CONTENTS MENU
 

新年あけましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いいたします。

地道に仕事とゴルフを頑張っていきます。ことしは、もっともっと飛距離を伸ばしていきたいので、たくさんストレッチをして柔らかい身体をつくっていきたいと思っています。ゴルフは飛距離ではないのですが、やはり飛距離不足を感じています。とくに冬のラウンドは飛距離が出ないと言われていますし、実際に飛距離不足を実感することもあります。

最新のゴルフクラブを使っても、それほど飛距離が変わらないということは自分の身体能力の問題ですからね。しっかりと、ゴルフができるような身体作りをしていこうと思います。

新年開けましておめでとうございます

 

天才とは1%のひらめきと99%の努力 という言葉があります。トーマス・エジソンの言葉です。天才になることは難しいかも知れませんが、努力をすることなら出来ますからね。

しっかりと努力をしていこうと思います。

今年もよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
関連投稿記事
首が痛い 【 頚椎椎間板ヘルニア? 】 今までほったらかしにしていたのですが、実はゴルフ練習をした後やゴルフラウンド後に首に違和感があるなと思っていました。痛いというか、硬いというか、首を回し難い感じがしていました。ゴルフというスポーツの動きとして、頭は動かさずに肩や身体だけを回転させたりしますので首に負担が掛かるんだろうなと思っていて、...
飛距離計測GPSはゴルファーの精神安定剤 ゴルフラウンドで飛距離計測ができるGPSを使うことが悪いとは思っていません。コンペや競技で使用することが禁止されていれば、使わなければ良いだけですから。私もGPS計測器を使ってラウンドをすることはあります。 それは、競技前の練習ラウンドで、ティーショットで打ったボールがどれくらい飛んでいるのか、...
飛距離でスコアを作るのが今の時代のゴルフ? 飛距離でスコアを作るというのが今の時代のゴルフなんだと思います。とにかく飛ばす。ティーショット、ドライバーでは飛距離を出して、出来る限り飛ばして目的のカップにボールを近づけておくというのが今の時代のゴルフ・・・そんな気がします。 ボールを最初から飛ばして、グリーンまでの距離を縮めておけば、いつかは...
飛距離アップする方法はいくつかに分類される ゴルフというスポーツの中で飛距離アップをさせる方法というのはいくつかの課題に分類されると思います。というのもホームコースの先輩達と飛距離アップに関して色々なディスカッションをていると様々な意見を聞くことが出来ますので、とても勉強になります。ディスカッションと言っても、コーヒーを飲みながらの談話なので...
飛ぶ人は年齢や老化に関わらず飛ぶ 先日のラウンドで、たまたま、組み合わせになった人が64歳というベテランの人でした。アプローチとパターが、とても上手な人でした。しかも、飛ぶ人です。64歳とは思えないほど、飛ばしてきます。 私と同じくらい飛びます。いえ、私よりも飛んでいました。年齢が64歳だから飛ばないと思っていたわけではありませ...
SNS シェア