松山英樹のヘッドスピード・飛距離・ミート率など

ジョーダン・スピース と 石川遼選手の飛距離、ヘッドスピード、ミート率を調べたので、今回は松山英樹選手を調べてみました。飛距離、ヘッドスピード、ミート率などが PGATOURサイトに記載されていますので、その記述を元にまとめてみましたのでシェアします。

ちなみにミート率という言葉は海外では SmashFactor スマッシュファクターと呼ばれています。さらに、ヘッドスピードはマイル表記となっていますので、メートル毎秒に計算しなおさなければいけません。

スポンサーリンク
 

 

松山英樹の2016年 STATS

さっそく、松山英樹選手のSTATSを調べてみましたので記載しておきます。
松山英樹のSTATSを調べてみました。ざくりと下記の数値となります。

PGATOUR STATAばっすい

  • DRIVING DISTANCE 298.8
  • CLUB HEAD SPEED 114.24
  • Smash factor 1.485

 

今までと同じ様にヘッドスピードがマイルとなっていますので、これをメートル毎秒に変換します。ヘッドスピードとミート率が判れば、ボールスピードを計算することが出来ます。

  • ドライビングディスタンス平均 298.8ヤード
  • クラブヘッドスピード平均 114.24 mph( 51.06m/s )
  • ミート率平均:1.485
  • ボールスピード:75.8241m/s

 

ちなみにフェアウェキープ率、パーオン率は以下の通りです

  • DRIVING ACCURACY PERCENTAGE 【 フェアウェイキープ率 】 62.14%
  • GREENS IN REGULATION PERCENTAGE 【 パーオン率 】 74.44%

 

ということで、石川遼 と 松山英樹を比べると僅差という感じですね。やはりミート率1.5を超えるのは難しいことなんだろうか・・・ということを感じますね。

石川遼選手と松山英樹選手の体格を比べると、やはり松山英樹選手の方がトレーニングで鍛えられた大きな身体をしています。石川遼選手はどちらかというとスマートな細身な感じです。それでも、スイングパワーに関しては僅差が無いというのは、ゴルフは筋力ではないということを意味しているのでしょうか。

速く振れば飛ぶというわけでもないし、パワーばかりでもないし、ゴルフというスポーツは難しいですね。その難しさに魅力があるのだろうとは思いますけどね。

STATSでは色々なことが判ってきますね。

日々、精進
がんばります

 

スポンサーリンク
 
SNS シェア

 

よく読まれている投稿記事
関連投稿記事
ゴルフ世界ランキング 松山英樹はその他の部門でもTOP10入り... ゴルフ世界ランキングが更新されましたね。 STATS(スタッツ)と呼ばれるものがあります。詳しい人も居るかと思いますが、選手がどのような能力を持っているのかを数値で表すことが出来ます。ドライバーの飛距離はどれくらい...
3番ウッド (スプーン) の方が飛ぶと感じる理由... ドライバーと3番ウッド、つまりフェアウェイウッドの飛距離差を比べた場合、あまり飛距離が変わらない・・・またはウッドの方が飛んでいるということがあります。 私もそのように感じることがあります。ただ、適切なスイング...
ドライバーの飛距離と身長の関係 ドライバーの飛距離というのは身長が高いほうが有利なのだろうかとか、おかしなことを考え始めてしまいましたので、色々と調べて見ました。主に海外選手のSTATSを拾い上げて調べてみましたのでシェアします。 とりあえずPG...
やっぱり、やっぱり、飛距離は欲しい... 色々と練習をしたり、トレーニングをしたり、ストレッチなどをいているのですが、ドライバーが飛びません。飛ばなくても、スコアをまとめてくることはできますから、ゴルフは飛距離じゃないと言われます。ですが、飛ばせた方が良いです。...
海外で頑張る日本人選手のスタッツから見えてくるもの... 海外で頑張る日本選手のスタッツを確認してみたところ、面白いことがわかってきました。2017年シーズンのスタッツですので、いまのところ 3試合、4試合くらいの平均データとなっていますので、紹介するスタッツのデータは変動して...
スポンサーリンク
 
ライザップゴルフでレベルアップ
ライザップゴルフで飛距離アップとスコアアップ