CONTENTS MENU
 

色々なゴルフボールのこと

ゴルフボールに拘りを持っているというゴルファーは多いはずです。自分が打つボールなのですから、自分が使用するボールに興味を持つのは当たり前ですよね。

スポンサーリンク
 

硬いボールが良いと思って、硬いボールばかりを使っている時期があったのですが、硬いボールはミスショットをしたときに強い衝撃が手に残ることがあります。きれいにクラブのフェースでボールを捉えられていないので、クラブがボールにヒットするときの衝撃だけが残ってしまうんでしょうね。

今までに色々なボールを使ってきましたが、もっとも飛ぶというか、感触が良いなと思ったボールは、実はレディース用の柔らかいボールなんですよね。ボールが柔らかいのでドライバーでのインパクトではフェースに張り付くような感触がします。なんともいえない柔らかい手応えがあります。

その柔らかさからなのか、ボールが着地してからもとても弾んでくれました。ボールが弾んでくれればナイスキックの確率も高まります。悪い方向へキックすることもありますけど。レディース用のゴルフボールは柔らかいだけではなくて、すこし軽い感じがするんですよね。その軽さも手伝っているから飛ぶと感じるのかもしれませんね。

ただ、グリーン上でのボールの転がりに関しては、あるていどの硬さがあったほう良いと感じますね。柔らかいボールの場合は、ボールがブレるような感覚がします。ボールがブレることなんて有り得ないので、そんな気がするだけなのかもしれません。ボールが柔らかいということはコアが圧迫されやすくて弾みやすいわけですから、転がすだけでコアに振動が伝わり、その振動でボールがブレるというか弾むような感覚がしますね。これは、私の思い違いなのかもしれませんけど。ボールを転がすだけの振動でボールがブレたり、弾むということは無いのかもしれませんね。

飛ぶボールとか、硬いボールというのは、本当にハードヒッターなゴルファー向けなんだと思います。ヘッドスピード40そこそこの私のようなゴルファーはレディース用の柔らかいボールで十分なんだろうなと思います。

ですが、ゴルフボールが重いとそれなりのメリットがあります。慣性が付きますので直進性が増しますので、風の影響を受けにくくなると言われています。そのため、飛ぶ・・・と言われています。さらには、ボールが小さい方が空気抵抗、摩擦抵抗が少なくなるので、風の影響を受けにくいと言われています。そういった理由があるからなのか、ゴルフボールの重量には制限があり、1.62オンス(45.93グラム)以下とされています。そして、ゴルフボールの直径は1.68インチ(42.67mm)以下と定められています。

少しでも飛距離を伸ばそうと考えているゴルファーはボールにも拘りを持っていたりもします。飛ばないなと思ったらボールとクラブの相性が悪いのかもしれませんね。

Pro V1 Design & Technology

私はタイトリストのボールを使っていますが、最近は色々なメーカーのボールを使っています。どのボールが飛ぶのか、インパクトの感触などを探っています。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
SNS シェア