100ヤード前後という距離を狙う

グリーンまでの距離・・・概ね100ヤードというのは打ちやすいですね。やっぱりショートアイアン、またはウェッジを使えるからなのでしょうか。殆どのゴルファーが100ヤード(100ヤード前後)は打ちやすい、得意であると感じているらしいとのこと。50ヤードとか70ヤードとかという距離よりも100ヤード(100ヤード前後)という距離のショットの方が打ちやすいと感じます。それは、使うクラブの特質というか打ち方が大きな影響を及ぼしているように感じるときがあります。

クラブの特質というか、コントロールショットと呼ばれる打ち方ですね。

スポンサー広告

 

ゴルフ場で100ヤードという距離ピッタリを打たなければいけない状況になるというのは、殆どありません。むしろ、100ヤードぴったり飛ばして狙えるクラブがありません。実際のところ、概ね100ヤードという距離が多いです。例えば、90ヤード、95ヤードとか、そういった距離となります。そこで、90ヤード打てるアプローチウェッジで打つのか、100ヤード打てるピッチングウェッジで打つのかという違いが発生します。

残り距離90ヤードを90ヤード打てるアプローチウェッジで打つ・・・という考えもありますが、きっとショートしてしまうかもしれないという不安が過ぎったりもします。または、90ヤードぴったりなので強振してミスショットになるかもしれません。ならば、100ヤード打てるピッチングウェッジで90ヤードを打つという方が良い結果になりそうです。

100ヤード打てるピッチングウェッジで90ヤードを打つ・・・なんだか不思議なのですが、このような打ち方をする人は多いと思いますし、私もそのようにしています。これは、コントロールショットというよりも、本当はピッチングウェッジで90ヤード少々しか打てないということなのかもしれません。ピッチングウェッジでフルスイングをしてみると、意外にもスライスしてしまったりすることもあります。たったの100ヤードという距離でもフルスイングをすると曲げてしまうことがあります。

コントロールショット、抑えて打つ、ラインを出す・・・色々な言葉がありますが、どれもフルスイングではありません。渾身のスイングではありません。渾身のスイングではないし、フルスイングではないからこそ、ミスショットせずに打てるということなのかもしれません。

スポンサー広告

ただ、逆の事も言えます。

軽く打とうとかハーフショットで打とうとか、距離を抑えようとすると、捻転で蓄積されたパワーよりも腕で合わせようとするチカラの方が強くなってしまうことがあります。私の場合は、特には右手が強く入ってしまって、アウトサイドから打つような感じになってしまって左へ引っ掛けてしまうことがあります。左へ引っ掛けるというよりは、明らかに自分で合わせにいっているから、極端なアウトサイド軌道になってしまい、ボールは左へ飛び出してしまうということでしょうね。

100ヤードを狙う というのと 100ヤードを打つというのは意味が違ってきます。100ヤードを打つというのであれば、けっこう簡単に打てたりします。ただ、100ヤードを狙っていくとなると、少々意味合いが変わってきます。打つだけではなくて、狙うわけですから、自分が想い描いている場所にボールを落とすことが必要となってきますから、打つという技術とは別に狙うという技術というか感性が必要となってきます。これが難しさを増しているように思います。

100ヤード飛ばすのは簡単だけど、100ヤードを狙うのはけっこう難しいです。
狙って打てる・・・狙えるショットが出来るようにならなければいけませんね。

日々、精進
がんばります

 

  スポンサー広告
 

 

その他、関連記事がありますので併せて読んでみてください