CONTENTS MENU
 

極論はボールを何処に運ぶかなのですが・・・

ラウンド中に頭の中を巡る事といえば、先程のドライバーショットは右に曲がったな、今のアイアンショットは少しダフってたな、アプローチは少し噛んだ・・・というようにナイスショットを目指そうという考えばかりが頭の中に浮かんでは消えていきます。

スポンサーリンク
 

ショットした後に自分のスイング、ショットを確認するかのように素振りをしつつ、首を傾げながら疑問を抱きつつ次のショットへ向かいます。そして、悩みながらのゴルフを続けていくという状況になります。という状況になると、おかしいな・・・と思い悩みながらゴルフをするという辛い時間が待ち受けています。

どれだけゴルフを長く続けていても必ずと言ってよいほどゴルフ場で自分のスイングのことショットのことを考えてしまいます。それは、ミスショットしたりすると余計に気になってしまいます。先程のアイアンでのダフりが無かったらなとか考えてしまいます。

ですが、ゴルフというスポーツでの目的はボールをカップに入れることですから、必ずしも遠くに飛ばせば良いという訳ではないし、極論はボールを何処に運ぶかということになります。次のショットが打ちやすい所にボールを運ぶということが大切な事となります。

ハザードがあればハザードに捉まらない安全なところ。
OBが怖いのであればOBを避けられる安全なところ。
本当はフェアウェイの真ん中が最もGood。

ただ、考え方をもっと複雑にして、難しくしていくと、今以上に遠くの場所で尚且つ良い所にボールを運びたいという気持ちを持つようになってきます。別に真っ直ぐ飛ばなくても良いのです。遠くへ飛ばすということは、グリーンに出来る限り近づけられるようにしたいという考えです。そのためには、相応の飛距離が必要となってきます。本当は曲がらずに狙ったところにボールを運ぶことが重要だろうとは思いますが。

中部銀次郎さんの書籍にも書かれていたりすることなのですが、飛ばしたい、飛距離アップをしたい、というような目的の場合は、その為の処方を書くのが難しいと説明されています。ハンディキャップを縮めるためにも飛距離アップもしたいという場合には処方の仕方があるというようなことが書かれていました。つまり、目的が明確になっているのかどうかということだろうと思います。

つまり、単純に飛ばしたい、飛距離アップをしたいというのは、ボールを遠くへ飛ばしたいという欲求を満たすことが目的となっている。だが、ハンディキャップを縮めたいから飛距離アップをしたいというのは自分のゴルフ展開を今よりも良くしたいということ。これは、根本的な目的が違うということに気付きますし、考え方が全く違います。

もしかしたら、今の私が飛距離アップを目指しているのは、単純に飛ばしたいだけなのかもしれません・・・となると飛ばす必要性があるのか? ということになります。

もしティーショットの平均飛距離をアップさせるのであれば、中部銀次郎さんならばドライバーを使わずにスプーン、バッフィーなどを使えば平均飛距離がアップすると答えるはずです。それは、ドライバーの方がミスが多いから使用しない。スプーン、バッフィーであればミスが少ない。もともとドライバーよりも飛距離が出ないけど、ミスが少ないからフェアウェイをキープする確率も高くなる。だから平均飛距離がアップするということになります。

色々な事由を理解しつつも、やはり私は飛距離アップがしたいと考えていますし、飛んでくれた方が助かるし楽なゴルフが出来る・・・という気持ちがあります。ゴルフは遠くにボールを飛ばせば良いという訳ではありません。それは理解しています。極論はボールを何処に運ぶかなのかということも理解しています。何処に運ぶか・・・そして併せて遠くにボールを運びたい・・・これに挑戦をしていきたいと考えています。

中部銀次郎さんの書籍を読み漁っているゴルファーとは思えないような考えなのですが・・・飛距離は諦めたらおしまいですから、諦めることなく飛距離アップを目指していきます。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
関連投稿記事
髪の毛1本を引っ張ってもらっているようなイメージでアドレス... 中部銀次郎さんはアドレスをとても大切にしていました。それは、中部銀次郎さんの書籍 「 中部銀次郎の第一打 (ゴルフダイジェスト文庫) 」 の中からも読み取ることができます。ゴルフはアドレスに始まり、アドレスで終わるのだから、ショットをする前のアドレス、つまり姿勢がとても大事だということを伝えようとし...
首が痛い 【 頚椎椎間板ヘルニア? 】 今までほったらかしにしていたのですが、実はゴルフ練習をした後やゴルフラウンド後に首に違和感があるなと思っていました。痛いというか、硬いというか、首を回し難い感じがしていました。ゴルフというスポーツの動きとして、頭は動かさずに肩や身体だけを回転させたりしますので首に負担が掛かるんだろうなと思っていて、...
飛距離計測GPSはゴルファーの精神安定剤 ゴルフラウンドで飛距離計測ができるGPSを使うことが悪いとは思っていません。コンペや競技で使用することが禁止されていれば、使わなければ良いだけですから。私もGPS計測器を使ってラウンドをすることはあります。 それは、競技前の練習ラウンドで、ティーショットで打ったボールがどれくらい飛んでいるのか、...
飛距離を決定するのはシャフトの長さだけ 中部銀次郎さんのゴルフクラブ観というものが垣間見れる文節があります。その内容は・・・飛距離を決定する唯一の条件といえば、シャフトの長さではないのか。いろいろなクラブを試してみて、それぞれの素材の反発係数はスイートスポットで打っている限りは殆ど差が無いように思える・・・という文節があります。 シャ...
飛距離でスコアを作るのが今の時代のゴルフ? 飛距離でスコアを作るというのが今の時代のゴルフなんだと思います。とにかく飛ばす。ティーショット、ドライバーでは飛距離を出して、出来る限り飛ばして目的のカップにボールを近づけておくというのが今の時代のゴルフ・・・そんな気がします。 ボールを最初から飛ばして、グリーンまでの距離を縮めておけば、いつかは...
SNS シェア