CONTENTS MENU
 

第145回 全英オープン 来週開催

第145回 全英オープンが来週開催されますね。面白い情報が入ってきましたのでシェアします。というのもAbemaTVで全英オープンの生中継が無料で見れるとのことです。ブログで有名なサイバーエージェントとテレビ朝日が共同出資したのがAbemaTVです。とても興味深いですね。

関連ニュース記事
ゴルフ界最古のトーナメント「第145回全英オープン」を 4日間連続無料で生中継

 

スポンサーリンク
 

 

第145回全英オープン 概要

  • 開催日程 : 2016年7月10日~2016年7月17日
  • 開催ゴルフ場 : ロイヤル・トゥルーン・ゴルフクラブ
  • 賞金総額: : $9,300,000
  • FedExCup Points : 600

 

全英オープン過去の優勝者

The Open の オフィシャル INSTAGRAM があるのですが、過去に優勝した選手を紹介しています。100年以上前の選手の写真があったり、動画もあったりします。別の意味で驚きました。

The Openさん(@theopen)が投稿した動画


▲1902年の全英オープンで優勝したサンディー・ハードのスイング動画です。本物なのでしょうか? サンディー・ハードといえば、ハスケル・ボールを使用して優勝をしたということで話題となりました。ハスケル・ボールというのは、ラバーコア、糸巻きボールの原型みたいなボールです。スイングするクラブが短くなっていきますから、ドライバー、アイアン、ウェッジという感じなのでしょうか。グローブ無しで、不思議な握り方です。

 

The Openさん(@theopen)が投稿した写真


▲1920年に全英オープンで優勝したジョージ・ダンカンです。早打ちダンカンとか呼ばれていたとか、書籍で読んだことがあります。パットも、パッと直ぐに打ってしまうとか。構えたら直ぐに打つ、これが勝てるゴルフの秘訣?なのかもしれませんね。隣は彼の息子さんだそうです。

 

The Openさん(@theopen)が投稿した写真


▲1923年に優勝したアーサー・ヘイバーズです。今年2016年の全英オープンの舞台となるロイヤルトゥルーンで優勝をしました。過去と現在ではコースの違いはあるのでしょうか? ゴルフクラブとボールの進化はあると思いますが・・・。

 

The Openさん(@theopen)が投稿した写真


▲去年 2015年に優勝をしたザック・ジョンソンです。このガッツポーズはお決まりスタイルになりつつありますね。Titleist から PXGに移って、今年はどのようなゴルフをするのか楽しみです。

 

スポンサーリンク
 

 

グレーム・マクドウェルが既に練習

気が早いグレーム・マクドウェルは既にロイヤル・トゥルーンで練習をしているようですね。よく知られていることですが、彼の使用するクラブは SRIXONです。もしかしたら、新モデルのZ65シリーズを使うかもしれませんね。


▲Z765アイアン、Z965アイアン。どうやらテスト中とのことです。

 


▲ロイヤル・トゥルーンの1番ホールだそうです。なんだか、寒そうですね。

 


▲ロイヤル・トゥルーンのPAR3 8番ホールだそうです

 


▲ロイヤル・トゥルーンの18番ホールだそうです

 

全英オープン開催は来週です。その他、全英オープン対策として特殊なクラブを導入する選手が居たりするのですが、その辺りもどのようなクラブを使うのが興味ありますね。
今から楽しみです。

 

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
関連投稿記事
首が痛い 【 頚椎椎間板ヘルニア? 】 今までほったらかしにしていたのですが、実はゴルフ練習をした後やゴルフラウンド後に首に違和感があるなと思っていました。痛いというか、硬いというか、首を回し難い感じがしていました。ゴルフというスポーツの動きとして、頭は動かさずに肩や身体だけを回転させたりしますので首に負担が掛かるんだろうなと思っていて、...
飛距離計測GPSはゴルファーの精神安定剤 ゴルフラウンドで飛距離計測ができるGPSを使うことが悪いとは思っていません。コンペや競技で使用することが禁止されていれば、使わなければ良いだけですから。私もGPS計測器を使ってラウンドをすることはあります。 それは、競技前の練習ラウンドで、ティーショットで打ったボールがどれくらい飛んでいるのか、...
飛距離でスコアを作るのが今の時代のゴルフ? 飛距離でスコアを作るというのが今の時代のゴルフなんだと思います。とにかく飛ばす。ティーショット、ドライバーでは飛距離を出して、出来る限り飛ばして目的のカップにボールを近づけておくというのが今の時代のゴルフ・・・そんな気がします。 ボールを最初から飛ばして、グリーンまでの距離を縮めておけば、いつかは...
飛距離アップする方法はいくつかに分類される ゴルフというスポーツの中で飛距離アップをさせる方法というのはいくつかの課題に分類されると思います。というのもホームコースの先輩達と飛距離アップに関して色々なディスカッションをていると様々な意見を聞くことが出来ますので、とても勉強になります。ディスカッションと言っても、コーヒーを飲みながらの談話なので...
飛ぶ人は年齢や老化に関わらず飛ぶ 先日のラウンドで、たまたま、組み合わせになった人が64歳というベテランの人でした。アプローチとパターが、とても上手な人でした。しかも、飛ぶ人です。64歳とは思えないほど、飛ばしてきます。 私と同じくらい飛びます。いえ、私よりも飛んでいました。年齢が64歳だから飛ばないと思っていたわけではありませ...
SNS シェア