石川遼 2位 フジサンケイクラシック

フジサンケイクラシックはチョ・ミンギュ(趙珉珪)が優勝しました。石川遼選手は惜しくも2位でしたが、とても価値と意味がある2位だったと思います。フジサンケイクラシックが開催される前日には、「ガンガン攻めます」という心意気の通り、最終日はガンガン攻めていました。

スポンサー広告

ティーショットを少し右に曲げてしまって、木にあたってラフに入ってしまいましたが、そんなショットの時でも今までのようにドライバーを手から離すとか、苦しい表情をすることなく、フィニッシュを決めたままボールの行方を見続けていたのが印象的でした。

しかも、直ドラにトライするなど、強い姿勢でゴルフをしていました。
これからの活躍が楽しみです。

そして、優勝したチョ・ミンギュ(趙珉珪)も粘り強いゴルフをしますね。めちゃくちゃ飛ぶという感じのゴルファーではないのですが、丁寧にスコアをつくってくるのが印象的でした。5年ぶりの優勝とのことです。自身も5年待った甲斐があったと発言していました。

日本のゴルフを強くする

石川遼選手はCASIO計算機に所属をしています。CASIOからは自分のスイングチェックをするためのカメラが発売されています。紹介動画もありましたのでシェアします。

スポンサー広告
 

関連ニュース記事
石川遼は会心の1打で復調 連続V逃すも納得の2位

その他、関連記事があります