CONTENTS MENU
 

片山晋呉のパッティング・ルーティン

片山晋呉選手が少し変わったパッティング・ルーティンをしているとのことで話題になりました。パターのフェース面を真っ直ぐ合わせてから、90度反転してからストロークをするという今までに見た事が無いパッティング・スタイルです。片山晋呉選手のパッティング・スタイルは本当に独創的で個性的で常に新しい事を考えて、そして取り入れていこうという姿勢が見えてきます。以前は、ふすまを閉める時の仕草からヒントを得たというストロークをしていましたね。

スポンサーリンク
 

 

ゴルフというスポーツは目標に対して身体を横ににして、平行にしてボールを打ちます。となると、目標に対しては真正面から両目で目標を見ているわけではないので、遠近の誤差が出る可能性があるというのは、なんとなく判ります。その遠近の誤差やフェース面のズレなどを真正面から確認して合わせる事で、より精確性の高いパッティングをしようという考えから、片山晋呉選手は90度反転するストロークを考え出したのでしょうね。

片山晋呉選手のルーティンは、とても興味深いですね。真正面のままでストロークをしてら、サイドサドル・スタイルのパッティングになります。サイドサドル・スタイルと全く同じではありませんが、フェース面を目標のカップに合わせる時の挙動が似ています。

長尺パターのアンカリング規制などもあり、選手を悩ませる課題が増えてきます。ショットが良くてもパッティングが悪ければスコアにつながりませんからね。常に新しい考えを取り入れて、実践するというのは、素晴らしい事ですね。

片山晋呉選手の独創的なパッティング・スタイルを見ていたら、PTスナイパーというサイドサドル・スタイル用のパターがあるということを思い出しました。

 

1.2mの距離のパッティング(其の1) —4ft putting with PTSniper—

以前にも紹介をしたPTスナイパーというサイドサドル・スタイルのパッティング動画です。目標のカップに対して真正面に立ち、フェース面を合わせます。そして、そのままストロークをします。

 

side saddle putting with PTSniper

 

スポンサーリンク
 

 

関連ニュース記事
片山晋呉が世界のメディアをざわつかせた パットのルーティン「プロっぽくない」って本当?

スポンサーリンク
 
関連投稿記事
高いフェード(スライス)と低いドロー(フック) ある程度、ボールが打てるようになってくるとドローボールを打ちたいとか、フェードを打ちたいとか、少しずつレベルアップを目指しながらボールをコントロールするようなことをも練習していくのですが、真っ直ぐボールを飛ばすというのが基本ですね。 というよりも真っ直ぐ飛ばせるようになることが重要だと思います。...
飛距離は天性のモノなのだろうか ドライバーで飛ばす人を見ていると必ずしも身長が高いわけではありません。また、筋骨隆々というわけでもありません。身長が低い人でも飛ばす人は居ます。身長が高くても飛ばないという人も居ます。 私は今までに何本もドライバーを買い替えて、色々とトレーニングをしたり、ゴルフレッスンの先生の指導のもとスイングを...
飛距離アップする方法はいくつかに分類される ゴルフというスポーツの中で飛距離アップをさせる方法というのはいくつかの課題に分類されると思います。というのもホームコースの先輩達と飛距離アップに関して色々なディスカッションをていると様々な意見を聞くことが出来ますので、とても勉強になります。ディスカッションと言っても、コーヒーを飲みながらの談話なので...
雨ゴルフは仕事が増えて飛距離が落ちる 雨ゴルフは嫌いではありません。 ですが、好きではありませ。 ただ、雨ゴルフは仕事が増えるので、それが厄介ですね。 傘をささなきゃいけないし、グローブが湿ったりしないようにしなきゃいけないし、グリップが濡れたらふかなきゃいけないしということで、色々と動作が増えるので・・・仕事が増えます。その煩わし...
長めのクラブでゆっくり振るのか 短めのクラブでおもいきり振るのか... ソニーオープンinハワイでジャスティン・トーマスが優勝しました。その時の映像を録画しておいて、後から見ていました。解説の方が、とても興味深い表現をしていました。ジャスティン・トーマスのグリーンを狙ったアイアンショットの精度の高さを、長めのクラブでゆっくり振るのか、短めのクラブでおもいきり振るのか、よ...
SNS シェア