CONTENTS MENU
 

調子の悪い時に1日 2ラウンドをするという間違い

今年の夏は1日に2ラウンドをこなすということが多くありました。午前7時からスルーで1ラウンドをスタートすれば、午後11時前には1ラウンドが終ります。ですから、その後に午後スルーで1ラウンドをすることができます。よくあるのが追加ハーフ。実は追加ハーフはしたことがありません。9ホールだけというのは、なんだか中途半端で・・・できれば18ホールラウンドをしたいですね。

ということで、蒸し暑い夏日の中、どうしても納得がいかないゴルフだった、なんとも消化不良な感じがするという人が私と、もうひとりの同伴者が2ラウンド目をしようと模索をしていました。

そして、そのゴルフ場でもう1ラウンドしようかということになり、マスター室、または受付で確認をすると、出来ませんとのこと。仕方が無いので同伴者のホームコースで2ラウンドをしようということで連絡を入れたところ、午後1時30分までにスタートができるようにしておいてくれれば午後スルーが可能ですとのこと。さっそく、同伴者のホームコースへ向かいました。

軽く昼食を済ませて、午後1時少し前にスタートをすることができました。午後スルー 18ホールです。2Bです。

54ホールもある広大な敷地面積を持った、このゴルフ場で今からスタートするのは私達だけ。私達の後ろには誰も居ません。巡回キャディさんだけです。

それぞれが、さっきのミスショットや失敗したことを挽回しようと考えながら、いろいろと脳内で自分のゴルフを組み立てながら、2ラウンド目をスタートしていきますが、さすがに2ラウンド目は気持ちが吹っ切れているからから、ティーショットもしょっぱなからナイスショットが出ます。ナイスショットは出るのですが、スコアに反映されないんですよね。

午前中のラウンドを思い出しながら、ダフったときのことや、トップしたりというミスショットをしたことを反省しながら、ラウンドをするのですが、調子の悪い時に2ラウンドしても、やはり2ラウンド目も調子が悪いままというのを感じましたね。
というよりも1日に2ラウンドをこなしていて、とある気付きを得ることが出来ました。

その気付きというのは、頭の中で考えてゴルフをしているということです。言葉を変えると悶々としているという感じでしょうか。自分の何が悪かったのか、腕が入っているのか、左足の踏ん張りが悪いのかなとか考えながらゴルフをしているということがいけないということです。

例えば、パターの場合なんかであれば、自分ではナイスパッティングをしているはずだと思っていてもカップインしないことがあります。そういうった場合は、何故入らなかったんだろうな、3パットしちゃった。次は2パットでカップインさせないといけないなと考えながら次のホールのティーグラウンドに立つわけになります。何故カップインしなかったんだろうなと考えながらティーショットをしますから、ティーショットに良くない影響を及ぼしてしまうことがあります。

もし、前のホールでナイスパッティングでナイスインしていれば、次のホールのティーショットは気持ちよく振り切れて、ナイスドラビングだったかもしれません。それは、次のホールのティーショットにつながる良いパッティング ということですね。

1日 2ラウンドゴルフも似たようなことが言えると思います。

つまり、午前中の1ラウンド目が悪かったから、午後からの2ラウンド目がナイスラウンドになることは・・・難しいのかもしれないですね。午前中の1ラウンド目での不安や悩みなどを引きずったままですから、2ラウンド目もうまくいかないということですね。

午前中の1ラウンド目がナイスラウンドの場合は、午後からの2ラウンド目もナイスラウンドであることが多かったです。もちろん、1日に2ラウンドをしてナイスな結果を出す人も居ますけどね。

日々、精進
がんばります

 

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
関連投稿記事
首が痛い 【 頚椎椎間板ヘルニア? 】 今までほったらかしにしていたのですが、実はゴルフ練習をした後やゴルフラウンド後に首に違和感があるなと思っていました。痛いというか、硬いというか、首を回し難い感じがしていました。ゴルフというスポーツの動きとして、頭は動かさずに肩や身体だけを回転させたりしますので首に負担が掛かるんだろうなと思っていて、...
飛距離計測GPSはゴルファーの精神安定剤 ゴルフラウンドで飛距離計測ができるGPSを使うことが悪いとは思っていません。コンペや競技で使用することが禁止されていれば、使わなければ良いだけですから。私もGPS計測器を使ってラウンドをすることはあります。 それは、競技前の練習ラウンドで、ティーショットで打ったボールがどれくらい飛んでいるのか、...
飛距離でスコアを作るのが今の時代のゴルフ? 飛距離でスコアを作るというのが今の時代のゴルフなんだと思います。とにかく飛ばす。ティーショット、ドライバーでは飛距離を出して、出来る限り飛ばして目的のカップにボールを近づけておくというのが今の時代のゴルフ・・・そんな気がします。 ボールを最初から飛ばして、グリーンまでの距離を縮めておけば、いつかは...
飛距離アップする方法はいくつかに分類される ゴルフというスポーツの中で飛距離アップをさせる方法というのはいくつかの課題に分類されると思います。というのもホームコースの先輩達と飛距離アップに関して色々なディスカッションをていると様々な意見を聞くことが出来ますので、とても勉強になります。ディスカッションと言っても、コーヒーを飲みながらの談話なので...
飛ぶ人は年齢や老化に関わらず飛ぶ 先日のラウンドで、たまたま、組み合わせになった人が64歳というベテランの人でした。アプローチとパターが、とても上手な人でした。しかも、飛ぶ人です。64歳とは思えないほど、飛ばしてきます。 私と同じくらい飛びます。いえ、私よりも飛んでいました。年齢が64歳だから飛ばないと思っていたわけではありませ...
SNS シェア