有名選手が使ってるパター

パターは筋力的なトレーニングではどうにも出来ない繊細さと感性が必要になりますから難しいですね。練習をすれば上達をするという感じではありません。技術論なのか、哲学論なのか・・・パターは本当に難しいですね。PGAツアーでストロークゲインドパッティングというSTATSのひとつが設けられてからは各選手が使用するパターに注目することが多くなったような気がします。有名選手の今年2016年の使用しているパターが紹介されていましたので、いくつかシェアします。

スポンサー広告

 

リッキー・ファウラーのパター

リッキー・ファウラーは Scotty Cameron Newport 2 Prototype を使用しているとのこと。自分の名前を彫刻してもらっていますね。細かなカスタマイズがされていそうですね。このパターを使用してからは、ストロークゲインドが良くなったみたいですね。

 

ジェイソン・デイのパター

ジェイソン・デイのパターはTaylorMade Spider Itsy Bitsy Limited putter です。ジェイソン・デイが使用しているパターとのことで、一躍有名になったパターですね。ジェイソン・デイは実際のところは、Spider Itsy Bitsy のツアーモデルとなっており、市販されているモデルとは微妙に異なるみたいですね。

テーラーメイド スパイダー イッツィービッツィー リミテッド / TaylorMade Spider Itsy Bitsy Limited putter

 

ローリー・マキロイのパター

マキロイはナイキ メソッド・オリジンパターを使っているようですね。ローリー・マキロイの意見が取り入れられたナイキのパターです。フェースの球離れと反発力で効果的な転がりが実現できたとのこと。マキロイが直接、ナイキの設計チームに意見を述べて作り上げられたとのこと。

ナイキ メソッド・オリジンパター / Nike Method Origin Putter

 

スポンサー広告

 

ブラント・スネデカーのパター

ブラント・スネデカーのパターは、Odyssey Toe Up Putter #9です。 Odyssey Toe Up Putter #9 (ヘッドが丸いモデル)を使用しているようですね。ネック周り、シャフトの挿さり方が特徴的なパターですね。

オデッセイ トゥアップ パター #9 / Odyssey Toe Up Putter #9

 

アダム・スコット の パター

もともと長尺パターを使用していたアダム・スコットはアンカリング規制後はどのようになるのか、興味がありました。ですが、しっかりと調整をしてきていましたね。今年2016年 ホンダクラシックでも優勝をしました。 Xperimental Prototype Rev X10 というパターを使っていたようですが、プロトタイプとのことで市販されていないようですね。スコッティ・キャメロンのシリーズの中で最も形状が近いのが Scotty Cameron FUTURA X Dual Balance Putters でしょうか。

Adam Scott's Xperimental Prototype Rev X10 ready for action @theopen #scottycameron #putter #circlet #titleist

Scotty Cameronさん(@scottycameron)が投稿した写真 –

 

Scotty Cameron FUTURA X Dual Balance Putters

Scotty Cameron FUTURA X Dual Balance Putters

 

スポンサー広告
 

 

その他、関連記事があります