CONTENTS MENU
 

夏ラフでボールを探しきれずに紛失球

夏ゴルフで大変なのはボールがラフに入ってしまって、なかなか見つからない時ですね。あまり長い時間をかけて探すことは、後続のゴルファーに迷惑が掛かりますので、手分けして探しても見つからなかったら、紛失球扱いとしてボールが落ちただろうと思われる辺りから3打目打ち出しでやっております。これは競技とかではなくて、仲間内でのゴルフの時のことです。進行優先ですから、とりあえず進もうという考えです。

夏ラフでボールを見失ってしまって探しているときに、ボヤキとして出てくる言葉が「無くなるような落ち方じゃなかったけどな・・・」というような言葉です。でも、探して見つからないということは・・・ボールが無いというよりも、見失ってしまったということになります。見失ったというよりも、そもそもボールが着弾しただろうと思っている位置が違っていたりすることが多くあります。

夏ラフでボールが探しきれない理由を考えてみました。

 

スポンサーリンク
 

 

夏ラフでボールを探しきれない理由としては3つ

最近の夏ゴルフでのラウンドでラフにボールが沈んでしまって見つからなかったときの状況を考えてみたところ、ボールを探しきれない理由は3つあると思います。これが絶対ではありませんが、私が気付いたことです。

 

(1) もともとボールの飛び先を見てない
ショットをした後、自分のボールがどの辺りに落ちたのかというのを、もともと見ていないという人も居ます。これは、探すのは大変です。当てずっぽうで探さなければいけませんから大変です。このような場合に限って他の同伴者も見ていなかったりすることもあります。打ったボールの行方は見届けておいた方が賢明ですね。

 

(2) カートに乗って、あの辺りと思っている場合
カートに乗りながら、ボールが落ちたであろう周辺まで移動していくと、けっこう見つからないことがあります。ボールがラフに沈んでいることが多いので、見つからないのだろうと思います。夏は暑いので歩くのも億劫になりますから、仕方が無いのかもしれません。

 

(3) 自身の飛距離間違い
夏は太陽光を浴びているからなのか、ボールが小さく見えるというか、遠くへ飛んでいったような錯覚に陥ることがあります。ここまでは飛んできているだろうと思われる20ヤードくらい手前から探した方が見つかりやすいように思います。実はあまり飛んでいなくて、思っていた以上に手前にボールがあったりもしますから、ボールを探している地点が違うから見つからないということだろうと思います。

 

スポンサーリンク
 

 

夏ラフでもボールを素早く見つける方法

夏ラフでもボールを素早く見つける方法は・・・自分が打ったであろう方向へ歩いていくこと。つまり、飛球線に沿って歩いていくこと・・・これが1番早いと思います。最初から歩き出すのは体力を消耗してしまうので、途中前カートに乗っていき、ボールが落ちたであろうと思われる地点の手前から歩いていけば、殆どが見つかるはずです。OBじゃなければですが。

夏ラフにボールが捉まってしまって見つからないなんてことになった面白くないです。OBじゃないのにボールが無いなんて、気持ちよくありません。しかも、そういった時に限ってナイスショットだったりしますから、ボールが見つからないとナイスショットが台無しになってしまいますし、自分の気持ちも凹んでしまいます。

 

というのも、先日のラウンドでは毎回ボールをラフに打ち込んでしまう先輩がおりまして、絶対にボールはある! と豪語してきかないものですから、皆でボールを探し回っていました。本人は何処かのラフに沈んでるはずというのですが、その何処かが判らないから困るんですけどね。

また、自分のボールが見つからないとなると不安になったりして、次のショットに影響が出てしまうこともありますから、出来る限り見つけるようにしたいですね。

ただ、ボールを探してばかりで進行が遅延することのないようにしなければいけないなと思います。

日々、精進
がんばります

 

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
関連投稿記事
首が痛い 【 頚椎椎間板ヘルニア? 】 今までほったらかしにしていたのですが、実はゴルフ練習をした後やゴルフラウンド後に首に違和感があるなと思っていました。痛いというか、硬いというか、首を回し難い感じがしていました。ゴルフというスポーツの動きとして、頭は動かさずに肩や身体だけを回転させたりしますので首に負担が掛かるんだろうなと思っていて、...
飛距離計測GPSはゴルファーの精神安定剤 ゴルフラウンドで飛距離計測ができるGPSを使うことが悪いとは思っていません。コンペや競技で使用することが禁止されていれば、使わなければ良いだけですから。私もGPS計測器を使ってラウンドをすることはあります。 それは、競技前の練習ラウンドで、ティーショットで打ったボールがどれくらい飛んでいるのか、...
飛距離でスコアを作るのが今の時代のゴルフ? 飛距離でスコアを作るというのが今の時代のゴルフなんだと思います。とにかく飛ばす。ティーショット、ドライバーでは飛距離を出して、出来る限り飛ばして目的のカップにボールを近づけておくというのが今の時代のゴルフ・・・そんな気がします。 ボールを最初から飛ばして、グリーンまでの距離を縮めておけば、いつかは...
飛距離アップする方法はいくつかに分類される ゴルフというスポーツの中で飛距離アップをさせる方法というのはいくつかの課題に分類されると思います。というのもホームコースの先輩達と飛距離アップに関して色々なディスカッションをていると様々な意見を聞くことが出来ますので、とても勉強になります。ディスカッションと言っても、コーヒーを飲みながらの談話なので...
飛ぶ人は年齢や老化に関わらず飛ぶ 先日のラウンドで、たまたま、組み合わせになった人が64歳というベテランの人でした。アプローチとパターが、とても上手な人でした。しかも、飛ぶ人です。64歳とは思えないほど、飛ばしてきます。 私と同じくらい飛びます。いえ、私よりも飛んでいました。年齢が64歳だから飛ばないと思っていたわけではありませ...
SNS シェア