真夏のリオフジワラカントリー 2016年

夏休みに三重県のリオフジワラカントリーに行ってきました。やはり、三重県のゴルフ場は広いというか、敷地面積も大きくとってありますから、窮屈な感じがしないというのが良いですね。レギュラーティーからでも全長6,400ヤードほどあるのですが、やっぱり距離が長いなと感じさせてくれます。

スポンサー広告

 

フェアウェイは広いのだけど、OBゾーンが迫ってきている箇所もあり、広いけど浅いという不思議なプレッシャーがあったりもします。広いとか、狭いとかというよりも、セカンドショット以降は左足下がりのショットが続くホールもあります。これが、とても難しいのです。グリーンまで100ヤードくらいという距離まで無難に運んできたのに、たった100ヤードの距離でも左足下がりのショットは難しく感じてしまいます。

フェアウェイは広くても、フェアウェイの真ん中に木が植えてあるようなホールもあります。自ずとフェアウェイの左か右を狙っていくことになるのですが、とてもリスキーなショットとなりますので、飛ばせば良いという訳でもありません。次のショットを考えてボールを運ばないと大変なことになってしまいます。

慣れてくるとスコアメイクをする方法というか、攻め方が判ってくるのですが、なかなか思い通りにいきませんね。PAR4 ミドルホールで400ヤードくらいで、上りになっているホールは苦しかったですね。必死で距離を縮めようとしていましたから。飛ぶ人は楽なのかもしれませんけどね。

 

リオフジワラカントリークラブ
▲ティーショットは打ち下ろし。立田コースです。

 

リオフジワラカントリークラブ
▲けっこうグリーンは小さいです。ちなみに2グリーンです。

 

リオフジワラカントリークラブ
▲ここから100ヤード。ティーショットが左に飛びすぎるとカート道で跳ねてしまって即OBになってしまうという、リスキーなホールです。

 

今年の三重県は雨が少なかったらしく、芝生が枯れてしまっています。緑色に黄色が混じってますが、少し枯れているからでしょうね。まるで、果物のメロンみたいですね。コース全長の距離が長くても距離が短くても、あまりスコアは変わりませんね。やっぱり、ゴルフは距離じゃないのかもしれませんね。

 

PR
リオフジワラカントリークラブ 予約 【 GORA 】
リオフジワラカントリークラブ 予約 【 GDO 】

 

スポンサー広告
 

 

その他、関連記事がありますので併せて読んでみてください