CONTENTS MENU
 

短いクラブの方が飛ぶと感じるその理由は

中部銀次郎さんの書籍 ゴルフの神髄に書かれている内容なのですが、グリーンを狙ったアイアンショットの時にアイアンの番手選びを思い起こしながら書き起こしている文節があります。同伴者の番手選びから様々な事が見えてくることが書かれています。

スポンサーリンク
 

グリーンまでの距離をイメージして、キャリーでバンカーを越えてグリーンを捉えることが出来るか・・・ゴルフは手前から攻めるという考えからなのか短い番手を選ぶ人も居るし、迷ったら大きめの番手を選ぶ人も居る・・・考え方は人それぞれですから、クラブ選択も人それぞれです。他の人の番手選びというのは、その人の考え方というのが見えてくるので、とても興味深いですね。そして、アイアンの番手選びに関する文節からは、他のクラブ選択にも通じる考え方も見えてきますので、とても興味深いです。

その番手選びに関する文節の中でとても興味深い事が書かれていました。

ゴルファーは8番アイアンと7番アイアンの飛距離差が何ヤードなのかを把握していないことが多い。過去のショットを思い起こしてみると、8番アイアンも7番アイアンもあまり距離が変わらないこともあるし、場合によっては8番アイアンの方が飛んでいることもあったりする。その理由としては、ゴルフクラブは短い方が正確に打てる確率が高いからとのこと。

長いクラブは距離が出るが、それは正確に芯で打てた場合の事に過ぎない・・・短い番手を持って、届くだろうか? と疑いながら打つとチカラが入ってしまう。クラブのフェースに強く当たれば、左への引っかけが出てしまう・・・と書かれています。

8番アイアンと7番アイアンの長さの違いは半インチ程度。半インチというのは1インチは2.54センチ。ですから、2.54センチの半分で、1.27センチです。たったの1センチ少し短いだけでも正確に打てる確率が高まるというのは、理解できます。6番アイアンよりも7番アイアンの方が打ちやすく感じるし、7番アイアンよりも8番アイアンの方が打ちやすく感じます。

・・・これは、アイアンの番手選びの話なのですが、その番手選びの考え方に関しては、他のクラブにも通用する考え方だなと思いました。とても勉強になります。それは、5番アイアンと6番アイアンも似たような事が言えます。5番アイアンと6番アイアンの飛距離差があまり変わらないと感じる人も居るはずですし、実は6番アイアンの方が5番アイアン並に飛ぶという場合もあります。それは、6番アイアンの方が5番アイアンよりも短いので、正確に芯でボールを捉えて打つ確立が高いからということでしょうね。

スポンサーリンク
 

短いクラブの方が正確に打てる確率が高い・・・という考え方を他のクラブに当て嵌めて想像してみると、なかなか面白いお話になります。例えば、ドライバーよりもスプーン(3番ウッド)に関しても似たような事が言えますね。スプーン(3番ウッド)の方が短いから正確に打てる確率は高くなります。ならば、スプーン(3番ウッド)よりもバッフィー(4番ウッド)の方がもっと正確に打てる確率は高くなってきます。ボールを芝生の上から打つのか、ティーアップしたボールを打つのかは度外視していますが、ティーアップしたボールを打つということを前提にして想像をしてみると、ウッド系のクラブも短いクラブほど打ちやすいと感じます。

その昔、タイガー・ウッズが44.5インチという短いドライバーを使っていたことも理解できますね。もっと昔は44インチよりも短いドライバーを使っていました。といっても本当に昔のお話しですからね。

短いクラブの方が正確に打てる確率が高いから、短いクラブの方が飛ぶ というのは平均すると短いクラブの方が飛んでいるということでしょうね。平均すると、ミスが少ないし、曲がらないし、実は長いクラブよりも飛んでいるということになるのだろうと思います。

7番アイアンと8番アイアンを比べたら、やっぱり7番アイアンの方が飛ぶだろうと思います。ただ、8番アイアンの方がナイスショットの確率が高いということですね。ウッド系のクラブも同じような事が言えますね。

つまり、自分のスイングが悪いのか・・・ということになってしまいます。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
関連投稿記事
髪の毛1本を引っ張ってもらっているようなイメージでアドレス... 中部銀次郎さんはアドレスをとても大切にしていました。それは、中部銀次郎さんの書籍 「 中部銀次郎の第一打 (ゴルフダイジェスト文庫) 」 の中からも読み取ることができます。ゴルフはアドレスに始まり、アドレスで終わるのだから、ショットをする前のアドレス、つまり姿勢がとても大事だということを伝えようとし...
飛距離を決定するのはシャフトの長さだけ 中部銀次郎さんのゴルフクラブ観というものが垣間見れる文節があります。その内容は・・・飛距離を決定する唯一の条件といえば、シャフトの長さではないのか。いろいろなクラブを試してみて、それぞれの素材の反発係数はスイートスポットで打っている限りは殆ど差が無いように思える・・・という文節があります。 シャ...
頭を動かさない軸を意識したショット 【 ヘッドアップしない 】... 中部銀次郎さんはヘッドアップをしないために壁に頭をつけてスイングの練習をしていたと書籍に書いています。頭が動けば壁にぶつかってしまう・・・だからこそヘッドアップをしないスイングの練習になるということです。 ヘッドアップをすると良くないことばかりが起きます。スライスを誘発させたりもします。というの...
青木功と中弁銀次郎の出会い 青木功さんと中部銀次郎さんが初めて出会ったときのことが書籍に記載されていました。書籍とういよりは漫画なんですけどね。短編で読みやすいです。青木功さんが研修生としてアルバイトをしているゴルフ場に中部家 家族がラウンドに来たということが、初めての出会いだったようですね。 研修生だった青木功さんは、キ...
迷うゴルフは危険 中部銀次郎さんの書籍 ゴルフの真髄に書かれている内容で興味深い文節がありました。同伴者が問題は13番ホールだ・・・というところから始まります。 距離はバックから417ヤード、フロントから385ヤード。ティーグラウンドからゆるい打ち下ろしとなっており、200ヤードから270ヤードが平らになっている...
SNS シェア