ゴルフテックシックスパッドで体幹強化
CONTENTS MENU
 

適正なスピン量 と 弾道 と 打ち出し角 で飛距離アップ?

昨今、ドライバーで飛ばすための要素として、打ち出し角、バックスピン量 が必要だということが明確になってきた時代になったと感じます。たしかに、その通りだろうなと思います。スピン量を減らしてしまうとボールが上がり難くなってしまうので、それを防ぐためにロフトアップをして、打ち出し角を適切にするということも当たり前になってきたように感じます。

ただ、低スピンにすることでボールが上がりにくいと感じてしまうようなドライバーも増えてきたなと思うこともあります。やはり、ある程度はボールを上げる事が出来なければ飛距離は出ないと思います。低い弾道でも良いのですが、直ぐに着地してしまっては本当のキャリーを出すことができません。

スピンがあるから、バックスピンがあるからこそボールが浮いて、ボールが上がってくれます。揚力ですね。つまり、スピンはボールを上げるためのエネルギーとなっています。打ち出し角以上にボールが上がる理由のひとつはバックスピンがあるからでしょうね。逆にスピンが多すぎてしまってはボールが高く上がりすぎてしまって、前に飛びません。飛距離をロスしてしまいます。

スピン量を減らして、ボールが上がり難くても、打ち出し角を高めに設定してあげれば、良いという発想になるということはよくわかります。ですから、最近のドライバーは低スピンだけど打ち出し角は適切であるというか、今までよりはロフト角の数字が大きくなっていますね。そして適切な打ち出し角が得られるようなアピールをしています。低スピンなドライバーになってきたから、ロフト角の数字を大きくしようというようなアピールもありましたね。

スポンサーリンク
 

 

ただ、ロフト角が大きくなると・・・スピン量が増えてしまうのでは・・・と思ってしまいます。スピン量が増えるというか、スピンが発生しやすくなってしまうという言い方の方が適切かもしれませんね。といっても、最近のドライバーはスピンを減らすために重心の位置に工夫が取り入れられていますからね。低スピンなドライバーといっても、スピンが無くなるわけではないので、実際のところあまりスピン量は変わらないのかもしれないと思ってしまうこともあります。

ロフト角の数字が8度などの小さい数字、ロフトが立っている方がスピンは掛かりません。スピンが掛からないというか、発生するスピン量が少ないというのが適切かもしれないですね。そして、ロフト角の数字が11度、12度と大きくなっていくとスピンが発生しやすくなります。ある程度の年月に渡ってゴルフをしてきている人であれば判ると思います。

つまり、低スピンなボールを打つことが出来るドライバーなんだけど、結局はスピンが発生してしまうように感じるんですよね。もちろん、今までのドライバーと比べたらスピン量が少なくて、曲がり幅が減ったというゴルファーも多いと思いますから、なかなか一概には言えませんけどね。

さらには、打ち出し角はロフトの数字に2度から4度くらいプラスした角度になることが知られていますから、余計にボールの打ちだし角は高くなるはずです。バックスピン量を減らして、高い打ち出し角で打てば、飛距離が伸びるという考えですね。といっても打ち出し角が高くなるのはギア効果もありますから、結局はバックスピンは掛かります。そして、低スピンなボールは、たしかに理論上は飛距離が伸びそうな感じがします。ただ、ボールが上がるということは、ボールが着地したときにボールが止まりやすいのではと思ったりもします。

低スピンであればボールは上がりにくい・・・だけど、適切な高さでボールを打つことが出来れば飛距離を伸ばすことができる。だけど、打ち出し角を高くするにはロフト角を上げる必要性がある。ロフト角を上げるとスピンは発生しやすくなる・・・という捻くれたことを感がてしまうんですよね。

低スピンのボールが打ちやすいドライバー、ボール初速が速いドライバー・・・などなど最近は革新的なドライバーが増えてきましたが、最新のメカニズムに振り回されない、適切なスイングが最も大切なんだろうなということを再認識しますね。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 

その他、ドライバーに関する記事がありますので併せて読んで見てください。

スポンサーリンク
 
SNS シェア