松山英樹 優勝時のセッティング ヒーローワールドチャレンジ

ヒーローワールドチャレンジで優勝した松山英樹選手のセッティングが紹介されていましたのでシェアします。どうやら、ドライバーはキャロウェイ グレート ビッグバーサーと自分のスイング相性が良いからなのか、使い続けているようです。

スポンサー広告

 

松山英樹 セッティング

ドライバーはキャロウェイ グレート ビッグバーサーとなっています。WGC HSBCチャンピオンズ で優勝したときのセッティングと比較すると、スプーン(3番ウッド)が、RBZ Stage2 だったのですが、キャロウェイのビッグバーサーフュージョンに変更しています。ビッグバーサーフュージョンは、日本では未だ発売されてなかったと思います。ですから、USモデルのスプーン(3番ウッド)を使っているということですね。

ドライバーがキャロウェイなので、スプーンもキャロウェイにして、クラブのバランス、感触を合わせようとしているのかもしれませんね。

以前は、パターに悩みがあるとのことでマレット型のパターをテストしていたという情報もありました。今現在は、スコッティキャメロン GSS Newport 2 Timeless に落ち着いているようです。

  • Driver: Callaway Great Big Bertha (Graphite Design DI-8TX shaft), 9 degrees
  • 3-wood: Callaway Big Bertha Fusion (Graphite Design DI-9TX), 15 degrees
  • Iron: TaylorMade M2 Tour (3-iron; True Temper Dynamic Gold AMT Tour Issue S400 shaft), Srixon Z945 (4-PW; True Temper Dynamic Gold Tour Issue S400 shafts)
  • Wedges: Cleveland Golf 588 RTX 2.0 Precision Forged (52, 56 and 60 degrees; True Temper Dynamic Gold Tour Issue S400 shafts)
  • Putter: Scotty Cameron GSS Newport 2 Timeless
  • Ball: Srixon Z-Star XV

Winner’s Bag: Hideki Matsuyama

 

スポンサー広告

 

キャロウェイ ビッグバーサー フュージョン

アメリカで発売されたばかりの新しいモデルです。
日本では販売されていないようです。


▲キャロウェイ ビッグバーサー フュージョン FW

ドライバー、フェアウェイウッドも超軽量カーボンを使用しており、重心を低くしています。重心を低くして、スイートスポットよりも少し上でボールを打てるようにして、低スピンなボールが簡単に打てるようにしているのだと思います。ヘッド形状が丸形というよりは、三角形に近い形状となっています。


▲キャロウェイ ビッグバーサー フュージョン ドライバー

ドライバーの方が、ヘッドクラウン部分にカーボンを使用しているというのが、写真でも見て判りますね。ヘッドの軽量化が実現できれば、自然と低重心なクラブとなりますから、低スピンなボールをオートマチックに打てるのだろうと思います。

 

スポンサー広告
 

 

その他、関連記事がありますので併せて読んでみてください