていたとのことです。

ジミー・ウォーカーのドライバー


GDOギアカタログ

ジミー・ウォーカーは、タイトリスト 917D2 ドライバーを使っております。もともと、弾き感の強いドライバーですから、シャフトを短くして、思い切り振り抜いていけるようにすれば、さらに弾き感が増してボール初速が速くなるのかもしれませんね。どちらにしろ、シャフトが短いというのは、構えやすさと安心感がありますので、スムーズなスイングができそうなイメージがあります。

タイトリスト 917D2

  • ロフト角8.5°
  • 長さ:42インチ
  • シャフト:Aldila Rogue Silver Limited Edition 80X
  • スイングウェイト D1
スポンサーリンク
 

リッキー・ファウラー

リッキー・ファウラーもドライバーを短くして、2017年 ザ・ホンダクラシック に出場していました。リッキー・ファウラーのドライバーは、43.5インチとなっています。もともと、44.5インチだったドライバーのシャフトを短くして、43.5インチにしたとのこと。そして、フェアウェイキープ率を高めたようです。3番ウッドくらいの長さのドライバーにして、飛距離よりも、ミートさせることとフェアウェイキープを優先させようという考えなのでしょう。

リッキー・ファウラーはご存知の通り日系であることから、体格も欧米人のように大きくはありません。身長も高くありません。となると、短めのドライバーは彼にとっては丁度良い長さなのかもしれません。

スポンサーリンク  

リッキー・ファウラーのドライバー


フェアウェイゴルフUSA

King F7+ ドライバー

  • 長さ:43.5インチ
  • シャフト:Aldila NV2K 70X

ロフト角など細かなスペックは判りませんでした。

スポンサーリンク
 

これからは、飛ばすドライバーではなくて、安心して振り切れるようなドライバーが重宝されるかもしれませんね。実際のところ、ドライバーよりも3番ウッドの方が飛んでいると感じる事もありますし、フェアウェイウッドでのティーショットの方が振り切れて、ナイスショットの確率が高くなります。

もともと、私は身長がそれほど高くありませんから、45インチで460ccというデカヘッドのドライバーには違和感がありましたからね。短いドライバーもこれからはトレンドになるかもしれませんね。

海外選手が使う短めのドライバーというのは、私たちアマチュアにはぴったりなドライバーのように感じます。飛ばすよりも、フェアウェイにボールを置くことができれば、とりあえず次のショットでなんとかできるかもしれませんからね。

日々、精進
がんばります

関連記事

好調のカギは1インチ短い1W ファウラーが4打差首位

ドライバー 売れ筋人気ランキング

2017年 最新モデル激安情報 / 最新モデルのドライバーが格安!
テーラーメイド M2 ドライバー 2017年 39,000円~
GBB EPIC STAR ドライバー 48,800円~
スポンサーリンク
 
SNS シェア