最近のアイアンは払い打ちの方が良い?

最近のアイアンは払い打ちの方が良いのだろうかとか、アイアンを打つときのライ角というか手首の角度を考えてみました。というのも最近のアイアンは昔のアイアンとは形状が違いますし、ロフトも違うし、シャフトの長さも違います。

飛ぶアイアン・・・というのが話題になってきていますが、飛べば良いというわけでもないと思います。ただ、飛ぶアイアンというのは、飛ぶと感じる構造になっているはずです。例えば、ロフトが立っているとか、シャフトが長くなっているとか、そういったアイアンの進化が見受けられます。

そして、アイアンのソールも厚みを増してきており、ユーティリティーやフェアウェイウッドのようにダフっても滑ってくれるような仕組みになっています。というようなことを考えると、現代的なアイアンで打ち込みにいくというのは間違っているのか?ということになってきます。

私が最も気になっているのは、最近のアイアンで構えたときのシャフトの長さです。昔のアイアンに比べて、1インチ、ないし0.5インチくらい長くなっているように感じます。シャフトの長さというのは各メーカーによって計測方法が違いますので、一概には言えませんが。シャフトが長くなると飛距離が伸びるだろうとは思います。ですが、構え難さから、打ち難さを感じてしまいます。

スポンサー広告

 

シャフトが長いということは、自然とフラットな構え方になってしまいます。ショートアイアンを持って構えるようにアップライトにすることは出来ません。つまり、アドレスをしたときの手首の角度が深くなるというか、手首が折れ曲がる形となります。故にアップライトではなくて、フラットな状態となります。

 

シャフトが長いからフラットな構え方になるということは、自然と払い打ちのようなスイングになると思います。払い打ちをするということは、ボールを上から鋭角に打つというよりは、横から払うようなスイングとなるので、どちらかというウッド系の打ち方に近くなるはずです。スイングの最下点をどこに持ってくるのかということにもつながってきますが。

ただ、最近のアイアンは低重心化が進んでいますし、ソール幅も広くなっており、芝生の上を滑りやすくなっていますので、強引に上から打ち込む必要は無いのかもしれません。昔のアイアンは重心が高くて、上から打ち込むということが必要でした。最近のアイアンは低重心なので、アイアンの重心がボールの重心よりも下に来るように打つことで、自然とボールにコンタクトして、飛ばしてくれます。

上から打ち込むのか、払い打ちの方が良いのか・・・というのは、アイアン進化による重心位置の変化によって変わってきているということが窺えます。

つまり、最近の低重心アイアンであれば払い打ちの方が良いということになり、強引にターフを取るということをしなくても、しっかりとボールにコンタクトしてくれるということになります。

払い打ちが良いといっても9番アイアンなどのショートアイアンを払い打ちすることは逆に難しいと思います。ショートアイアンなどは払い打ちするのではなく、今までとおりの打ち方で良いと考えています。シャフトが短ければアップライトな感じで、手首を深く折り曲げることもせずに構えることが出来ますからね。

ということは、アイアンの番手によって打ち方が変わるということになってしまいます。ということは、なんだか逆に難しいことをしているのでは?と感じてきますね。

最近のアイアンは5番アイアンで38.5インチ前後が通常のようですね。昔の5番アイアンといえば、37インチ、37.5インチとか37.75インチ程度だった記憶があり、38インチを超える5番アイアンは少なかったように思いますけどね。これも、時代の流れと共に変化をしてきたのだろうとは思いますが。今時の5番アイアンというのは、4番アイアンとか3番アイアン並みのスペックのように感じます。そして、ソールを厚くしているので、尚更ウッドと同じ様に払い打ちの方が向いているのかもしれないですね。

これから、枯れ芝の季節でダフりやすくなりますから、払い打ちを多用してラウンドをしてみようと思います。

日々、精進
がんばります

 

スポンサー広告
 

 

その他、関連記事がありますので併せて読んでみてください。