海外でも新しいドライバーは話題

Titleist 917D2、917D3 ドライバーが発表されて話題となっていますが、海外でも同じ様に話題となっているみたいです。タイトリスト所属の選手は最近の試合では 917D2、917D3 ドライバーを使用しているとのこと。

以下の選手が既に917D2、または917D3を使用しているとのことです。

  • アダム・スコット : 917D2
  • ジミー・ウォーカー : 917D2
  • ジェイソン・ダフナー : 917D2
  • ケビン・ナ : 917D3
  • グレッグ・チャーマーズ : 917D2

 

スポンサー広告

 

Titleist 917D2 と アダム・スコット

 

6月末頃くらいから、917D2ドライバー、917D3ドライバー、917Fフェアウェイウッド、917Hハイブリッドなどがプロトタイプとして使用されているとのことです。ちなみに、917D2、917D3 は 秋頃に発売される予定とのことです。

 

スポンサー広告

 

松山英樹と新しいドライバー

PGATOUR.COMサイトにEQUIPMENTというゴルフクラブに関する情報やニュースなどのコンテンツがあります。そのなかの記事のひとつに、松山英樹がドライバーを変更したという内容も記載されていました。

EQUIPMENT / Equipment roundup: WGC-Bridgestone 【 pgatour.com 】

 

松山英樹が使用していた ZR-30ドライバーは2008年のモデルであり、現代のゴルフクラブ用品の品質水準から比べると、クラシカルであるが松山英樹の主力だった。Z765プロトタイプをテストしたが、ZR-30に戻した。次にZ565をテストした。ドライバは、クラウンを包み込むカップフェースのデザインが施されています。より速いボールスピードを高める。というような事が英語で記載されており、松山英樹が新たに導入した SRIXON Z565 ドライバーも注目されているようです。

 

その他、関連記事がありますので併せて読んでみてください

 

  スポンサー広告