CONTENTS MENU
 

松山秀樹優勝 日本オープンゴルフ選手権競技

日本オープンゴルフ選手権競技で松山英樹選手が優勝しました。
優勝賞金は4000万円です。

スポンサーリンク
 

松山秀樹選手は流石ですね。本当に強いと思います。ゴルフがうまいというよりは、強いという感じがしますね。調子が悪いと言いつつも、3日目に首位に上がってきました。世界レベルでゴルフをしていると、ゴルフの仕方が変わってくるのかもしれませんね。アイアン、アプローチ、パター・・・どれも精度が高かったと思います。18番ホールのグリーン上では風が吹いたので、仕切りなおしました。仕切りなおしたときには既に笑顔でした。そして、しっかりとカップインさせて優勝となりました。

池田勇太選手は頑張っていましたね。昔から堅実なゴルフをしてきますね。うちの父親は、勇太ファンなので、テレビにかぶりついて見ていましたね。どこのドライバーを使っているのか? パターはどこだろ? ガニ股で歩く姿が勇太だ・・・などなど 勇太ファンなれではの細かなチェックをしていました。18番ホールでグリーンを外したものの、アプローチで寄せたのですが、長い距離のパットが残ったのですが、それをカップインさせてパー。単独2位タイであがりました。たいしたものです。

片山晋呉選手も良いゴルフをしていましたね。ドライバーを抜いていたらしいですね。ラフが深いので、確実にフェアウェイをキープさせるという戦略だったのだろうと思います。いろいろな攻略を考えてくるというのは、片山晋呉選手らしいですね。テレビには映らないところで、いろいろと試行錯誤して、悩みながら、試合に挑んでいるのだろうと思います。そういったところは、自分のゴルフにも活かせるなと思います。

石川遼選手は7位タイでした。もっとショットの精度が良くなれば、もっと良い結果が出せるだろうと思います。

松山英樹の強さが明らかとなった試合でしたが、それと共に日本国内のゴルフを牽引しているゴルファーの存在も明らかになったなと思わせるような試合でした。

 

日本オープンゴルフ選手権競技 概要

  • 開催期間:2016年10月13日(木曜日)~2016年10月16日(日曜日)
  • 開催ゴルフ場:狭山ゴルフ・クラブ

 

スポンサーリンク
 

 

松山英樹の飛距離やヘッドスピード

PGATOURサイトからのばっすいです。
2016年10月現在の情報です。
SMASH FACTOR とはミート率とのことです。
CLUB HEAD SPEED とはヘッドスピードのことで、マイル表記です。

  • DRIVING DISTANCE : 294.5
  • CLUB HEAD SPEED : 112.84
  • SMASH FACTOR : 1.497

 

メートル毎秒に変換して、ヘッドスピードとミート率からボールスピードを算出すると、以下の通りとなります。

  • ドライビングディスタンス平均 : 294.5ヤード
  • ヘッドスピード平均 : 50.43m/s
  • ミート率平均 : 1.497
  • ボールスピード平均 : 75.49

 

関連ニュース記事

 

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
関連投稿記事
首が痛い 【 頚椎椎間板ヘルニア? 】 今までほったらかしにしていたのですが、実はゴルフ練習をした後やゴルフラウンド後に首に違和感があるなと思っていました。痛いというか、硬いというか、首を回し難い感じがしていました。ゴルフというスポーツの動きとして、頭は動かさずに肩や身体だけを回転させたりしますので首に負担が掛かるんだろうなと思っていて、...
飛距離計測GPSはゴルファーの精神安定剤 ゴルフラウンドで飛距離計測ができるGPSを使うことが悪いとは思っていません。コンペや競技で使用することが禁止されていれば、使わなければ良いだけですから。私もGPS計測器を使ってラウンドをすることはあります。 それは、競技前の練習ラウンドで、ティーショットで打ったボールがどれくらい飛んでいるのか、...
飛距離でスコアを作るのが今の時代のゴルフ? 飛距離でスコアを作るというのが今の時代のゴルフなんだと思います。とにかく飛ばす。ティーショット、ドライバーでは飛距離を出して、出来る限り飛ばして目的のカップにボールを近づけておくというのが今の時代のゴルフ・・・そんな気がします。 ボールを最初から飛ばして、グリーンまでの距離を縮めておけば、いつかは...
飛距離アップする方法はいくつかに分類される ゴルフというスポーツの中で飛距離アップをさせる方法というのはいくつかの課題に分類されると思います。というのもホームコースの先輩達と飛距離アップに関して色々なディスカッションをていると様々な意見を聞くことが出来ますので、とても勉強になります。ディスカッションと言っても、コーヒーを飲みながらの談話なので...
飛ぶ人は年齢や老化に関わらず飛ぶ 先日のラウンドで、たまたま、組み合わせになった人が64歳というベテランの人でした。アプローチとパターが、とても上手な人でした。しかも、飛ぶ人です。64歳とは思えないほど、飛ばしてきます。 私と同じくらい飛びます。いえ、私よりも飛んでいました。年齢が64歳だから飛ばないと思っていたわけではありませ...
SNS シェア