飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックシックスパッド | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

強い捻転 と 上半身を支える強い下半身のゴルフ

先日のゴルフラウンドで気付いたことがいくつあり、備忘録的に記載します。ドライバーショットは問題なし、ユーティリティー、フェアウェイウッドも問題なし、アプローチもまずまず、パターは・・・いつもアレですが。

スポンサーリンク
 

そして、アイアンだけがダフってばかりいました。捻転が弱くて、ついつい腕だけで打ってしまっているような状態でした。下半身も殆ど使えていなかった様に感じます。つまり、腕だけでクラブを持ち上げて合わせて、打っているという感じです。身体の捻れが全く出来ていません。

ということが自分で判っているのであれば、スイングを修正するのは簡単かと思うのですが、それがなかなか出来ないのが、ゴルフスイングというものです。

スイングがおかしいと思うのはアイアンだけだと自分では思っていますが、アイアンがうまく打てないのに他のクラブも打てるわけがないので、ドライバーやフェアウェイウッドは大きなミスショットは無いものの、きっと適切なスイングが出来ていないと考える方が自然ですね。つまり、適切なスイングが出来ていないけど、手元で調整をしてボールに当てているというようなスイングになっているのだと思います。

強い下半身があっても、身体的なパワーがあっても身体が、かたければ捻転が出来ません。しっかりと捻転が出来るようにストレッチをしていこうと思います。

捻転が出来ているというのは、どれほど身体を捻ることができれば、捻転が出来ていると言えるのだろうか?

スポンサーリンク
 

やはり目安となるのは左の肩がアゴの下に入るくらいだと考えています。肩だけをアゴの下に入れるという意識ではなく、胸を右側に向ける、お臍を右に向けるということが大切だと思います。(右利き、右打ちの場合)

中部銀次郎さんの書籍にも左肩がアゴの下に入るまで・・・と書かれており、左肩がアゴの下に入るまで捻転が出来れば打ち急ぎも防げると書かれていました。なるほど。

判っているのですが、身体がついてこない今日この頃です。
とても悩んでいます。

ゴルフスイングは苦しい

ラウンドをしながら脚を使うこと、下半身を使うこと、身体を使うことなどを考えていますが、やはり腕が先に動いてしまっているのだろうと思います。ライが悪かったり、左足下がりのライなどは、テイクバックをして捻転を作ろうとするのですが、体が苦しくなり早く元に戻りたくなってしまい、手だけで打ってしまっているのだと思います。

体が苦しくなるというのは、捻転をすれば、体が窮屈になり耐えなければいけない状態になるからです。早く戻りたいというのは、捻転を生み出そうとするときに生まれる窮屈感から解放されたいという気持ちです。

ゴルフスイングというのは捻転から生まれるエネルギーを身体に蓄積をしようとするので、体が苦しい、窮屈な感じがするというのが当たり前なのでしょうね。それに耐えて、我慢して、捻転から生まれるエネルギーを身体に蓄積をすることが出来れば、良いスイングが出来るはずです。

お恥ずかしい話ですが、加齢と共にスイングをするときの苦しさが増してきているように感じます。

これから気をつけること

よく下半身先行という言葉があるように、下半身から、脚からスイングの始動が出来るようにしていくことに注力していこうと思います。基本的なことですし、初歩的なことですが、ゴルフに慣れてくるとこういったことも起きるのかもしれません。また、自分の体力が減退していることも考えられます。捻転が出来ないから、手で打ってしまうということを自然と行ってしまっている気がします。

(1) 下半身でしっかりと踏ん張る
(2) 捻転を強くする(肩をアゴの下に入れる)
(3) 捻転でのタメを作る
(4) 左の壁を作る

スポンサーリンク
 

あとは、捻転から生まれるスイングのパワーを蓄積させるために、耐える、我慢をするということをしなければいけないと考えています。捻転でのタメをしっかりと作って、その捻転から生まれたエネルギーをゴルフクラブ、フェイスを介してボールに伝えられるようにしなければいけないなと思っています。

なんだか、同じことの繰り返しのような気がします。出来なかったことが出来るようになると、別のことが出来なくなってしまうという、この負のサイクルを直さなければいけない気がします。

ゴルフの悩みは尽きません。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア
2017/9/16 1:38